また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1840324 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

両神山

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
 ctn
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
47分
合計
6時間28分
S日向大谷口バス停07:5508:18会所09:12両神八海山09:1309:36弘法之井戸09:48清滝小屋09:5810:47両神神社11:14両神山11:3011:58両神神社12:37清滝小屋12:5513:01弘法之井戸13:14両神八海山13:52会所13:5414:23日向大谷口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
日向大谷登山口からピストンで両神山に登ってきました。
両神山荘の脇から登山道が始まります。
すぐに鳥居があり、細い道を登り降りして川沿いの道に出ました。
何度か渡渉しながら上流に向かって進みます。
川から外れると、急な斜面になり、折り返しながら高度を上げていきます。
清滝小屋(閉鎖中)に着くとベンチとテーブルがあったので、ここで休憩。

清滝小屋からも同じよな道が続きますが、両神神社に近づくと鎖場が現われ、厳しさが増します。
両神神社から山頂までは尾根道になりますが、眺望はほとんどありません。
山頂は岩場で視界を遮るものが無いので、晴れていれば富士山などが見る事ができたと思います。

山頂から少し降って、食事休憩をしていると、雷の音が聞こえてきたので、食事を止めてあわてて下山しました。
清滝小屋まで降りて、食事をしてから下山しました。

同じ日に鍋割山で落雷による死亡事故があったそうです。
亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。
山での雷は怖いなと改めて思いました。

距離は10Kmほどですが、険しいコースのため、脚がガクガクになりました。

写真

鳥居を潜ると登山道が始まります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居を潜ると登山道が始まります
歩き始めはこんな感じの道です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めはこんな感じの道です
両神神社から山頂への尾根道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神神社から山頂への尾根道
訪問者数:26人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ