また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1833708 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

硫黄岳〜阿弥陀岳美濃戸から南八ヶ岳周回

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候八ヶ岳ブルー☀️
アクセス
利用交通機関
車・バイク
やまのこ村に車を駐車(1日1000円、テントは1泊500円位)車の脇にテントを設営させていただきました。テント利用は私だけ。
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間57分
休憩
1時間18分
合計
9時間15分
Sやまのこ村04:0005:26赤岳鉱泉05:3506:55硫黄岳07:0007:14硫黄岳山荘07:47横岳08:0008:12三叉峰09:02地蔵の頭09:12赤岳展望荘09:37赤岳北峰09:39赤岳山頂10:0410:20文三郎尾根分岐10:36中岳11:09阿弥陀岳11:1511:26中岳のコル11:40行者小屋12:0013:15やまのこ村G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
一度稜線に上ってしまえば常に最高の景色を見ながら歩けます。
コース状況/
危険箇所等
アイゼンは所々必要。阿弥陀岳直下はピッケルも必要だと感じました。
その他周辺情報もみの湯650円也

写真

3時に受付を終えテントを設営。
テントは私だけ。
2019年05月04日 16:26撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3時に受付を終えテントを設営。
テントは私だけ。
1
さぁ飲むぞ‼️
2019年05月04日 15:38撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ飲むぞ‼️
一瞬雨が降りました。
2019年05月04日 15:47撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬雨が降りました。
気を取り直して飲みます。
2019年05月04日 16:24撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直して飲みます。
飲みます。
2019年05月04日 16:47撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飲みます。
セブンの冷凍鍋焼うどん、最高にうまいです。
2019年05月04日 18:01撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セブンの冷凍鍋焼うどん、最高にうまいです。
1
4時にやまのこ村をスタート。北沢から赤岳鉱泉へ。
2019年05月05日 03:53撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時にやまのこ村をスタート。北沢から赤岳鉱泉へ。
夜明け直前の八ヶ岳ブルー。
2019年05月05日 04:24撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け直前の八ヶ岳ブルー。
稜線でバナナ。
2019年05月05日 06:36撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線でバナナ。
1
今日のコースを確認。
2019年05月05日 06:45撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のコースを確認。
稜線の雪も少なめかな。
2019年05月05日 07:40撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の雪も少なめかな。
つぼ足でまだ行きます。
2019年05月05日 07:42撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つぼ足でまだ行きます。
横岳到着
2019年05月05日 07:49撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳到着
いよいよ必要かな。
2019年05月05日 08:29撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ必要かな。
着けました。
2019年05月05日 08:41撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着けました。
ここは必要でしょう。
2019年05月05日 08:43撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは必要でしょう。
最高。
2019年05月05日 08:44撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高。
地蔵の頭。
2019年05月05日 09:02撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭。
1
阿弥陀への稜線
2019年05月05日 10:24撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀への稜線
ゾクゾクしますね。
2019年05月05日 10:48撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゾクゾクしますね。
2
あと少し。
2019年05月05日 10:53撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し。
振り返る。
2019年05月05日 10:58撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
無事に登頂。
2019年05月05日 11:11撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に登頂。
一歩を大切に。
2019年05月05日 11:19撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一歩を大切に。
大切に。
2019年05月05日 11:22撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大切に。
中岳のコルからサクサク行きます。
2019年05月05日 11:25撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳のコルからサクサク行きます。
行者小屋。
2019年05月05日 11:41撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋。
南沢を選択。
2019年05月05日 11:59撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢を選択。
ただいま〜。
2019年05月05日 13:17撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただいま〜。
静かな登山だと分かる車の数。奥には私の車だけ(笑)
2019年05月05日 13:18撮影 by MO-01K, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな登山だと分かる車の数。奥には私の車だけ(笑)
撮影機材:

感想/記録

GW、世間は10連休だが間に3日間の仕事。その仕事中、ふと山に登りたくなり夜勤明けで、静かであろう八ヶ岳、南ア方面へ向かいました。北アは混んでいたのでしょうか?

行き先は双葉のサービスエリアで決めることに。夜勤明けと、夕方からの雷警報を考えると金峰山、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳辺りかなと決める。調べると、やまのこ村は駐車場近くにテン場があるらしい。よし、決めた。

やまのこ村にて手続き後、早速テント設営。受付時「雷と雨きますよ」と言われ少し不安になるが翌日の予報はピーカン。テンションが上がる。午後三時半、本日の行程は全て終了。ということでビールをプシュ。続きましてウイスキーをちびちび。6時半に就寝。夜、トイレに起きると無数の星。相変わらずテントは私だけ。周りを見渡すと獣の光目が20程度。すこし不安になる。

3時に起きてテント撤収、朝飯を食べ、4時に出発。足底筋膜炎の左足の調子も良い。今日は楽しめそう。雲もひとつない晴天。

稜線上はまさに絶景。無雪期には幾度となく歩いた稜線。今回は残雪期ということもありワクワク。横岳〜赤岳途中のトラバースまではアイゼン着けませんでした。どこから見ても飽きのこない景色。本当来てよかった。

赤岳から文三郎尾根で下りる予定だったが阿弥陀まで行ってみることに。ここからが本番!直登、雪と岩のミックスに腐りかけの雪。ヒリヒリする山行。下りは中岳のコルから行者小屋へ。行者小屋まではあっという間。
そこからは南沢を下りました。最後左足が痛み始めたので痛み止を飲みました。


赤岳までは慣れていればアイゼンなしで歩くことは可能と思いますが、稜線途中と樹林帯の下りで雪と氷が残っているのでスパイクがあると良いと思いました。私は、スパイクを持っていないので12本のアイゼンをつけたりはずしたりしていました。

なかなか山に行く時間がない中、今回快く行かせてくれた家族に感謝です。
訪問者数:174人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ