また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1926417 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

会津駒ヶ岳 〜南会津の山旅機 ̄中、訳も無く欲す〜

日程 2019年07月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候ひたすら雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
北千住駅発24:10(尾瀬夜行23:55、5,860円)会津高原尾瀬口駅着3:20(仮眠)、発4:32(専用バス)駒ヶ岳登山口バス停着5:35

駒ヶ岳登山口バス停発13:37(会津バス、1,760円)会津高原尾瀬口駅着15:10
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間39分
休憩
41分
合計
7時間20分
S会津駒ヶ岳登山口05:3806:04会津駒ヶ岳滝沢登山口06:1406:47ヘリポート跡07:40水場09:16駒ノ池09:38会津駒ヶ岳09:4110:01駒ノ池10:0511:09水場11:49ヘリポート跡12:15会津駒ヶ岳滝沢登山口12:33会津駒ヶ岳登山口12:5712:58駒ヶ岳登山口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報会津高原尾瀬口駅から5分の老舗旅館「三滝温泉」。0241-66-2313。
貸切温泉、部屋でゆっくり食べる夕食、部屋から眺める三つの滝。

写真

尾瀬夜行で会津高原尾瀬口駅に到着後、沼山峠行き専用バスに乗車する。発車待ちの間にスパッツ、雨具を装着した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬夜行で会津高原尾瀬口駅に到着後、沼山峠行き専用バスに乗車する。発車待ちの間にスパッツ、雨具を装着した。
3
登山口バス停では、各バスから5,6名が降車した。期待に反して予報どおり、小雨が降っている。やがて9時過ぎには本降りになるのだろう。できるだけ進んでいたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口バス停では、各バスから5,6名が降車した。期待に反して予報どおり、小雨が降っている。やがて9時過ぎには本降りになるのだろう。できるだけ進んでいたい。
2
30分の車道歩きののち、登山口に到着。途中、ショートカットの入口を見落とした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分の車道歩きののち、登山口に到着。途中、ショートカットの入口を見落とした。
2
急登が続く。早くも夜行の疲れを感じ始めた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が続く。早くも夜行の疲れを感じ始めた。
2
歩き始めの厳しい1時間を乗り越え、何とかペースを掴む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めの厳しい1時間を乗り越え、何とかペースを掴む。
2
まだこの程度の雨ならば良しとすべし。前後の間隔は定まり、静かな山歩きを楽しめるようになった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだこの程度の雨ならば良しとすべし。前後の間隔は定まり、静かな山歩きを楽しめるようになった。
3
時折遠望の利く場所も現れるが。早く森林帯を抜けたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折遠望の利く場所も現れるが。早く森林帯を抜けたい。
2
今日は道端の花に目がゆく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は道端の花に目がゆく。
5
午前9時、ようやく湿原に出た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前9時、ようやく湿原に出た。
6
音の無い空間、何よりの癒し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音の無い空間、何よりの癒し。
6
すぐ近くの池塘も霞む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ近くの池塘も霞む。
4
駒の小屋が霧の中に浮かび上がった。昨年の今頃は、熱にうなされながら、いるはずだったこの場所を夢見ていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒の小屋が霧の中に浮かび上がった。昨年の今頃は、熱にうなされながら、いるはずだったこの場所を夢見ていた。
7
傍らに水芭蕉の花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傍らに水芭蕉の花。
6
会津駒山頂には9時40分到達。きっかり4時間の登りだった。当然ながら何も見えない。団体が陣取っていたため、撮影後すぐに辞す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒山頂には9時40分到達。きっかり4時間の登りだった。当然ながら何も見えない。団体が陣取っていたため、撮影後すぐに辞す。
13
駒ノ池も雪に隠されたまま。小屋に寄ろうか迷ったが、根が生えてしまいそうなので、そのまま出発した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ノ池も雪に隠されたまま。小屋に寄ろうか迷ったが、根が生えてしまいそうなので、そのまま出発した。
3
名前わからないけど美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前わからないけど美しい。
6
2時間あまりの下山、すっかり本降りとなった。後半、嫌になるほど長かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間あまりの下山、すっかり本降りとなった。後半、嫌になるほど長かった。
2
帰りは、しっかりとショートカットを通る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは、しっかりとショートカットを通る。
2
往路見落とした入口はここに在った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路見落とした入口はここに在った。
2
登山口に在るトイレ前には、洗い場がある。これで泥だらけの靴でバスに乗らずに済む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に在るトイレ前には、洗い場がある。これで泥だらけの靴でバスに乗らずに済む。
1
路線バスは15分遅れでやってきた。ここから1時間30分のバス旅が始まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路線バスは15分遅れでやってきた。ここから1時間30分のバス旅が始まる。
2
車中の十分な睡眠を経て、お決まりの。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車中の十分な睡眠を経て、お決まりの。
8
老舗旅館「三滝温泉」は、川沿いにひっそりと佇む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
老舗旅館「三滝温泉」は、川沿いにひっそりと佇む。
4
客室「三の滝」は6畳+板間、眼前に滝を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
客室「三の滝」は6畳+板間、眼前に滝を望む。
6
貸し切り温泉は少し熱め、のんびり、ゆっくり解けてゆく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貸し切り温泉は少し熱め、のんびり、ゆっくり解けてゆく。
8
部屋でゆったり食べる山菜、魚料理は、格別だった。明日に備え、20時には布団に逃げ込んだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部屋でゆったり食べる山菜、魚料理は、格別だった。明日に備え、20時には布団に逃げ込んだ。
14

感想/記録

 尾瀬に向かうのは7度めだが、尾瀬夜行に乗るのは初めてだった。数年前から特急車両に変わったため、眠りやすくなったそうだが、まあ、昔の国鉄夜行急行を思えば大抵の車両は快適である。久しぶりに訪れた北千住駅で右往左往しながら出発を待った。
 それにしても絶望的な予想天気図。Tenki.jp、お天気ナビゲータ、てんきとくらす、どのサイトを見ても晴れないことだけは間違いなかった。霧雨の中、静かな湿原を進む姿が思い浮かぶ。
 午前3時20分、会津高原尾瀬口駅には定刻どおり到着、30分あまりを車中で過ごす。レジ袋の音とジッパー音が共鳴し始める頃、専用バス到着のアナウンスが流れた。150名が3台に分乗、尾瀬沼山峠行バスは15分遅れで出発した。
 会津駒ヶ岳登山口では、各4、5名が降車した。小雨が降りしきる中、ゆっくりと歩き始めた。しっかり舗装された車道は緩やかに高度を上げて行く。途中、ショートカットの入口を見過ごしたため大きく迂回したが、駐車場に着く頃にはちょうど良い状態に仕上がった。
 
 いきなりの急登で始まる。すぐに体力の低下を感じ始めた。往復1時間の徒歩通勤、20分の自宅ストレッチだけでは維持できない年齢なのだろう。1か月後の山行を見直すのは悲しい。試金石とすべく、ピッチを上げてみることにした。
 幸い、防水効果の薄れてきた雨具でも凌げるほどの雨だった。森林帯の中、風も無い。呼吸を整えつつ黙々と進んだ。1時間が経過した頃、ようやく納得のゆく歩みができるようになった。静けさを全身で感じ、冷ややかな空気に触れることを楽しめるようになった。
 中間地点の水場には、予定どおり到着、ほとんど雨は降っておらず、気力は充実していた。時折、晴れていれば遠くの山々も見渡せる場所で足を止め、一呼吸置く。耳を澄まし、小さな音を拾い、森と雨の匂いを味わった。何より、大好きな尾瀬の山にいることが嬉しかった。
 やがて植生が変わり、開かれる予感がする頃、雨脚が強まった。1時間ごとの予報どおりである。ここまで当たる必要は無い。ぶつぶつ言いながら先を急いだ。そしてそれは不意に姿を現す。湿原の中の木道、午前9時、そこに相応しい光景が眼前に広がっていた。後続との間隔は大きく、しばらく池塘と傍らの花を見つめていても静寂を破られる心配は無かった。

 駒ノ池にはまだ多くの雪が覆いかぶさっており、霧深く遠望叶わないため、5月の残雪期に登ってきた錯覚を覚えた。うっすらと浮かび上がる駒の小屋のシルエットが美しい。惹かれそうになったが、予定どおり山頂往復後に寄ることにした。
 残雪は思いのほか多く、ほぼ中央を進んだ。その後、木階段を経て中門岳への巻道分岐を通過する。ほどなく山頂の賑わいを感じ始めた。賑わい?こんな天候の下、多くの人の声、ツアー団体が狭い山頂でひしめいていた。標柱を撮影し、早々に辞する。これではまるで百名山ハンターだが仕方がない。
 駒ノ池まで戻り、しばらく考えたが、本降りの雨と復路の泥濘を思い、駒の家に寄ることは諦めることにした。昨年、この海の日連休に早くから予約を入れていたのに、高熱に阻まれ断念した記憶が重なった。
 登り同様、コースタイムどおりに無難に下りられれば今日は良しとしよう。バスの通過までは十分な時間があったが、濡れた木道や石車に注意しながら早足に努めた。先刻歩いた単調な道、ひたすら降り続く雨、予想よりもはるかに長い時間の果て、ようやく登山口(駐車場)に到着した。往路逃したショートカットの道に入る。下りに使うには良いかもしれない。

 登山口バス停手前のトイレには12時30分に到着した。結局コースタイムに等しい時間を要して下山したことになる。8月の山旅は、予定どおり行こう!そうつぶやきながら、庇の下で身繕いを行った。靴の泥を落とし、雨具を畳み、傘を開く。これからの楽しい時間を思い浮かべた。
 およそ1時間30分のバス旅、ほとんど眠っていた。やはり尾瀬夜行の3時間睡眠では足りない。駅併設の食堂で、下山後一つ目のお楽しみを味わい、今日の宿に向かう。雨は上がり、今にも陽射しが現れそうだった。
 三つの滝を前にしたその宿は、想像以上に静かで気持ちの良い時間を提供してくれた。湯船に身を沈め、いつの間にか絡まった糸を1本1本解いて行く。日常を完全に忘れることなどできないが、雨中欲していたものが何なのか、わかったような気がしていた。
訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ