また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1849713 全員に公開 ハイキング房総・三浦

房総往還2(姉崎宿→千種新田村)

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候曇り(24/16)
アクセス
利用交通機関
電車
★行き
JR内房線姉ヶ崎駅

★帰り
JR内房線大貫駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間0分
休憩
0分
合計
14時間0分
S姉崎宿07:1021:10千種新田村G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

街道歩きに先立ち、妙経寺の徳川義軍(新政府恭順の藩命に反し、旧幕側についての戦死した鶴牧藩士)のお墓にお参り。
2019年05月04日 07:22撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街道歩きに先立ち、妙経寺の徳川義軍(新政府恭順の藩命に反し、旧幕側についての戦死した鶴牧藩士)のお墓にお参り。
1
姉崎宿から、房総往還を歩きはじめます。
2019年05月04日 07:23撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姉崎宿から、房総往還を歩きはじめます。
瑞安寺。ここにも徳川義軍五名の墓がありました。
2019年05月04日 07:46撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞安寺。ここにも徳川義軍五名の墓がありました。
1
ここで、左手の擁壁の向こうにある旧道の痕跡を歩くため、フェンスの切れ目から上がりました。
2019年05月04日 08:18撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、左手の擁壁の向こうにある旧道の痕跡を歩くため、フェンスの切れ目から上がりました。
擁壁上。ここは街道でもなんでもありません。いわゆる「激藪」との闘い。
2019年05月04日 08:24撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
擁壁上。ここは街道でもなんでもありません。いわゆる「激藪」との闘い。
1
何とか旧道に出ました。
2019年05月04日 08:39撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか旧道に出ました。
1
しかし、その後また藪こぎに。今までで一番ひどい。娘の姿が見えますでしょうか?
2019年05月04日 09:22撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、その後また藪こぎに。今までで一番ひどい。娘の姿が見えますでしょうか?
2
時間と体力を消耗しましたが、旧道の路盤を見つけ激藪を突破。いやぁ、苦戦しました!
2019年05月04日 09:40撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間と体力を消耗しましたが、旧道の路盤を見つけ激藪を突破。いやぁ、苦戦しました!
1
長浦駅周辺の街道をどう歩くかはいろんな考え方があると思いますが、我々はJRより海側の道を歩きました。
2019年05月04日 10:29撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長浦駅周辺の街道をどう歩くかはいろんな考え方があると思いますが、我々はJRより海側の道を歩きました。
今井の集落。いい雰囲気です。
2019年05月04日 10:50撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今井の集落。いい雰囲気です。
奈良輪宿(袖ヶ浦)。交差点の左側辺りが問屋場跡。袖ヶ浦駅の駅前ですが、素敵なくらい何もないです。
2019年05月04日 11:27撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良輪宿(袖ヶ浦)。交差点の左側辺りが問屋場跡。袖ヶ浦駅の駅前ですが、素敵なくらい何もないです。
新緑がきれいな旧道が続きます。が、暑い、お腹すいた。
2019年05月04日 11:46撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑がきれいな旧道が続きます。が、暑い、お腹すいた。
お昼は毎度のお蕎麦屋。しかし、珍しく娘はうどんを。どういう心境の変化か?
2019年05月04日 12:34撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼は毎度のお蕎麦屋。しかし、珍しく娘はうどんを。どういう心境の変化か?
店を出ると雨が降ってきましたが、気にせず歩きます。
2019年05月04日 13:35撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
店を出ると雨が降ってきましたが、気にせず歩きます。
1
木更津着。
2019年05月04日 14:07撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木更津着。
芝居で有名な蝙蝠安のお墓に詣でます。肝心の与三郎のお墓は割愛。
2019年05月04日 14:11撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝居で有名な蝙蝠安のお墓に詣でます。肝心の与三郎のお墓は割愛。
1
ここで、まさかの昼食ダブルヘッダー! 雰囲気のいい食堂でラーメン。
2019年05月04日 14:34撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、まさかの昼食ダブルヘッダー! 雰囲気のいい食堂でラーメン。
證誠寺。いやというほどの狸推しを想像していたら、拍子抜けするくらい、あっさりしていました。
2019年05月04日 15:05撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
證誠寺。いやというほどの狸推しを想像していたら、拍子抜けするくらい、あっさりしていました。
1
稲光と激しい雷鳴のあと、どしゃ降りに。
2019年05月04日 16:36撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲光と激しい雷鳴のあと、どしゃ降りに。
1
雹も降ってきました。とりあえず、セブン茶屋に退避。
2019年05月04日 16:35撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雹も降ってきました。とりあえず、セブン茶屋に退避。
1
雨が小降りになったので歩き始めました。
2019年05月04日 17:56撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が小降りになったので歩き始めました。
青堀駅から帰ればいいのに、その先を目指して歩き続け真っ暗に。
2019年05月04日 19:00撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青堀駅から帰ればいいのに、その先を目指して歩き続け真っ暗に。
富津には江戸湾防衛のための陣屋があり、会津藩、柳川藩、二本松藩、前橋藩等が守備しました。近在の寺には、この地で亡くなった藩士たちの墓が残っています。
2019年05月04日 19:28撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富津には江戸湾防衛のための陣屋があり、会津藩、柳川藩、二本松藩、前橋藩等が守備しました。近在の寺には、この地で亡くなった藩士たちの墓が残っています。
1
富津陣屋跡。幕末、前橋藩が守備していた折に旧幕府軍に囲まれ、やむなく武器食料などを提供。責任者と家老が自刃する悲劇が起きています。
2019年05月04日 19:42撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富津陣屋跡。幕末、前橋藩が守備していた折に旧幕府軍に囲まれ、やむなく武器食料などを提供。責任者と家老が自刃する悲劇が起きています。
1
富津から大貫駅へ。辺りは真っ暗、時折通る車以外、聞こえるのは蛙の大合唱のみ。
2019年05月04日 20:05撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富津から大貫駅へ。辺りは真っ暗、時折通る車以外、聞こえるのは蛙の大合唱のみ。
21時、大貫駅着。実に14時間にわたる街道歩きでした。
2019年05月04日 21:09撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
21時、大貫駅着。実に14時間にわたる街道歩きでした。
1

感想/記録

 GW10連休。山の神からやっと街道歩きに出掛けてよいとの許可が出たので、娘と房総往還を歩いてきました。令和元年、最初の街道歩きです(前日の六地蔵詣では散歩レベル)。

 姉崎宿から、奈良輪宿(袖ケ浦)、木更津を経て、富津岬近くのJR大貫駅、かつての千種新田村までの約39キロ、ちょうど十里近く歩きました。

 わずかに残る旧道を歩くために擁壁上のフェンスの切れ目から強引に藪に突っ込んで苦戦したり(しかも旧道もまた藪だった……)、木更津の渋い食堂に惹かれて2度目の昼食を摂ったり、突然の雷雨と雹に見舞われたり、青堀駅から帰ればいいのに欲張って歩いて真っ暗になったりと、盛りだくさんな珍道中でした。

 江戸時代後期に江戸湾防衛のため会津藩、柳川藩、二本松藩、前橋藩などが守備についていた富津陣屋や、戊辰戦争時に旧幕側について戦死した「徳川義軍」の墓など、興味深い歴史に触れることもできました。

 21時過ぎに内房線の大貫駅着。
 「スタート、ゴールは原則宿場か間の宿」ルールに反しますが、これ以上進めないのでここをゴールとします。

 次の上り列車はなんと22時ちょうど。東京までは2時間弱かかり、帰宅したのは午前様直前でした。GWでもなければ許されない無茶な街道歩き、楽しかったです。
訪問者数:17人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

武器 地蔵 往還 雷鳴 稲光
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ