また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1838379 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走阿蘇・九重

九重山−九州遠征

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
牧ノ戸峠駐車場(無料)
5時ぐらいにつきましたが、9割ぐらい埋まってました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間27分
休憩
49分
合計
7時間16分
S牧ノ戸峠06:0706:16第一展望所06:1906:33沓掛山06:57ブロッコリーの丘06:5907:13扇ヶ鼻分岐07:1507:24星生山分岐07:52久住分れ08:16久住山08:4609:02神明水09:0309:20稲星山09:2109:45中岳分岐10:10九重山10:1210:30天狗ヶ城10:3511:02久住分れ11:56星生山11:5712:38扇ヶ鼻分岐12:3912:49ブロッコリーの丘13:08沓掛山13:0913:18第一展望所13:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<コース概要>
【牧ノ戸峠〜久住分れ】
沓掛山まで登れば、道は広く久住分かれまでは平坦な感じです。
【久住分れ〜久住〜中岳〜久住分れ】
ピークがあるのでアップダウンを繰り返します。
その他周辺情報<山バッチ>
牧ノ戸峠レストハウスに九州の百名山のバッチが全部あります。
そのほかにも由布岳とかもありました。
さりげなく、まだ登っていない宮之浦岳とかも買っちゃいました。
<温泉>
筋湯温泉「うたせ大浴場」300円
約2メートルの高さから落ちる18本のうたせ湯が自慢の施設だそうです。
ただし、石鹸なし、シャワーなしです。

写真

牧ノ戸の登山口です。
2019年05月04日 06:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧ノ戸の登山口です。
展望台に到着しました。
2019年05月04日 06:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台に到着しました。
広く平坦な登山道が続きます。
2019年05月04日 07:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広く平坦な登山道が続きます。
久住山が見えてきました。
2019年05月04日 07:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山が見えてきました。
久住分れです。広場って感じです。後ろは久住山です。
2019年05月04日 07:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住分れです。広場って感じです。後ろは久住山です。
久住山に着きました。
2019年05月04日 08:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山に着きました。
ちなみに山頂はこんなかんじでした。
2019年05月04日 08:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみに山頂はこんなかんじでした。
1
もうちょっとアップにするとこんな感じでした。
2019年05月04日 08:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっとアップにするとこんな感じでした。
ちょっと噴煙多いなぁと思ったのですが、前日に小規模噴火があったそうです。
2019年05月04日 08:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと噴煙多いなぁと思ったのですが、前日に小規模噴火があったそうです。
左が三俣山、中央が天狗ヶ城、右が中岳
2019年05月04日 08:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が三俣山、中央が天狗ヶ城、右が中岳
振り返っての久住山
2019年05月04日 09:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っての久住山
1
進行方向には中岳
2019年05月04日 09:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向には中岳
中岳への急登が始まります。
2019年05月04日 09:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳への急登が始まります。
中岳に到着です。
2019年05月04日 10:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳に到着です。
右に御池、正面は久住山
2019年05月04日 10:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に御池、正面は久住山
坊がつる方面です。一番奥の方に由布岳も見えています。
2019年05月04日 10:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊がつる方面です。一番奥の方に由布岳も見えています。
坊がつるをアップにするとテントも見えますね。
2019年05月04日 10:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊がつるをアップにするとテントも見えますね。
天狗ヶ城
2019年05月04日 10:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ヶ城
山腹から噴気が上がっていました。
2019年05月04日 10:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山腹から噴気が上がっていました。
御池のそばまでやってきました。
2019年05月04日 10:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池のそばまでやってきました。
火口っぽいところもあるんですね。
2019年05月04日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口っぽいところもあるんですね。
星生山へ向かいます。
2019年05月04日 11:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星生山へ向かいます。
振り返る。
2019年05月04日 12:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
さぁ、登山口まで戻りましょう
2019年05月04日 12:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、登山口まで戻りましょう
池塘っぽいですよね。水あるのかなぁ。
2019年05月04日 12:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘っぽいですよね。水あるのかなぁ。
ありました。
2019年05月04日 12:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありました。
下山後に車で長者原に移動してみました。そこから見えるくじゅうの山々
2019年05月04日 15:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後に車で長者原に移動してみました。そこから見えるくじゅうの山々
1

感想/記録

九州遠征登山の最後はくじゅう山です。
昨日、一昨日と2座登りましたが、この日はくじゅう山だけなので
のんびりとした登山ができそうなので気が楽です。

実際に登ってみると、久住分れまでは平坦な道が続き、
コンパクトにピークがあってそこをアップダウンして歩くって感じでしょうかね。
各ピークからは阿蘇山や祖母山、由布岳なども見えて展望もばっちりでしたね。

ゴールデンウィークのせいもあるでしょうが、人も多く
小さなお子さんもご両親や祖父母の方と一緒に登ってたようで
ほのぼのとしました。

今回の九州遠征で気が付いたことですが、
私がスマホを見たタイミングではすべて電波は通っていて
情報がほしいタイミングですぐに取れるのは助かりましたねぇ。

日程に余裕があれば東京から九州でも車で行けますね。
しかも、すべて車中泊で済ませることができました。

ちなみに帰りは、門司まで一般道でちまちまと走り、
関門トンネルを通ろうと思いましたが
300台ぐらい渋滞していたので諦めて高速道路に切り替えました。
中国道を通りましたが通行量が少なすぎて、街頭もなく真っ暗で
山口県内はきついカーブが多いので要注意ですね。
岡山県の手前で仮眠3〜4時間をとって、朝方に大阪で給油のために
いったん高速を降りて、再度高速道路へ。
秦野で事故渋滞があったので高速道路を降りて一般道でそのまま自宅へ。
門司を出てから16時間ぐらいかなぁ。

昨年の東北遠征で、登山とドライブの繰り返しでしたが、
今回の九州遠征も、登山とドライブの繰り返しでした。
これって、ある意味贅沢な時間を過ごした気分ですね。

なお、無事に帰宅して今回の遠征を振り返ると
鹿児島までいったんだから屋久まで足を伸ばすのもありだったかも。。。
とちょっとだけ後悔しましたが、
ゴールデンウィーク前半は天候良くなかったですし、
しっかりと屋久島の計画立ててなかったのでまたそのうちでいいでしょう。
※山バッチだけは先行入手しちゃいましたけどね〜
訪問者数:29人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ