また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1834667 全員に公開 講習/トレーニング丹沢

広沢寺

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

写真

本日のパートナー、グリグリ+
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のパートナー、グリグリ+
1
ロープ捌きの正確性は、通常(ビレヤーが居る)より遥かに重要か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ捌きの正確性は、通常(ビレヤーが居る)より遥かに重要か
1

感想/記録
by dskdsk

ようやくソロデビュー!

【計画】

初回なので、登攀時における以下のビレイデバイスを試してみる。

1.グリグリ+
2.ATCガイド
3.クロール
4.フリクションノット
5.シャント

バックアップとして、ロールンロックを準備。

また登り返しで、初めてハンドアッセンダーを使用した。


【結果】

1.結論から言えば、グリグリが一番使いやすいかも。ただし、チェストハーネスとは固定するべきか。加工の必要あり。

2.地上でテストした結果、力をかける方向によって、ロックしたりしなかったり。方法が悪かったのか今回は信頼性に欠けた。しかし冬季はグリグリが使えなさそうなので、引き続き検証が必要。

3.ロープが傷付きやすいので、あまり気乗りしない方法。地上テストの結果もイマイチ。

4.疲れたため、実行せず。グリグリが良かったので採用することは…

5.4.と同様。

ロールンロックはセットの仕方を要検討。

ハンドアッセンダーはかなりの時短に繫るが…

【次回】

1.グリグリの加工。
→鉄工キリかな

2.チェストハーネス準備
→スリングで代用していたが、ガチャ類を整理するために必要。

3.ロープワークの手順自動化。
→最速の手順を検討する。かなり時間が必要か…要領悪いから。


【感想】

自分の場合は、グリグリを使うことになりそう。しかしソロの場合は、墜落=続行不可、大怪我、再起不能、そして死亡…という認識を持つ必要を、それを強く再確認した。

また、繰り出すロープの長さを誤るとクライミングが困難になる。実際、登攀中にロックがかかり解除にかなり手こずった。
常に一定量のロープを繰り出す癖をつける必要がある。(登ることだけとっも、そもそもビレイヤーが居る場合と感覚がかなり違う)
その分落下した際の距離は増えるで、ソロクライミングの場合は「絶対に落ちない」、これは厳守しないといけない。

あとは、ロープワークの修練・自動化。
相手が居る場合は、お互いに指摘したり、対応したり出来るが、当たり前だか、単独の場合は全て自己完結になる。
要領が悪いため、時間をかける必要があるだろう。


以上を踏まえると、今の自分ではせいぜい元蕕泙任離哀譟璽匹限界だろう。
岩場での練習も、周囲に最大限の配慮をしなくてはならないだろう。(動きが異質なため)
ソロクライマーが白い目で見られる理由が分かった気がする。

が、様々な困難を乗り越え、目標に到達した際の感慨は、計り知れないモノがあるだろうと想像する。


【追伸】

岩場でお会いした大ベテランのレジェンド。
色々とご指摘、アドバイスありがとうございました。
仰るように、常に身の丈にあった挑戦をすること、常に冷静であること、肝に銘じて頑張ります。

【追伸2】

携帯は無事に回収出来たでしょうか…







訪問者数:30人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ