また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1815102 全員に公開 ハイキング近畿

新緑の小谷城址を周回

日程 2019年04月29日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小谷城址登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間39分
休憩
51分
合計
3時間30分
S小谷山 追手道コース登山口09:2409:46小谷山 望笙峠09:4710:22小谷城跡10:2510:48小谷山 清水谷分岐10:4910:59小谷山 岩尾11:06小谷山11:4712:04大獄・脇坂コース分岐12:39小谷山 山崎丸コース登山口12:4412:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大嶽までは丸太階段が多い。危険個所は無し
その他周辺情報姉川温泉はおススメ
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

小谷城跡「浅井三代の里」からスタート。旧名「お市の里」
2019年04月29日 09:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小谷城跡「浅井三代の里」からスタート。旧名「お市の里」
1
ヤマツツジ
2019年04月29日 09:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ
出丸跡。主郭尾根の最先端にある曲輪
2019年04月29日 09:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出丸跡。主郭尾根の最先端にある曲輪
1
林道をシャトルバスが運行している。ここは尾根の登山道を歩く。
2019年04月29日 09:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をシャトルバスが運行している。ここは尾根の登山道を歩く。
アカシデ
2019年04月29日 09:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカシデ
ヤマツツジ
2019年04月29日 09:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ
1
番所跡にある小谷城跡絵図。これから周回します。
※シャトルバスはここまで。
2019年04月29日 09:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
番所跡にある小谷城跡絵図。これから周回します。
※シャトルバスはここまで。
お茶屋跡
2019年04月29日 10:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お茶屋跡
伊吹山の頭はガスの中
2019年04月29日 10:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山の頭はガスの中
1
馬洗い池
2019年04月29日 10:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬洗い池
御馬屋(曲輪)跡
2019年04月29日 10:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御馬屋(曲輪)跡
霊仙山は隠れてしまいました。
2019年04月29日 10:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山は隠れてしまいました。
敵方に内通していた家臣今井信秀の首を晒した「首据石」
2019年04月29日 10:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敵方に内通していた家臣今井信秀の首を晒した「首据石」
1
琵琶湖に浮かぶ竹生島
2019年04月29日 10:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖に浮かぶ竹生島
大広間跡、別名千畳敷
2019年04月29日 10:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大広間跡、別名千畳敷
カエデの花芽
2019年04月29日 10:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエデの花芽
1
ウワミズザクラ
2019年04月29日 10:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウワミズザクラ
雰囲気のある石垣の本丸へ
2019年04月29日 10:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気のある石垣の本丸へ
京極丸跡
2019年04月29日 10:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京極丸跡
城跡群の最上段にある山王丸 P398
2019年04月29日 10:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城跡群の最上段にある山王丸 P398
サワフタギ?
2019年04月29日 10:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サワフタギ?
少し下った鞍部にある六坊跡
2019年04月29日 10:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下った鞍部にある六坊跡
ミツバツツジ。丸太階段で山頂へ
2019年04月29日 10:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ。丸太階段で山頂へ
伊吹山はガスが取れました。岩尾の展望地から
2019年04月29日 10:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山はガスが取れました。岩尾の展望地から
2
しかし霊仙山は雲の中、行かなくて正解。
2019年04月29日 10:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし霊仙山は雲の中、行かなくて正解。
1
カエデなどの自然林が続く。
2019年04月29日 11:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエデなどの自然林が続く。
1
山頂に到着
2019年04月29日 11:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着
2
本丸から山頂間はカエデが多い。この辺が最高点かな?
2019年04月29日 11:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本丸から山頂間はカエデが多い。この辺が最高点かな?
3
大嶽(おおづく)城跡は山頂の砦あとです。
2019年04月29日 11:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大嶽(おおづく)城跡は山頂の砦あとです。
2
昼食休憩して福寿丸への尾根を下ります。
2019年04月29日 11:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食休憩して福寿丸への尾根を下ります。
白花ヘビイチゴ?単葉なので違いますね →ニガイチゴ
2019年04月29日 12:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白花ヘビイチゴ?単葉なので違いますね →ニガイチゴ
山崎丸跡
2019年04月29日 12:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山崎丸跡
郡上に下山
2019年04月29日 12:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
郡上に下山
小谷山を振り返って、ありがとうございました。
2019年04月29日 12:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小谷山を振り返って、ありがとうございました。

感想/記録

 昨年のGWに続いて、娘が登山したいというので霊仙山を計画しました。しかし朝からどんより高曇りで、モチベーション上がらないまま醒ヶ井榑ヶ畑登山口に到着したのが8時。駐車場も何とか確保して準備しようとしたら食料がない事に気が付く。国道まで戻ってコンビニで買い物を済ませ店を出ると霊仙の山頂にはガスが掛かっているではないか!?あっさり中止の理由ができたのでお手軽そうな小谷山に変更しました。

 新緑の下、出丸から御馬屋、本丸、京極丸、山王丸、六坊、等を巡り、往時に思いを馳せながら山頂の大嶽城跡まで登る。次々と現れる想像以上の大規模な曲輪群に驚きました。山城マニアではありませんがもっと早く訪れておくべき所だったと反省。また本丸から山頂の大嶽城跡まではカエデやシデの自然林が続くので秋には見事な紅葉が見られることでしょう。是非ともまた訪れてみたいと思いました。観光客以外で山頂までに出会ったハイカーは10組15人ほどでした。

訪問者数:158人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ