また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1918225 全員に公開 ハイキング 日高山脈

札内岳 敗退

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年07月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り 霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ピリカペタン沢林道の入り口まで車で行けます。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間4分
休憩
3分
合計
12時間7分
Sスタート地点03:1604:52ピリカペタヌ沢五ノ沢分岐04:5305:57ピリカペタヌ沢八ノ沢分岐12:30ピリカペタヌ沢八ノ沢分岐12:3113:45ピリカペタヌ沢五ノ沢分岐13:4615:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登頂していないので、途中までのことしかわかりませんが、
どこまでも沢が続くので沢嫌いには精神的に参ってきます。
苔のついた岩では何度も滑ってしまいました。
過去天気図(気象庁) 2019年07月の天気図 [pdf]

写真

ピリカペタン沢林道の入り口に車を停めました。
当日は他は登山者はいませんでした。
2019年07月05日 18:54撮影 by EX-ZR1600 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピリカペタン沢林道の入り口に車を停めました。
当日は他は登山者はいませんでした。
このゲートから入っていきます。
2019年07月05日 19:00撮影 by EX-ZR1600 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このゲートから入っていきます。
札内岳登山口。頂上まで9.5kmと読めます。
2019年07月05日 19:00撮影 by EX-ZR1600 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札内岳登山口。頂上まで9.5kmと読めます。
2
崩壊した林道から川原に出ます。
2019年07月06日 03:49撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊した林道から川原に出ます。
2
足跡を発見しました。
登っている人がいるんですね。
2019年07月06日 03:58撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足跡を発見しました。
登っている人がいるんですね。
1
砂防ダムがありました。
林道跡を歩いていると左岸を通るので、ここは通り抜けます。
2019年07月06日 04:30撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダムがありました。
林道跡を歩いていると左岸を通るので、ここは通り抜けます。
ガスが濃いです。
天気は回復しませんでした。
2019年07月06日 04:57撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが濃いです。
天気は回復しませんでした。
股下まで浸かってしまいました。

2019年07月06日 05:34撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股下まで浸かってしまいました。

5
こういうのを見つけるとホッとします。
2019年07月06日 06:00撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうのを見つけるとホッとします。
4
ここは見るだけです。
2019年07月06日 07:10撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは見るだけです。
4
苔があるところは滑ります。
何回も滑って転びました。
2019年07月06日 07:16撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔があるところは滑ります。
何回も滑って転びました。
3
滑ったら下まで流されそう。
2019年07月06日 07:22撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ったら下まで流されそう。
3
ピンクテープはほとんどありませんが、見つけるとホッとします。
2019年07月06日 07:28撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクテープはほとんどありませんが、見つけるとホッとします。
1
このロープは垂直なので使いません。
左岸側を行きました。
2019年07月06日 07:38撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このロープは垂直なので使いません。
左岸側を行きました。
1
ロープを取って、滝の上の方にトラバースしていく感じです。
緊張します。
ロープをよく見ると外皮が破れ芯だけになっています。
ロープの根元もあまり太くない枝に縛り付けられていました。
2019年07月06日 08:11撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープを取って、滝の上の方にトラバースしていく感じです。
緊張します。
ロープをよく見ると外皮が破れ芯だけになっています。
ロープの根元もあまり太くない枝に縛り付けられていました。
4
次から次と滝が現れます。
2019年07月06日 08:24撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次から次と滝が現れます。
1
ここで行き詰まりました。
高さ4,5mくらいだと思います。滝壺が見えています。
ロープが見当たらず、どこから行くのかわかりませんでした。
2019年07月06日 09:32撮影 by EX-ZR1600 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで行き詰まりました。
高さ4,5mくらいだと思います。滝壺が見えています。
ロープが見当たらず、どこから行くのかわかりませんでした。
3
ここから行けそうな感じもしましたが、滑って上がれませんでした。
2019年07月06日 09:32撮影 by EX-ZR1600 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから行けそうな感じもしましたが、滑って上がれませんでした。
2
下山は写真を撮りませんでした。
無事帰れた安堵感と惨めな気持ちの両方が交錯する。
2019年07月06日 15:23撮影 by EX-ZR1600 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は写真を撮りませんでした。
無事帰れた安堵感と惨めな気持ちの両方が交錯する。
3

感想/記録
by atreyu

未踏の日高の百名山を登ることが今年の目標でしたが、目標は達成できませんでした。
これからも目標を達成することは恐らくないないでしょう。

日高の奥深い山に登るときはいつも不安と緊張で、憂鬱な気持ちになります。
今回は特に沢が山行の大半を占めるようなので、沢が苦手で嫌いな自分にとって不安は倍増です。
前日は明るいうちに登山口に入って辺りの様子を偵察します。
4月に勝幌を訪れたときはオビリネップ林道の入り口まで車で行けてその先は通行止めとなっていましたが、今回行ってみると通行止めのテープは取り払われていて奥まで行けました。
ピリカペタン沢林道の入り口に車を停めて明日の用意をします。
林道入り口には通行止めのゲートがあり、草ボーボーの状態ですが、なんとか歩けそうです。

不安な一夜を過ごします。

今は日が一番長い季節。
朝三時半過ぎから少しづづ夜が開けてくるので、それに合わせて出発です。
リュックに登山靴を括りつけて沢靴で行くことにします。
水を2リットルとドリンク1.5リットル。
生憎の霧雨でこの後の天気が不安です。
雨になったらすぐ引き返すつもりです。

林道は間も無く崩壊しているので、広い河原を歩きました。
あとでわかりましたが、林道は途中復活しているところもあるので、林道沿いを歩いた方が早かったかなって思いました。

河原歩きは長くて少しづつ足の裏がいたくなってきます。
下山のときはかなり痛くなっていました。
河原からだんだん沢が狭くなり、流れが強くなります。
斜度を増すごとに石が大きく、沢も深くなってきます。
とにかく沢が果てしなく続く感じで、疲労困憊です。

小さな滝が次々と現れてきます。
ロープがあるので利用します。

1280mの滝の前で歩みが止まってしまいました。
右岸側は絶壁で行けそうもない、左岸側は少し緩やかで行けそうにも見えるが、ロープが見当たりません。
少し登ってみると、滑って落ちそうです。
落ちると滝壺にまっしぐらです。
ロープがあるはずだと思っていくら探してもが見当たりません。

携帯は圏外、ここにいるのは自分一人。
万一怪我をしても誰も助けてくれない。
怪我をしたら登山口まで戻ることは不可能に近い。

6時間辛い思いをしてここまで来たけど、ここで引き返すことにします。
下山も辛かった。
何回も滑って手や足、尻を打ってしまった。
ポールを流してしまったので、拾おうしたら、首まで浸かってしまった。
身も心も本当にボロボロになってしまいました。

体力ではどうしても劣るので、人が10時間かかるところとを自分は12時間をかけて頑張ったりもしたが、ここは頑張りの限界を超えていると感じました。

ここの沢を訪れることはもうないでしょう。
札内岳の頂上に立つ可能性があるとしたら、それは積雪期です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:587人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/7/25
投稿数: 6
2019/7/9 19:13
 トッタベツ川沿いの林道について
atreyuさん、初めましてsagar6と申します。
ピリカペタヌ沢お疲れさまでした。
すいません。トッタベツ川沿いの林道はさらに奥まで行けそうでしょうか?
その奥にはエサオマンや神威岳があるので、林道状況が知りたいのです。
教えて頂ければ幸いです。
登録日: 2016/3/28
投稿数: 53
2019/7/9 19:54
 Re: トッタベツ川沿いの林道について
sagar6さん、こんにちは。
実は下山して着替えをしている時に、1台の車がエサオマンの方に向かって走っていきました。
その車がどこまで行けたのはかわかりません。
エサオマントッタベツ川林道の様子が気になるところですが、
北海道森林管理局十勝西部森林管理署の4月16日更新のHPを見たら
「戸蔦別川林道の通行止め箇所からエサオマントッタベツ川林道起点まで7.4キロメートル」は通行できないようなことが書かれていました。
登録日: 2015/7/25
投稿数: 6
2019/7/10 6:35
 Re[2]: トッタベツ川沿いの林道について
atreyuさん情報ありがとうございます。
一度偵察に行けたらと思っています。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ