ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 20033 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

燕山荘ケーキハント

日程 2006年09月30日(土) 〜 2006年10月01日(日)
メンバー
 kumoninoru(食事)
 yu-ziro-(食事)
 yoshixi(CL)
天候9月30日:晴れ
10月1日:曇りのち雨

コースタイム [注]

登り:4時間30分
下り:3時間30分
コース状況/
危険箇所等
紅葉は、7割程度(10/01現在)
最盛期は、平年より遅く体育の日前後(小屋番情報)
過去天気図(気象庁) 2006年09月の天気図 [pdf]

写真

紅葉は7割程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は7割程度
紅葉の中の登山はきもちいいいいいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の中の登山はきもちいいいいいい
燕山荘と燕岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘と燕岳
槍と小槍と極小槍(?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍と小槍と極小槍(?)

感想/記録

前回、日帰りで燕山荘に行ったとき、小屋番に
「10月ぐらいになれば暇になるから、小屋泊まりでおいで」
といわれたので、
ただ小屋に泊まりに行くだけではおもしろくないので、
10月ぐらいに何かないかな〜とあさってみたら、
ケーキフェアをやってるではないですか!!!
ケーキ食べ放題、ドリンク(コーヒーor紅茶orミルク)1杯ついて1200円となれば行くしかない!!!
で、行ってきた。

前夜発で夜(?)の2時に中房温泉に到着。
第一駐車場に空きがあるものの、すぐにいっぱいになりそうな勢い。
最盛期にはどうなるものか。。。。恐ろしい。。。。と考えながら、仮眠をとる。

朝6時、起きてみると寒い。天気は、まあまあ。
寒い中、意を決して旅の支度をする。空も明るくなり周りが見えてくる。紅葉はまだまだ。
紅葉とケーキを求めて登って行こう。

合戦小屋までの紅葉はまだまだだが、時折見える上の景色はちらほらと紅葉し始めていた。おのずと期待が膨らむ。
合戦小屋にいるとケーブルカーが動き出す音が聞こえる。そして、ケーブルカーが上がってくる。ガスと一緒に。。。。
景色を堪能したいのでガスよりも早く登ろうと決意するが、やはり無理である。
合戦の頭に着くころには、ガスに包まれる。が、ときどきガスが晴れ、燕山荘や槍が紅葉に燃えた木々の先に見える。
晴天の山行よりもテンションが上がる気がする。

そんなこんなで、簡単に燕に着いてしまった。
すぐに、燕山荘の受付を済ます。
寝る場所は、本館の階段上がってすぐ右。階段の横、足音が一番うるさいところ。
ここで、みんな別行動。一人は燕山頂へ、一人は仮眠。そして私は、サンルームへ。そのときの時刻11時半。

サンルームにてケーキ食べ放題を注文。サンルーム終了の17時まで食べ放題と言われる。ざっと、5時間半。ケーキ食べ放題。
ケーキは全部で10種類。今まで、最高記録は8個。よし、目標10個。
1個目を注文。おいしくいただく。2個目もおいしく。3個目も。。。。
4個目、きついです。しかもチョコレートケーキ。。。重い。
ここで、小屋の周りを散歩。小屋を2周してまた戦場へ戻る。
ここで作戦を練る。重たいものを先に済まそう!!
次は、強敵チョコレートモンブラン!!!
ホントに強敵。なんとか倒した後は、私の難敵。レアチーズケーキとベークドチーズケーキ。チーズは得意じゃありません。
なんとか難敵の2人を倒した、これで7個食った。
やっぱりきつい。また小屋の周りを2周。
のこるは、ストロベリーケーキ、ブルーベリータルト、ミルクレープ。先の2つは、さっぱりしていて食べやすそう。後者は、つらそうだ。クレープの間に生クリームがたっぷりだ。
ミルクレープを食べれる自身がない。とりあえず、記録を目指して軽いやつをいこう。これさえ食えば9個だ。
やはり、軽い。簡単に9個達成。新記録だ。
しかし、きつい。最後がきつい。
小屋の周りをくるくる回る。最後だから雰囲気を変えるため外で食べてみる。
これが成功。食べきった。
10個くったど〜〜〜〜。うぷっ。。。

同行者もその後、10個完食。
負けず嫌いの彼は、更に1個食べようとする。しかも、食べきってるし。
私の負けです。降参です。
その時点で15時。夕飯まであと2時間。食えるのか?

ぶらぶらと過ごしていると、夕飯の時間になっている。
これがなぜか、ご飯が入る。
その後は、夕焼けから夜景を楽しみ。ケンジ君のありがたい話を聞いて(私は聞かずに、外で生ビールを飲んでいた)、就寝時間。
そう、これからは小屋番の時間。ぼっかしてきた大雪渓(1.8L)と一升瓶のぶどうジュースを持って厨房へ。
呑んで、昔話をして、酔っ払ったケンジ君にからまれて。。。。夜はふけていった。

翌朝、若干の二日酔い。これはいつものことだから、計画通り燕を越えて東沢を降りよう。
しかし、同行者がひどい二日酔い。朝飯も食べれないぐらい。
しかたないので、同行者が回復するまで苺ミルクを飲んで待つ。
回復しないので、無理やり降ろす。
下山するごとに少しづつ回復する。しかし、雨が降り出す。
なんとか下山。有明荘の風呂に入ってうだうだと。

その後は、安曇野の蕎麦屋に。前回行ったときは馬もつがあり、うまかったのでもう一度食べたかった。が、なかった。
しかたないので、馬刺しを注文。さらに、あなご天そばを注文。
ななな、なんとアナゴがでかい。一匹丸ごと天ぷらに。しかもいい具合に揚がっている。
今回は、うまいもん食えてよかったよかった。
訪問者数:5422人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ