また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1868409 全員に公開 ハイキング東北

長岩森、多久里滝

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
多久里滝前に車2台分程の駐車スペースあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
0分
合計
3時間59分
Sスタート地点11:1615:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
那智畑地区を過ぎると1車線のオフロードとなる。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 保険証 携帯

写真

多久里滝
2019年05月26日 11:16撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多久里滝
ここから林道を外れ長岩森に登る
2019年05月26日 11:28撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから林道を外れ長岩森に登る
急斜面登る
2019年05月26日 11:31撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面登る
尾根上の道
2019年05月26日 11:52撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上の道
ほぼ平坦な林歩道となる
2019年05月26日 12:06撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ平坦な林歩道となる
ツツジも暑さでしおれている
2019年05月26日 12:19撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジも暑さでしおれている
キノコか何かだろうか
2019年05月26日 12:25撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコか何かだろうか
セミの脱け殻
2019年05月26日 12:36撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セミの脱け殻
山頂三角点と青白プレート
2019年05月26日 12:58撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂三角点と青白プレート
尾根の道
2019年05月26日 13:55撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の道
樹間より大笹山
2019年05月26日 14:21撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間より大笹山
539.0三角点
2019年05月26日 14:25撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
539.0三角点
下りはピンクテープが導いてくれる
2019年05月26日 14:35撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはピンクテープが導いてくれる
斜面下り
2019年05月26日 15:04撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面下り
斜面を西へ横切るように下り、多久里滝脇の鳥居前に出た
2019年05月26日 15:13撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を西へ横切るように下り、多久里滝脇の鳥居前に出た
多久里滝前の駐車スペースに帰着
2019年05月26日 15:16撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多久里滝前の駐車スペースに帰着

感想/記録

 多久里滝は林道からすぐに見られる位置にあり、手軽な自然観察スポットと思う。
 長岩森登山の道は、林車道から入ってすぐに急斜面の登りが標高450程まで続き暑い日でもあってきつかったが、それを過ぎると山頂までなだらかな林歩道だった。
 山頂付近は虫が多くまとわりつきうるさい。休憩は山頂を外れた所のほうがよかった。また早速セミもうるさく鳴き始めていた。
 いつも参考にしているあかりんさんのブログより、眺望を期待して標高539.0地点まで尾根を縦走したが、葉がついた状態ではほとんど眺望はなかった。いつも大変参考にさせていただいているあかりんさんのブログ:https://akarin-yama.at.webry.info/201601/article_17.html
 多久里滝脇鳥居付近に下りる際には、落ち葉の深い杉林の中の急斜面を下る必要があった。
訪問者数:155人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 三角点 セミ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ