また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1824529 全員に公開 雪山ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

森吉山 山開き登山

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間7分
休憩
1時間42分
合計
7時間49分
Sスタート地点08:2508:46森吉スキー場分岐08:4609:13森吉山一ノ腰コース六合目09:1310:17一ノ腰10:1810:23雲嶺峠10:2310:43森吉神社避難小屋(森吉神社)12:0312:19石森12:1912:36森吉山阿仁避難小屋12:3713:00稚児平13:0013:17森吉山13:3313:47稚児平13:4814:00森吉山阿仁避難小屋14:0014:18石森14:1914:37森吉神社避難小屋(森吉神社)14:3714:52雲嶺峠14:5815:04一ノ腰15:0415:27森吉山一ノ腰コース六合目15:2715:46森吉スキー場分岐15:4616:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

感想/記録

柚ちゃんが行くというので3大樹氷で有名な森吉山で合流、たけ夫婦も岩手と秋田の友人もご一緒すると言うことで山開きの旧森吉スキー場駐車場に集合する。
記念撮影してたけパーティはバックカントリーで別行動。
ががりび四人は受付済ませると、一番遠方、最年長?の主人が参加者代表を仰せつかる。
スノーシューは私達だけ、長靴が大半、ても湿地を渡るともうずっと雪だった。
ゲレンデ跡を登り、急登を登ると森吉山が見え素晴らしい景色!
どんどん抜かれるばかり、神事に間に合うが心配だったが、十分間に合いほっとする。
参加者代表の主人、秋田新聞のインタビューを受ける。
山開きなんて初めて、神主さんも山の服から装束にお着替えして祝詞をあげられ、私達も今年の山の安全を祈る。
主人も大役を果たし、ここから別行動で森吉山頂目指すが、素晴らしい雪の雪原。山頂直下だけ雪がなく、スノーシューをデポして登る。
森吉山頂からは、秋田駒ヶ岳、八幡平から岩手山、八甲田、岩木山も見渡せた。
神事に、時間取られたので歩くのが遅い私、でも最高の天気に恵まれて無事歩けたのは良かった。
登って来た稜線を見ながらの下山は最高たが、脚の疲れが出て来たし、もう後ろは誰もいない。
やっと駐車場が見えると和歌山ナンバーの私達の二台だけだった。
北秋田市主催の山開き、地の利のない私達はお陰でコースの心配なく最高のスノーシューハイクだった。
令和になっての初登山、平成最後は八甲田誕生日登山。10連休の目的は達成した。たけ夫婦とは恐山と弘前城はご一緒したが、六泊は一緒、柚夫婦とは和歌山から違う山登りながら、森吉山で合流、では又和歌山で!
走行距離、昨夜までで1820キロ。
訪問者数:179人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 スノーシュー デポ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ