また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1844465 全員に公開 ハイキング葛城高原・二上山

樹レコ。 〈大和葛城山〉 名所つつじ5分咲きでしたがきれい

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
葛城山ロープウェイ  往復利用しました。 1500円でした。
電車(御所駅)とロープウェイの間は奈良交通バスがつないでいます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

09:50 ロープウェイ山上駅出発
      (山頂付近をぶらぶら、次いで自然研究路往復)
13:35 ロープウェイ山上駅帰着
コース状況/
危険箇所等
山頂周辺の道、よく整備されています。(整備され過ぎか?)

自然研究路は一部通行止めのまんまです。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

今日は楽し、狸の顔に似た顔の電車に乗って行楽です。
(これは尺土駅)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は楽し、狸の顔に似た顔の電車に乗って行楽です。
(これは尺土駅)
1
ロープウェイ山上駅を出ると青葉もみじがお出迎えです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山上駅を出ると青葉もみじがお出迎えです。
3
ブナの大木もお出迎え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの大木もお出迎え。
3
つつじお出迎え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじお出迎え。
3
アカシデにとてもよく似ていますが、これはイヌシデです。両者の区別はいつも悩ませられるところです(・・;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカシデにとてもよく似ていますが、これはイヌシデです。両者の区別はいつも悩ませられるところです(・・;)
2
ナナカマドです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドです。
2
ニガイチゴ。
葉は中ほどまで裂けるものも多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニガイチゴ。
葉は中ほどまで裂けるものも多いです。
1
南面の展望地まで来ました。
つつじが見れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南面の展望地まで来ました。
つつじが見れます。
9
ヤマツツジですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジですね。
2
まだ3〜5分咲きのようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ3〜5分咲きのようです。
2
しかし、満開のように見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、満開のように見えています。
8
あそこはつつじに囲まれた癒され場のようですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこはつつじに囲まれた癒され場のようですね。
8
霞んでいますが大峰山脈が見えていました。
左=稲村ヶ岳、右=弥山八経。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞んでいますが大峰山脈が見えていました。
左=稲村ヶ岳、右=弥山八経。
2
ドウダンツツジ。(高原ロッジ前の植栽)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジ。(高原ロッジ前の植栽)
2
南側から見た葛城山の山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側から見た葛城山の山頂です。
山頂付近。
観光客もいっぱい来ていて、登山者組と混群を成していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近。
観光客もいっぱい来ていて、登山者組と混群を成していました。
1
自然研究路に入りますよん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然研究路に入りますよん。
ヤマツツジの葉の付き方。
枝先に、数枚の葉が集まって付きます。モチツツジなども同じようなものです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジの葉の付き方。
枝先に、数枚の葉が集まって付きます。モチツツジなども同じようなものです。
1
モチツツジ。
葉には長い毛とともに「腺毛」があります。写真に写っている毛の白色は成葉になると茶色くなっていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モチツツジ。
葉には長い毛とともに「腺毛」があります。写真に写っている毛の白色は成葉になると茶色くなっていきます。
2
ダンコウバイ。(葉の下面)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンコウバイ。(葉の下面)
2
ナツツバキの樹皮。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナツツバキの樹皮。
リョウブの樹皮。
ナツツバキの樹皮とリョウブの樹皮は似ていますが、葉や実の形状から区別は容易です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リョウブの樹皮。
ナツツバキの樹皮とリョウブの樹皮は似ていますが、葉や実の形状から区別は容易です。
1
コハウチワカエデ。(葉の下面)
葉柄、若枝の毛を見てください。(イロハモミジと区別)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コハウチワカエデ。(葉の下面)
葉柄、若枝の毛を見てください。(イロハモミジと区別)
2
ツノハシバミ。(葉の下面)
左手で枝を支えてカメラ右手操作です。これをしょっちゅうやっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツノハシバミ。(葉の下面)
左手で枝を支えてカメラ右手操作です。これをしょっちゅうやっています。
1
オトコヨウゾメ。
実ができないと誤解されたので男を冠せられたとか。(あるいは、実が痩せていて成熟しないと思われたから)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトコヨウゾメ。
実ができないと誤解されたので男を冠せられたとか。(あるいは、実が痩せていて成熟しないと思われたから)
1
イヌブナ。
慣れてくると樹皮を見ただけでブナと区別できるようになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イヌブナ。
慣れてくると樹皮を見ただけでブナと区別できるようになります。
3
ヤマツツジ。
本日、ミヤコツツジは発見できませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ。
本日、ミヤコツツジは発見できませんでした。
2
ヤマツツジにある大小2通りの葉。
大きい葉(春葉)。。ごく小さい葉(2〜3枚が黒く写っています。夏から秋にかけて出て来る葉です。この小さい葉は関西などの暖地では越冬します。ヤマツツジを半落葉性としている図鑑がありますが、このことによるものです)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジにある大小2通りの葉。
大きい葉(春葉)。。ごく小さい葉(2〜3枚が黒く写っています。夏から秋にかけて出て来る葉です。この小さい葉は関西などの暖地では越冬します。ヤマツツジを半落葉性としている図鑑がありますが、このことによるものです)
イワガラミ。つる性樹木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワガラミ。つる性樹木。
2
イヌブナ。(葉の下面)
絹のような長い毛が生えています。元サイズでご覧ください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イヌブナ。(葉の下面)
絹のような長い毛が生えています。元サイズでご覧ください。
6
エンコウカエデ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エンコウカエデ。
2
自然研究路と林相です。
東京都高尾山の4号路はここと似たタイプだと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然研究路と林相です。
東京都高尾山の4号路はここと似たタイプだと思います。
ところどころで落ち葉が厚く道に敷かれていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころで落ち葉が厚く道に敷かれていました。
コバノガマズミ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバノガマズミ。
オトコヨウゾメ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトコヨウゾメ。
この先、通行止め、の標識。
ここで往路を戻ることにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、通行止め、の標識。
ここで往路を戻ることにします。
#46と同じ場所です。
右=自然研究路を経て北尾根(通行止め)
左=北尾根への迂回道(通行可)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#46と同じ場所です。
右=自然研究路を経て北尾根(通行止め)
左=北尾根への迂回道(通行可)
交通系ICカード一覧。
(バス車内)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
交通系ICカード一覧。
(バス車内)
近鉄大阪阿部野橋に着きました。
昇降式ホーム柵が一部設置済みですね。
特急用ホームの腰掛で出船入船(電車の発着)を眺めていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近鉄大阪阿部野橋に着きました。
昇降式ホーム柵が一部設置済みですね。
特急用ホームの腰掛で出船入船(電車の発着)を眺めていました。

感想/記録

気軽に楽しめました。
展望の良さでは葛城山は金剛山を凌ぎますね。
訪問者数:177人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ