また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1825983 全員に公開 ハイキング東海

竜爪山 連休中もとても静かな牛妻コース

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
交流センター「安倍ごころ」に駐車
※9時までは施設の敷地内は閉鎖のため敷地外の駐車場(10台)を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間54分
休憩
19分
合計
4時間13分
Sスタート地点06:1007:39若山07:4008:23文珠岳08:4009:14若山09:1510:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■竜爪山頂上まで何か所か分岐路があるものの、ここ数年の死亡・行方不明の事故を受けてほとんどの箇所にロープが張られている

■若山の手前あたりの登山道は倒木や崩落でかなり歩きにくい
一応通れるだけのスペースはありロープなども設置されているが、横に車が走れるくらいの未舗装の林道があるのでそちらを使って登ったほうが安全で楽

写真

6:00 交流センター「安倍ごころ」に駐車。敷地内は9時まで閉鎖。敷地外にほかにとまっている車なし
2019年05月03日 06:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:00 交流センター「安倍ごころ」に駐車。敷地内は9時まで閉鎖。敷地外にほかにとまっている車なし
登山道まで茶畑のある農道を歩いていく。基本一本道で所々に標識があるので迷うことはないと思う
2019年05月03日 06:23撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道まで茶畑のある農道を歩いていく。基本一本道で所々に標識があるので迷うことはないと思う
6
30分くらいで登山道へ
2019年05月03日 06:38撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分くらいで登山道へ
1
登山道に入って30分くらいでいったん林道へ出る。道路渡ってすぐに登山道があるのだけれど…
2019年05月03日 07:06撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入って30分くらいでいったん林道へ出る。道路渡ってすぐに登山道があるのだけれど…
1
こんな感じで倒木や崩落…とまではいかないけれど土が流れてかなり歩きにくい。すぐ横に車が走れるくらいの未舗装の林道があるのでそちらから登ったほうが安全
2019年05月03日 07:20撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで倒木や崩落…とまではいかないけれど土が流れてかなり歩きにくい。すぐ横に車が走れるくらいの未舗装の林道があるのでそちらから登ったほうが安全
スタートから1時間少々で鉄塔に到着
2019年05月03日 07:25撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから1時間少々で鉄塔に到着
ここまでは山の西側で薄暗かったけれどようやく開けた場所が出てきた
2019年05月03日 07:25撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでは山の西側で薄暗かったけれどようやく開けた場所が出てきた
1
7:40 若山山頂に到着
2019年05月03日 07:38撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:40 若山山頂に到着
2
標識と簡単なベンチがあるだけで景観はまったくありません
2019年05月03日 07:38撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識と簡単なベンチがあるだけで景観はまったくありません
則沢方面との分岐点。若山からはいったん100mくらい下りこのあたりから再び登り返し
2019年05月03日 08:15撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
則沢方面との分岐点。若山からはいったん100mくらい下りこのあたりから再び登り返し
ここまでも結構な登りでしたがここからも結構な登りが続く
2019年05月03日 08:16撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでも結構な登りでしたがここからも結構な登りが続く
木々が少なくなるともうすぐ山頂
2019年05月03日 08:22撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々が少なくなるともうすぐ山頂
1
8:20 スタートから2時間少々で竜爪山(文殊岳)山頂に到着。静岡の街並みがきれいによく見えました
2019年05月03日 08:23撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:20 スタートから2時間少々で竜爪山(文殊岳)山頂に到着。静岡の街並みがきれいによく見えました
3
山頂直前で抜いていった方がいましたが、頂上にはこの時は誰もいませんでした
2019年05月03日 08:23撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直前で抜いていった方がいましたが、頂上にはこの時は誰もいませんでした
1
富士山🗻以前は木々に遮られてあまりよく見えなかったけれど伐採されてかなりよく見えるようになってました
2019年05月03日 08:24撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山🗻以前は木々に遮られてあまりよく見えなかったけれど伐採されてかなりよく見えるようになってました
10
南アルプスはまだまだ真っ白。20分ほど滞在して下山
2019年05月03日 08:28撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスはまだまだ真っ白。20分ほど滞在して下山
5
桜峠・賎機山方面との分岐点。ここから若山への登り返しが今日一番キツかった。「下山時の登り返し」ってどうしてあんなにツラいのだろう
2019年05月03日 09:08撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜峠・賎機山方面との分岐点。ここから若山への登り返しが今日一番キツかった。「下山時の登り返し」ってどうしてあんなにツラいのだろう
1
地図上では表示されている登山道も牛妻方面以外はこんな感じでほとんどロープで封鎖されていました。普通に通っている山行記録もあるので通れるのだろうけど、ここ数年何度も死亡・行方不明者が出ているのでこの措置は仕方ない
2019年05月03日 09:01撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図上では表示されている登山道も牛妻方面以外はこんな感じでほとんどロープで封鎖されていました。普通に通っている山行記録もあるので通れるのだろうけど、ここ数年何度も死亡・行方不明者が出ているのでこの措置は仕方ない
こちらも封鎖。薄暗い道にこんな感じにロープが張られていると霊感とかない自分でもなんだかいや〜なものを感じてしまう
2019年05月03日 09:22撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも封鎖。薄暗い道にこんな感じにロープが張られていると霊感とかない自分でもなんだかいや〜なものを感じてしまう
農道まで戻ってきた。ここまで登りで1組、下りで2組の登山者と会ったのみ。おそらく平山方面はたくさんの登山者がいるだろうけどこちらは連休中なのに少なすぎ
2019年05月03日 09:54撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農道まで戻ってきた。ここまで登りで1組、下りで2組の登山者と会ったのみ。おそらく平山方面はたくさんの登山者がいるだろうけどこちらは連休中なのに少なすぎ
1
茶畑と安部川と山々。なんとも静岡らしい風景!ちょうどお茶の収穫時期なので農家の方々が作業されていました。この景色が見れただけでも登ってよかった
2019年05月03日 09:59撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶畑と安部川と山々。なんとも静岡らしい風景!ちょうどお茶の収穫時期なので農家の方々が作業されていました。この景色が見れただけでも登ってよかった
8

感想/記録
by cozzyy

連休も後半になってようやく天気も回復してきたのでどこかしら登ろうと思うものの、連日の道路渋滞のニュースで遠出するのはちょっと…。

当初は安部奥方面も考えたけれど、まだ山頂には雪が残っているとか聞くし、安部奥とはいえ連休中だからある程度は人も多くて混雑しているかもと思い結果的に地元の竜爪山へ。

せっかくなのでこれまで登ったことのない西側の牛妻コースから登る。
ここからなら平山口と比べて人も少ないだろうし、標準コースタイムも5時間くらいでそこそこストロングな山行ができるかなと思い決定。

登った感想としては、標高差は900m近くあるし(平山口は600m)、途中なだらかな所は殆どない上に若山からはいったん下っての登り返しはあるし、そもそも連休中なのに出会った登山者が3組だけだったりとそこそこストロングな山行になりました。

でも道は思ったよりきちんと整備されていたので、平山口からだと物足りない時にはまた来ようかなと思いました。
訪問者数:103人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 崩落 倒木 山行 ロング
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ