また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1894167 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

行者山東観峰〜赤子谷〜蓬莱峡

日程 2019年06月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
自宅から徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
16分
合計
6時間50分
Sスタート地点08:4509:30行者山東観峰09:4509:59行者山15:06生瀬駅15:0715:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
六甲山縦走路からの赤子谷は下りになります。前日は雨でしたが、谷の水量は多くはなく、危険なところはありませんでした。ただし、スリルは十分ありました。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

東観峰に行くまでの景色もgood!
2019年06月16日 08:57撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東観峰に行くまでの景色もgood!
よく整備された道です。
2019年06月16日 08:58撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく整備された道です。
少し登っただけですがけっこう見晴らしがいいですね。
2019年06月16日 08:59撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登っただけですがけっこう見晴らしがいいですね。
2
歩きやすい登山道。
2019年06月16日 09:05撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい登山道。
ここでコースを間違っていることにきづいて引き返します。
2019年06月16日 09:07撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでコースを間違っていることにきづいて引き返します。
ここで左に下りたのが間違いでした。右の道を行きます。
2019年06月16日 09:11撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで左に下りたのが間違いでした。右の道を行きます。
他の方のヤマレコレポートで左はかなり遠回り、右のコースを行くべし!とあったのでその通り右に行きます。
2019年06月16日 09:13撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他の方のヤマレコレポートで左はかなり遠回り、右のコースを行くべし!とあったのでその通り右に行きます。
マンネンタケ
2019年06月16日 09:20撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンネンタケ
1
ロープ無しでも行けますが、あると安心。ワイルド感もあるかな?
2019年06月16日 09:21撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ無しでも行けますが、あると安心。ワイルド感もあるかな?
東観峰からの眺望。ゴルフ場の向こうに仁川の阪神競馬場。
2019年06月16日 09:34撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東観峰からの眺望。ゴルフ場の向こうに仁川の阪神競馬場。
1
真ん中に連なるのは中山連山。
2019年06月16日 09:37撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中に連なるのは中山連山。
1
東観峰から岩倉山の反射板を望む。
2019年06月16日 09:46撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東観峰から岩倉山の反射板を望む。
この中に登頂記録ノートがあり、誰もが自由に書けるようになっています。私も書きました。
2019年06月16日 09:48撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この中に登頂記録ノートがあり、誰もが自由に書けるようになっています。私も書きました。
1
左のピークが先ほどの東観峰。
2019年06月16日 09:55撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のピークが先ほどの東観峰。
1
行者山ピーク。ここから六甲山縦走路に向かいます。
2019年06月16日 09:59撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者山ピーク。ここから六甲山縦走路に向かいます。
2
ササユリがここにだけ。存在感があるなぁ。
2019年06月16日 10:06撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササユリがここにだけ。存在感があるなぁ。
2
縦走路に出ました。ここから蓬莱峡を目指します。まずは宝塚方面に。
2019年06月16日 10:17撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路に出ました。ここから蓬莱峡を目指します。まずは宝塚方面に。
縦走路を赤子谷方面に左に折れると鉄塔がありました。くぐり抜けて進みます。
2019年06月16日 10:22撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を赤子谷方面に左に折れると鉄塔がありました。くぐり抜けて進みます。
細かい岩に滑りそうになります。
2019年06月16日 10:29撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細かい岩に滑りそうになります。
1
分かりにくいですが、けっこうな勾配があります。
2019年06月16日 11:03撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりにくいですが、けっこうな勾配があります。
2
どうやって下りようか、少し悩んでしまいました。
2019年06月16日 11:05撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやって下りようか、少し悩んでしまいました。
3
この辺りは沢山の紫陽花が咲いていました。
2019年06月16日 11:14撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは沢山の紫陽花が咲いていました。
2
ロープを頼りに…。
2019年06月16日 11:26撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープを頼りに…。
1
紫陽花が沢山。もう少し時季が経つと満開なんだろうなぁ。
2019年06月16日 11:33撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紫陽花が沢山。もう少し時季が経つと満開なんだろうなぁ。
1
谷を下り終えて、しばらく歩き、県道にでました。
2019年06月16日 12:12撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を下り終えて、しばらく歩き、県道にでました。
蓬莱峡。花崗岩むき出しの独特の地形に感動!
2019年06月16日 13:14撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱峡。花崗岩むき出しの独特の地形に感動!
2
岩と岩の間を下ります。ヒヤヒヤものです。
2019年06月16日 13:24撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と岩の間を下ります。ヒヤヒヤものです。
2
ここも隙間を下ります。
2019年06月16日 13:27撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも隙間を下ります。
3
今度はここを登ります。けっこう岩が風化で柔らかくなっていて滑りそうになります。
2019年06月16日 13:32撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はここを登ります。けっこう岩が風化で柔らかくなっていて滑りそうになります。
2
来たよ蓬莱峡!ここも登ろうとチャレンジしたが、途中で断念。掴めるところがなくなった。滑落しなくてよかった。
( ̄▽ ̄;)
2019年06月16日 13:41撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来たよ蓬莱峡!ここも登ろうとチャレンジしたが、途中で断念。掴めるところがなくなった。滑落しなくてよかった。
( ̄▽ ̄;)
3

感想/記録

前日の雨の影響で、登山道は湿っていましたが、歩きにくさは感じませんでした。
行者山東観峰からの眺めは素晴らしいです。生駒山まで眺めることができます。
赤子谷は初めてあるきましたが、花は少ないもの、蝶々が乱舞する場所もあり、スリルもあり、ワクワクするコースでした。
蓬莱峡も須磨アルプスの馬の背以上かな?と思うくらい、花崗岩のいびつな風化に感動しました。
訪問者数:160人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

滑落 馬の背 ササユリ 花崗岩 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ