また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1831924 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

鳴神山(駒形登山口周回)

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駒形登山口の駐車スペースは7〜8台くらいしかなく、路肩に停める車多数。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間48分
休憩
56分
合計
2時間44分
Sスタート地点07:3108:24肩の広場08:2908:30鳴神山09:0109:12椚田峠09:2709:49赤芝登山口09:5410:12駒形登山口10:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※登山口からしばらくログが取れていなくて途中からです。
コース状況/
危険箇所等
とくになし

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス カメラ

写真

周回コースの起点、駒形登山口からスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周回コースの起点、駒形登山口からスタート。
1
沢沿いの道が清々しい朝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの道が清々しい朝です。
1
水場が設置されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場が設置されています。
1
途中から岩場になっていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から岩場になっていきます。
1
尾根に出ると狛犬が迎えてくれました。肩の広場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出ると狛犬が迎えてくれました。肩の広場です。
1
頂上目指して、いざ鳥居をくぐります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上目指して、いざ鳥居をくぐります。
1
山頂到着\(^^)/桐生岳です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着\(^^)/桐生岳です!
2
皇海山、手前は袈裟丸
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皇海山、手前は袈裟丸
1
山頂に絵になる山座同定表示。富士山は見えなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に絵になる山座同定表示。富士山は見えなかった。
1
双耳峰のひとつ仁田山岳は地味め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双耳峰のひとつ仁田山岳は地味め。
1
第一展望台を発見!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台を発見!
1
赤城山まる見えです(*´ω`*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城山まる見えです(*´ω`*)
1
そしてまだ残っていたアカヤシオ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてまだ残っていたアカヤシオ♪
1
青空の下で、ピンクがまぶしいです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下で、ピンクがまぶしいです!
1
椚田峠まで降りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椚田峠まで降りてきました。
カッコソウ群生地に寄り道(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコソウ群生地に寄り道(^^)
2
鳴神山でしか出会えないなんて、とても奇跡的。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴神山でしか出会えないなんて、とても奇跡的。
3
カッコソウを見守るお地蔵さまかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコソウを見守るお地蔵さまかな?
1
赤柴登山口まで降りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤柴登山口まで降りてきました。
2
山ツツジとやまぶき、花の競演(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ツツジとやまぶき、花の競演(^^)
1
ヒイラギソウの群生も見ることができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒイラギソウの群生も見ることができました。
2

感想/記録

世間は10連休ですが、わたしは仕事の間をぬって出掛けました。
混雑を避けて、朝早めスタート早着で前から気になっていた鳴神山最短コースを選びます。
駒形登山口の駐車場はすでに満車だったので、路肩に寄せて歩き始めます。
登山口には、カッコソウの案内があり、その貴重な自然を伝えていました。
本日は反時計回りの周回、まずは舗装された道を登っていきます。
そしてすぐに未舗装の道に入りますが、道はとても歩きやすかったです。
川沿いで、常に水音をききながらののぼり。
朝の清々しさも手伝い、とても気持ちいい気候でした。
ちょうどいい傾斜で、苦しくもなく順調に進みます。
川沿いで休憩していたグループを追い抜き、テンポよく歩けているとあっというまに中間地点の標識までやってきました。
すぐ先に水場があるので手をひたし、気を引き締め直しました。
水場を越えていくと、登山道が岩の転がる道へと変わっていき、傾斜も出てきます。
方向がわからなくなるような場面はありませんでしたが、回りに気を配りながら登りました。
すると白い岩の手前にピンクの花が見えました。ミツバツツジが出迎えてくれたようです。
また第二石門という看板もありました。
そして、道は急登に差し掛かります。一番きついところは階段になっていました。
途中に突然井戸が出てくると、尾根にある肩の広場はすぐでした。
ちょうど日陰で薄暗い肩の広場で息を整え、そこから鳥居をくぐって上がります。
一気に岩場を上がると、展望が開けて山頂到着です。
真ん中には鳴神神社がまつられ、ぐるっとまわりを見渡せるようになっていました。
山頂にいた方に写真をとってもらい、その方に回りの山々を教えていただきました。
特徴的な男体山は自分でもわかりましたが、日光白根山、袈裟丸、武尊山なども教えていただき、景色を楽しむことができました。
浅間山、筑波山も霞の中にうっすらと見えていました。
散りかけのアカヤシオがはかなげに斜面をポツポツと彩っていました。
さて次に向かうは仁田山岳、鳴神山双耳峰のもう片方です。神社がある方は、桐生岳と名付けられているようです。
仁田山岳はすぐでしたが、眺望もなく標識があるだけ。すぐ横の神社にお参りをしたら、歩き出します。
すると、第一展望台の看板があったので顔を出してみました。
そこから見えるのは、赤城山方面の景色でした。
青空に隆起した山並みがなんとも絵になります。
そこから椚田峠まで尾根道を一気に下ります。
そしていよいよ待望のカッコソウを見に行きます!
ぐるっと遊歩道のように整備された群生地、入口では係りの人が見守っていました。
はじめてみるカッコソウは小さく、花びらがきれいに揃い咲いている、清廉な雰囲気のお花でした。
この鳴神山でしか出会えないというのも、とても貴重です。
まだ咲き始めということで群生は見られませんでしたが、ひとつひとつをよく観察できました。
再び椚田峠へ戻り、そこからまずは赤柴登山口を目指して下ります。
はじめはやや傾斜がありますが、すぐに緩やかになると未舗装の林道にぶつかりました。
そこからはだらだらと林道を下ります。
いつのまにか小川沿いの道で、せせらぎが聞こえてきました。
下りはさくさくとがモットーなので、何人かを抜かしながらどんどん下ります。
やがてゲートが見えてくると、その手前の保護網の中にヒイラギソウが咲いているのが見えました。
カッコソウの群生地で、係りの人が教えてくれていたのですぐわかりました。
網の中だけびっしり咲いている姿が、印象的でした。
近くにいた方にヒイラギソウを教えてあげると、逆に近くに生えていたマムシグサを教えていただきました。
さすが、新・花の百名山です。
ゲートを越えて舗装された道を下ると、登山口が見えてきました。
駐車場した路肩までくだり、無事下山。
展望、花、沢沿いの道と休日を有意義に過ごすことができました。
訪問者数:142人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ