また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1875217 全員に公開 ハイキング甲信越

富士見山

日程 2019年06月01日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みのぶ自然の里 炭焼き小屋前駐車場に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
20分
合計
5時間51分
S富士見山平須登山口07:3509:56御殿山への分岐09:5710:10富士見山見晴台10:1110:57富士見山11:0011:22富士見山見晴台11:32御殿山への分岐11:39堂平分岐11:4313:10富士見山堂平登山口13:2113:26富士見山平須登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
途中一部崩落ぎみの個所があるが、慎重に歩けば問題無い。
標高50m毎に案内看板が設置されていて、とても励みになる。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

みのぶ自然の里 炭焼き小屋前駐車場に車を停めてスタート。
2019年06月01日 07:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みのぶ自然の里 炭焼き小屋前駐車場に車を停めてスタート。
駐車場の看板は、下から車で登って行くと反対向きに設置されているので、通り過ぎてから振り返らないとわからない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の看板は、下から車で登って行くと反対向きに設置されているので、通り過ぎてから振り返らないとわからない。
富士見山平須登山口。ここから登り道がはじまる。
2019年06月01日 07:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見山平須登山口。ここから登り道がはじまる。
標高約950m。
2019年06月01日 08:05撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高約950m。
標高約1000m。看板が50m毎に設置されていて、どれくらい登ったかイメージしやすい。
2019年06月01日 08:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高約1000m。看板が50m毎に設置されていて、どれくらい登ったかイメージしやすい。
シカに遭遇。50mくらい先を2頭が走り抜けていった。
2019年06月01日 08:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シカに遭遇。50mくらい先を2頭が走り抜けていった。
崩落個所。
2019年06月01日 08:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落個所。
標高約1300m。看板が励みになる。
2019年06月01日 09:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高約1300m。看板が励みになる。
1500mまで登ってきた。
2019年06月01日 09:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1500mまで登ってきた。
御殿山への分岐。
2019年06月01日 09:59撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山への分岐。
分岐には真新しいベンチが設置されており、雲の上に富士山の先っぽが見えていた。
2019年06月01日 09:59撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐には真新しいベンチが設置されており、雲の上に富士山の先っぽが見えていた。
富士見山見晴台。僅かに雲の上に富士山の頂上部分が見えていたので、雲に隠れた山の全容を想像する事は出来た。
2019年06月01日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見山見晴台。僅かに雲の上に富士山の頂上部分が見えていたので、雲に隠れた山の全容を想像する事は出来た。
1
富士見山山頂。
2019年06月01日 10:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見山山頂。
2
相変わらずチョットだけだが、見えたので良しとしよう。
2019年06月01日 10:39撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずチョットだけだが、見えたので良しとしよう。
堂平分岐。来た道を引き返して御殿山への分岐まで戻り、分岐から今度は御殿山方面へ行き、堂平分岐から堂平登山口へ降りる。
2019年06月01日 11:39撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂平分岐。来た道を引き返して御殿山への分岐まで戻り、分岐から今度は御殿山方面へ行き、堂平分岐から堂平登山口へ降りる。
折れた大木。
2019年06月01日 12:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折れた大木。
ところどころにツツジの花がまだ残っていた。
2019年06月01日 12:09撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころにツツジの花がまだ残っていた。
標高約1100mのところに小屋があった。
2019年06月01日 12:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高約1100mのところに小屋があった。
小屋の中。
2019年06月01日 12:39撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の中。
富士見山堂平登山口。ここから駐車場までは舗装路を歩く。
2019年06月01日 13:13撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見山堂平登山口。ここから駐車場までは舗装路を歩く。
2月と11月に、ここからダイヤモンド富士が見えるらしい。
2019年06月01日 13:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2月と11月に、ここからダイヤモンド富士が見えるらしい。
駐車場に到着。
2019年06月01日 13:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着。
撮影機材:

感想/記録

富士山の周りには雲があったが山頂付近が僅かに見えており、雲の無い姿を想像しながら写真を撮った。南アルプスの山々は雲に隠れていて残念だった。
訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

崩落
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ