また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827220 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

笠丸山 【ひとつばなを訪ねて 🈞】

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇のち
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 上信越道下仁田ICから湯ノ沢トンネルを経由してR299に入り、父母トンネル手前を右折、藤沢バス停を左折、住居附川沿いに10分程林道を走ると登山口に着きます。
 新高畑橋の登山口には15台程停められるスペースがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間56分
休憩
16分
合計
3時間12分
S新高畑橋駐車場10:3010:31新高畑橋登山口11:11地蔵峠11:2112:56笠丸山13:0013:06笠丸山(東峰)13:0813:38笠丸山登山口13:42新高畑橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 地蔵峠〜笠丸山の間は一時間以上止まっていたので、実際に歩いている時間は30分弱です。
コース状況/
危険箇所等
 人気の山ですが、気を付けなければならないところが幾つかあります。
 ・笠丸山の岩峰基部から頂稜に至る岩場は滑り易く、岩登りの基本スキルが必要。
 ・東峰からの下り口は、東側の踏跡に迷い込み易い(祠に向かって右手が正解)。
 ・東峰から笠丸山登山口への下りは急斜が続く。スリップ要注意。
その他周辺情報 今回もお約束の浜平温泉しおじの湯↓に寄りました。
   http://www.uenomura.jp/tourism/play/shiojinoyu.html

写真

新高畑橋登山口
さすがに葉桜になってます
2019年05月04日 10:31撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新高畑橋登山口
さすがに葉桜になってます
2
新緑の中を登って行きます
2019年05月04日 10:45撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の中を登って行きます
5
足元には花
ハシリドコロ
2019年05月04日 11:01撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元には花
ハシリドコロ
1
地蔵峠を過ぎると躑躅が現れます
ミツバツツジ
2019年05月04日 11:16撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠を過ぎると躑躅が現れます
ミツバツツジ
12
ミツバツツジと笠丸山
2019年05月04日 11:37撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジと笠丸山
こちらはアカヤシオと笠丸山
2019年05月04日 11:53撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはアカヤシオと笠丸山
3
岩峰を彩るアカヤシオ
残念ながら曇ってしまいました
2019年05月04日 12:45撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩峰を彩るアカヤシオ
残念ながら曇ってしまいました
1
頂稜のアカヤシオ
曇天だと映えません
2019年05月04日 12:54撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂稜のアカヤシオ
曇天だと映えません
1
辛うじて残っていた綺麗な花
2019年05月04日 13:05撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辛うじて残っていた綺麗な花
14
東峰の大樹には間に合いました
陽があったらなぁ
2019年05月04日 13:07撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰の大樹には間に合いました
陽があったらなぁ
8

感想/記録

 前回の天丸山ではアカヤシオ(ひとつばな)が今ひとつ楽しめなかったので、手軽に行ける笠丸山に登ってきました。

 笠丸山の岩峰に陽が当たる時間帯を睨みながら、いつもよりかなり遅い10時半に出発です。若葉の緑がとても綺麗な雑木林をゆるゆる歩き、40分程で地蔵峠に到着、一息入れて笠丸山に向かいます。途中何度かアカヤシオのピンクに彩られた笠丸山の岩峰が撮れるところを探しながら歩き、三つ目のピーク付近でこれを見付けて岩峰に陽が射すのを待ちます。
 腰を下ろして30分以上粘るものの雲は厚くなるばかりで結局納得いく写真は撮れず、加えて遠くから雷鳴が聞こえてきたので諦めて先に進みます。
 尚、帰ってからガイド本を見ると、笠丸山の岩峰が良く見えるのは”三つ目のピーク”とありました。ちゃんと調べてから登っていたら、途中ウロウロせずに陽が射しているうちに辿り着けたかもしれません。反省頻りです。

 三つ目のピークから一旦鞍部に下って急な岩場を登り、切れた頂稜を慎重に歩いて笠丸山(西峰)へ。眺めは良いものの、どんよりした空になってしまったので山々の写真は撮らずに東峰に向かいます。頂稜のアカヤシオは遠目には綺麗でしたが、近くで見るとほぼ終盤でかなり茶色がかってしまっていました。それでも比較的綺麗な花を見付けて撮り、東峰の大樹もそこそこ咲き残っていたので、これもカメラに収めて下りに掛かります。
 この時点で雨もポツポツしてきたので慌てて下り始めますが、そのせいか下り口を違えてしまいました。少し歩くと踏跡が無くなってしまったので一旦東峰に戻り、祠の右手に正しい道を見付けて入って行きます。
 雨もだんだん強くなり雷鳴も近付いてきますが、急な坂を慌てず急いで下ります。新葉のお蔭で思ったほど濡れずに済み、東峰から30分で笠丸山登山口に下り着き、林道を5分歩いて駐車場に戻り山行を終えました。

 前回の天丸山は早く今回は遅い「ひとつばなを訪ねて」で、今シーズンは消化不良に終わってしまいましたが、花の季節はまだまだ続くので、これを楽しみに次の山を計画したいと思います。
 
訪問者数:185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/2
投稿数: 596
2019/5/7 9:41
 笠丸山、懐かしい〜
2015年4月28日に仲間たちと出掛けましたが、その時でもヒトツバナは終盤だった記憶があって、5月に入っても咲き残っていたというのは今年は開花時期が少しズレ込んでいるって事でしょうかねぇ
まるっきり同じコースを歩いたのですが、歩行時間だけで丁度3時間だったので、15名の団体行動としては普通に歩けていた様だと再認識しました。
明日は鍬柄岳・大桁山に有志仲間4人で出掛けてくる予定です
登録日: 2012/5/5
投稿数: 320
2019/5/7 21:02
 Re: 笠丸山、懐かしい〜
aracyanさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

例年のGWは、笠丸山ではアカヤシオは終わっていて、西上州では1500m級の山々が丁度良い感じになるのですが、今年は3月後半から4月半ばにかけて気温の低い日が続いたせいか、アカヤシオだけでなく全般的に花は遅いように感じます。また、GWにも谷川岳や尾瀬では降雪もあったようで、雪解けも遅いようです。なので、次回は花ではなくて残雪山行にしようかなと思案中です。

今回の山行のGPSトラックを顧みてみると、地蔵峠と笠丸山の間で晴れ待ちで一時間以上止まっていたこともあって、実際の歩行時間は2時間切ってました。aracyanさんやGメンの方々であれば同じような時間で歩けると思います。
また、山と高原地図のコースタイムでは2時間45分ですから、岩場や急坂で間を空けなければならないことを考えると、15名のパーティで3時間であれば普通に歩けていると思います。

明日、晴れると良いですね。レコ楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ