また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1850901 全員に公開 ハイキング近畿

龍王山   和歌山、奈良登山ツアー第六日目

日程 2019年05月16日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良県天理市の奈良健康ランドの駐車場から10キロ先の山のふもとに移動した。
柳本バス停横の崇神天皇陵の駐車場に車を止めさせてもらった。
天理市トレイルセンターの駐車場に止めるのが本当は良かった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間22分
休憩
1時間22分
合計
5時間44分
Sスタート地点07:5110:08林道出合10:2110:31龍王山城北城跡10:5911:14林道出合11:1511:31龍王山12:0612:21林道出合12:27長岳寺奥の院12:3213:17不動の滝13:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 最初に記載すべきだったが、ツアーの目的として次の事があった。
●日本百名山の2峰は登る。
●三百名山のうち和歌山県内にあるものは全て踏破しておく。
●ツアーの最後は熊野古道をゆっくり歩いてみたい。
●太地町でクジラを食べたい。
●白浜温泉に入ってみたい。
●パンダを見たい。

 今回のツアーでは和歌山、奈良の中で不自然に行ったり来たりしている。
これは、お天気の予報もにらんでいた。
4月29日30日、5月1日は予報で80〜90%の雨だった。
雨になれば奈良に逃げ込んで、神社などの観光をする。
あるいは、終日温泉に入ってゆっくりする。
などの事が頭に入っていた。
そこで4月29日が近くなると奈良方向に移動していた。



4月24日の深夜に愛媛を出発して、高速道路に乗り、途中で仮眠などもしながら
徳島市から南海フェリーで和歌山県に渡りました。
そこから和歌山県、奈良県、三重県境などの山に登りました。

          ●和歌山、奈良登山ツアー

4月25日 生石ケ峰(おいしがみね)870m 和歌山県海南市 6.2辧4時間 
       頂上周囲はススキの平原になっていて360度の景色が美しかった。

4月26日 護摩壇山(ごまだんやま)1372m 3百名山、
     龍神岳 1382m和歌山の最高峰  和歌山県伊都郡 5.8 3時間  
       ガスで何も見えなかったが12時頃になって晴れて景色が見えた。

4月27日 伯母子岳(おばこだけ)1344m3百名山,和歌山県伊都郡 14 6時間  
       「う回路」という頂上の表示に惑わされて600mを登り返した。

4月28日 高野三山(楊柳山、摩尼山、転軸山)1008m 和歌山県伊都郡高野町
       10辧5時間 
       お遍路の総本山高野山だ。下山の地には歴史上の人の供養塔(千
       姫、豊臣秀吉、伊予松山藩主の歴代墓、織田信長)などがあった。

4月29日 大峰山(弥山、八経ケ岳)1915m 日本百名山 奈良和吉野郡下市町
       10.8辧7.3時間 
       距離はあったが難山でも、厳しい山でもなかった。

4月30日 龍王山 585m 山の辺の道 奈良県天理市 9.8辧5.3時間 
       北城跡、南城跡があり南城頂上からは奈良盆地が一望できた。

5月01日 奈良盆地には終日の雨と雲が垂れ込んでいた。
       登山をあきらめて、橿原ぽかぽか温泉で新天皇の即位式の様子を
       テレビで終日見ていた。 良い休養になった。

5月02日 山上ケ岳 1719m 奈良県吉野郡吉野町 10辧6時間 修験道の山 
       女人禁制の厳しい規律が残る山伏の聖地。明日は新元号の祝祭典
       があるらしく、白装束の山伏がほら笛とともに次々に登って来た。

5月03日 大台ケ原山(日の出岳)1695m 日本百名山 三重県尾鷲市
       8辧5時間 
       初心者の日本百名山ということで登山者が多かった。頂上展望台
       からは360度の景色が美しかった。      

5月04日 熊野三山(本宮大社、速玉大社、那智大社)和歌山県新宮市、那智勝浦
       発心門王子から熊野古道を本宮大社まで8劼鯤發など、世界遺産
       や聖地巡りをしてきました。那智大社は大門跡から4卻發ました。    
                                
5月05日 太地町、南紀白浜温泉
       太地町ではクジラの刺身定食を食べました。
       家族が魚の卸関係の仕事をしていた関係で子供の頃はほとんど毎
       日クジラを食べていました。甘辛いつけ焼きはおいしかったが、
       クジラのすき焼きはいただけなかった。懐かしい思い出だ。
       白浜温泉では「崎の湯」という日本書紀にも載っている露天風呂に
       入りました。10m先には太平洋の荒波が打ち寄せていました。

5月06日 和歌山市に入りその22時に和歌山港から南海フエリーで徳島港に午前0時
       に着きました。仮眠をして、午前9時過ぎに帰ってまいりました。


                                 以上
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

長岳寺横を行き、石仏のある切通し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長岳寺横を行き、石仏のある切通し
北城跡に向かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北城跡に向かった。
サッカー
場ほどの広い台地出た。説明版も石碑も何もない。
ぐるっと一周回ってみた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サッカー
場ほどの広い台地出た。説明版も石碑も何もない。
ぐるっと一周回ってみた。
南城跡に行く。大和平野が一望できる。遠くは大阪湾まで見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南城跡に行く。大和平野が一望できる。遠くは大阪湾まで見える。
大阪湾まで見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪湾まで見える。
長岳寺奥ノ院コースを行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長岳寺奥ノ院コースを行く。
奥ノ院にはお社はなくて石仏と石碑があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ノ院にはお社はなくて石仏と石碑があった。
下山道のわきに何箇所か古墳らしい石積のものがあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道のわきに何箇所か古墳らしい石積のものがあった。
盗掘されたのだろう、小さな古墳の穴がぽっかりと開いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盗掘されたのだろう、小さな古墳の穴がぽっかりと開いていた。

感想/記録

和歌山、奈良登山ツアー第六日目

4月30日 龍王山 585m 山の辺の道 奈良県天理市 9.8辧5.3時間 
       北城跡、南城跡があり南城頂上からは奈良盆地が一望できた。


 奈良県天理市の奈良健康ランドの駐車場から山を見ると、山の上に雨雲が
覆いかぶさっていた。雨は降っていないし、山も雲に隠れてはいない。
これならば、低山なら登れるのではないか?と思った。
雨に遭えば逃げ帰ればいい。天理市の龍王山585mに登ることにした。
 
 10キロ先の山のふもとに移動した。柳本バス停横の崇神天皇陵の駐車場
に車を止めさせてもらった。天理市トレイルセンターの駐車場に止めるのが
本当は良かった。天理市トレイルセンターで龍王山展望コースのハイキング
マップをもらってスタート。山の辺の道と言うらしい。
当然、雨が降ってもいいように対策をしている。
 
長岳寺横を行き、民家を抜けて、畑、石仏のある切通し、U字になった山道
不動明王の石像、雑木林、段々山の中に入っていく。
9合目辺りだろうか広い車道のある交差点に出た。北城跡、南城跡の分岐で
もある。

 まず北城跡に向かった。今まであった案内板がなくなり、なんとなくこ
ちらかと進んでゆく。上に向かって行くのだから簡単だ。やがてサッカー
場ほどの広い台地出た。説明版も石碑も何もない。ぐるっと一周回ってみ
た。面白くない。少し手前から下山することにした。これがイケナかった。
 
 確かに先ほど登ってきた道に来たと思ったが、おかしい・・・。
道のない、藪を移動したり、ぬかるみに近い場所を通ったり。
迷ってしまった。GPSで見るに、もと来た道に行けそうで、行けない。
こんなところで遭難か?とも思った。なんとか抜け出すことができた。
 
南城跡に行く。広い車道のある交差点から頂上は直ぐだった。200mほどか。
先客が2組3人いた。大和平野が一望できる。遠くは大阪湾まで見える。
カップ麺を食べて下山をするが、長岳寺奥ノ院コースを行く。
奥ノ院にはお社はなくて石仏と石碑があった。
下山道のわきに何箇所か古墳らしい石積のものがあった。
盗掘されたのだろう、小さな古墳の穴がぽっかりと開いていた。






訪問者数:118人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

GPS 遭難
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ