また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1825672 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

10年ぶりの荒船山 〜山窓から見えた春〜

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間45分
休憩
35分
合計
3時間20分
S内山峠08:1508:40鋏岩修験道場跡08:4208:53一杯水08:5609:08艫岩09:1309:14荒船山避難小屋09:32経塚入口09:39荒船山09:5710:09経塚入口10:33相沢分岐10:3410:37艫岩10:4010:54一杯水11:03鋏岩修験道場跡11:0611:30荒船山登山道路入口荒船駐車場11:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
所々ぬかるみや湧水で湿った岩がある。
ワンミス=滑落で、落ちたら確実に大けがをするレベルのところも意外と多い。
その他周辺情報荒船の湯

写真

駐車場が満車なので群馬側に300mほど離れたワイルドな場所に駐車。
この車なら余裕。
先日まで乗っていたローダウン&フルエアロのセダンだったらエアロが粉砕し腹もガリガリになるところだった。
2019年05月03日 08:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場が満車なので群馬側に300mほど離れたワイルドな場所に駐車。
この車なら余裕。
先日まで乗っていたローダウン&フルエアロのセダンだったらエアロが粉砕し腹もガリガリになるところだった。
駐車場は道にまではみ出す満車状態。
でもどうやら自分が到着する直前に満車になったっぽいです。
パトカーは事故処理中の表示がしてありました。
駐車禁止の道ではないので切符を切られる事はありませんが、モラルと良識の範囲で路駐しましょう。
2019年05月03日 08:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は道にまではみ出す満車状態。
でもどうやら自分が到着する直前に満車になったっぽいです。
パトカーは事故処理中の表示がしてありました。
駐車禁止の道ではないので切符を切られる事はありませんが、モラルと良識の範囲で路駐しましょう。
入山します。
2019年05月03日 08:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山します。
斜面に付けられた明るい道を進みます。
2019年05月03日 08:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面に付けられた明るい道を進みます。
小さな登りっ返しがたくさん!
2019年05月03日 08:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな登りっ返しがたくさん!
整備は十分すぎるほど。
2019年05月03日 08:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備は十分すぎるほど。
斜面から染み出した水で所々登山道がびしょびしょに。
2019年05月03日 08:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面から染み出した水で所々登山道がびしょびしょに。
岩肌を縫うようにして進みます。
空はなんとなく白っぽい晴れだけど、標高が低いのでこれくらいで良い。
快晴だと多分暑い。
2019年05月03日 08:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩肌を縫うようにして進みます。
空はなんとなく白っぽい晴れだけど、標高が低いのでこれくらいで良い。
快晴だと多分暑い。
途中から浅間方向がチラチラ見え隠れする。
2019年05月03日 08:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から浅間方向がチラチラ見え隠れする。
1
登山道は全体的に細いです。
2019年05月03日 08:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は全体的に細いです。
みんなが必ず一口飲んで進んでいくという水場。
その割には手が届きにくい。
2019年05月03日 08:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんなが必ず一口飲んで進んでいくという水場。
その割には手が届きにくい。
急な斜面が水で濡れているようなところが数カ所あり。
2019年05月03日 09:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な斜面が水で濡れているようなところが数カ所あり。
てっぺんの広場に出た。
ここから数キロにわたってほとんど高低差はありません。
2019年05月03日 09:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てっぺんの広場に出た。
ここから数キロにわたってほとんど高低差はありません。
船の先端部である艫岩。
浅間方向が開ける。
開けるというか・・・断崖絶壁です。
この場所が船の後尾と表現するガイドブックもあるけど、こっちが船首ですよね?
2019年05月03日 09:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船の先端部である艫岩。
浅間方向が開ける。
開けるというか・・・断崖絶壁です。
この場所が船の後尾と表現するガイドブックもあるけど、こっちが船首ですよね?
八千穂方向
2019年05月03日 09:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八千穂方向
佐久、浅間方向
2019年05月03日 09:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐久、浅間方向
高崎方向
2019年05月03日 09:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高崎方向
浅間山ズーム。
最近は全く噴煙を上げていない。
2019年05月03日 09:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山ズーム。
最近は全く噴煙を上げていない。
艫岩手前の休憩所。
トイレは封鎖中です。
避難小屋のような室内に入れます。
2019年05月03日 09:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩手前の休憩所。
トイレは封鎖中です。
避難小屋のような室内に入れます。
ここから船の基幹である経塚山へ向かう。
ここからが良いところ。
2019年05月03日 09:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから船の基幹である経塚山へ向かう。
ここからが良いところ。
ほとんど高低差が無いのに川が流れていた。
流れよりも、ほぼ頂上なのにこの水がどこから来るの不思議。
2019年05月03日 09:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど高低差が無いのに川が流れていた。
流れよりも、ほぼ頂上なのにこの水がどこから来るの不思議。
甲板部を歩く。気持ちいです。
2019年05月03日 09:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲板部を歩く。気持ちいです。
経塚山の少し手前から再び登り始めて、
2019年05月03日 09:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経塚山の少し手前から再び登り始めて、
最後は急な道を進むと、、、
2019年05月03日 09:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は急な道を進むと、、、
山頂到着です。
山頂の展望は良くないけど、葉っぱがない今の季は木々の間から周囲が見える。
夏だとほぼ視界はゼロだと思います。
2019年05月03日 09:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着です。
山頂の展望は良くないけど、葉っぱがない今の季は木々の間から周囲が見える。
夏だとほぼ視界はゼロだと思います。
八ヶ岳。まだ真っ白。
2019年05月03日 09:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳。まだ真っ白。
遠方の白いのは、北岳(右)と間ノ岳(左)です。
2019年05月03日 09:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠方の白いのは、北岳(右)と間ノ岳(左)です。
1
この遠方の白い山は右側が甲斐駒ヶ岳。
左側に小さく見えるのはアサヨ峰または栗沢山。
2019年05月03日 09:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この遠方の白い山は右側が甲斐駒ヶ岳。
左側に小さく見えるのはアサヨ峰または栗沢山。
これは昭和9年に建てられてた石碑。
内容は、、、よくわかりませんでした。
地元からいらしたアクティブで素敵なお姉さまに山頂でお会いし、途中まで下山をご一緒させていただきました。
2019年05月03日 10:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは昭和9年に建てられてた石碑。
内容は、、、よくわかりませんでした。
地元からいらしたアクティブで素敵なお姉さまに山頂でお会いし、途中まで下山をご一緒させていただきました。
今朝よりもモヤモヤが切れてきた。
2019年05月03日 10:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝よりもモヤモヤが切れてきた。
下山します。
2019年05月03日 10:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します。
上りでは気にならなかったけど下りでは難しい。
とにかく「濡れている」のがとても嫌だ。
2019年05月03日 10:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りでは気にならなかったけど下りでは難しい。
とにかく「濡れている」のがとても嫌だ。
うちの裏山にもこんな感じの場所がある。
2019年05月03日 10:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うちの裏山にもこんな感じの場所がある。
こういう大きな岩を巻くように登山道が付けられている。
2019年05月03日 11:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう大きな岩を巻くように登山道が付けられている。
この階段も濡れると滑りそうな感じ。
2019年05月03日 11:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段も濡れると滑りそうな感じ。
上りでは全く気にならなかったけど、滑落注意箇所が結構ある。
2019年05月03日 11:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りでは全く気にならなかったけど、滑落注意箇所が結構ある。
何の花か不明ですが、この辺には結構咲いていました。
2019年05月03日 11:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の花か不明ですが、この辺には結構咲いていました。
1
帰りは巻道を進みます。
2019年05月03日 11:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは巻道を進みます。
登山口はさらに車が増えて、数十台が路駐に。
(最初の写真の場所は30センチ幅の溝が口を開けているので、最低地上高と大径タイヤを持つAWD(SUVなど)以外は突っ込まない方が良さそうです。)
2019年05月03日 11:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口はさらに車が増えて、数十台が路駐に。
(最初の写真の場所は30センチ幅の溝が口を開けているので、最低地上高と大径タイヤを持つAWD(SUVなど)以外は突っ込まない方が良さそうです。)
撮影機材:

感想/記録

荒船山は2回目。
一回目は某アニメ作家の方がここで事故に遭われる少し前だった。
調べるとそれが10年前なので、自分がここに来たのも10〜11年前だろう。
あの時は平日だったと思うけど、ほとんど人がいない山だった。
今回は連休中だし富岡製糸場や荒船風穴が一気に有名地になったので遠方からそれとセットでお越しの方もいるのでしょう。
凄く人が多くてびっくり。あと外国人の方もチラホラいらっしゃいました。

最近行っている山は足元に雪が多く、まだ初春のイメージだったけど、ここはもう完全に春って感じ。
近くでは桜も散り、木々の新芽もたくさん出ていた。
片道90分かからずに登山口に立てる地元のちょっとした山は確実に新しい季節を迎えていた。

復路は山頂でお会いしたとてもアクティブな素敵なお姉さまに途中まで同行させていただきました。
初日の出スポットの情報などいただき、たくさんお話できて楽しかったです。ありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにしております。
訪問者数:155人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

避難小屋 水場 滑落
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ