また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2030741 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

稲荷山コース( コースタイムと自転車効果 )高尾山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年09月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車
自宅(23区内)から自転車で自走、途中にデポ、そして徒歩。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

甲州道中 - 高尾山口駅 - 清滝( 6:28 )- 稲荷山( 6:48/ 6:50 ) - 高尾山山頂( 7:14 ) - 薬王院 - 十一丁目 - 二本松 - 二軒茶屋登山口
コース状況/
危険箇所等
前回、1号路で、自転車でのエクササイズ的な効果を試してみました。

(1号路=都道189号線は舗装路。クッション性の低い舗装路歩きは膝にくるという意味ではハード、それで1号路でのテスト山行でした。)

今度はより山道な稲荷山コースで再度トライ、タイムを計ります。

前回から2週間が経過、大きく異なるのは天候。前回は真夏日な残暑。今回は曇り後晴れ、気温20度前後という低山歩きにはベストな天候。

先月2000km走り、今月もこの日の時点での走行距離は1000kmを超えてる。その効果を見極めようという山行です。

以下、画像で説明。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 自転車

写真

では、今週末の早朝サイクリング。高尾駅に5:30。日の出直前。23区内から高尾駅まで自転車で、私の場合、たいていは2時間見れば十分。この後、高尾山口駅を目指し、デポの算段と軽食。その時点で約42km走行。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、今週末の早朝サイクリング。高尾駅に5:30。日の出直前。23区内から高尾駅まで自転車で、私の場合、たいていは2時間見れば十分。この後、高尾山口駅を目指し、デポの算段と軽食。その時点で約42km走行。
清滝。まずは清滝で水垢離。頭から滝を浴びる、しばし瞑想で垢穢を落とす。まるで目が覚めるよう!? 入山に際しての水垢離は、古来の正式な入山方法。たとえば古神道では、山ママが信仰の対象。特に修験でなくとも、清めの水垢離は必須的(ちなみに行では、滝水ママに仏を感じ、それに浴することにより成仏する道)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝。まずは清滝で水垢離。頭から滝を浴びる、しばし瞑想で垢穢を落とす。まるで目が覚めるよう!? 入山に際しての水垢離は、古来の正式な入山方法。たとえば古神道では、山ママが信仰の対象。特に修験でなくとも、清めの水垢離は必須的(ちなみに行では、滝水ママに仏を感じ、それに浴することにより成仏する道)。
取り付き6時28分。稲荷山に6時48分。20分ジャスト。まず都心方面の展望を写真におさめ、そしてカロリー補給で、2分後に出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き6時28分。稲荷山に6時48分。20分ジャスト。まず都心方面の展望を写真におさめ、そしてカロリー補給で、2分後に出発。
7時14分、高尾山山頂。24分、トータルで44分。都心方面の展望。先ほどの稲荷山での展望よりも、だいぶ空が明るくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時14分、高尾山山頂。24分、トータルで44分。都心方面の展望。先ほどの稲荷山での展望よりも、だいぶ空が明るくなってきました。
高尾山山頂より、展望は丹沢方面。手前は道志山塊、富士はガスガス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山山頂より、展望は丹沢方面。手前は道志山塊、富士はガスガス。
山頂から富士道経由で飯縄大権現社。ちょうど天候も回復。少しづつ青空が広がり始める。すでに普段の逍遥ペースに、タイムは無視。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から富士道経由で飯縄大権現社。ちょうど天候も回復。少しづつ青空が広がり始める。すでに普段の逍遥ペースに、タイムは無視。
そして1号路を下ります。1号路の魅力は、歴史ある本参道であり、史跡が豊富な点でしょうか。たとえばこれは北原白秋歌碑、「我が精進 こもる高尾は 夏雲の 下谷うづみ 波となづさふ」。1帖ほどの大きなもので、60年代当時、まだ未舗装の1号路を、Jeepに積んで、ここまで運んだそうです。ちなみに稲荷山コースは新道(最も新しい道になる)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして1号路を下ります。1号路の魅力は、歴史ある本参道であり、史跡が豊富な点でしょうか。たとえばこれは北原白秋歌碑、「我が精進 こもる高尾は 夏雲の 下谷うづみ 波となづさふ」。1帖ほどの大きなもので、60年代当時、まだ未舗装の1号路を、Jeepに積んで、ここまで運んだそうです。ちなみに稲荷山コースは新道(最も新しい道になる)。
十一丁目の展望。雲は目立つも、昼前にかけてまあまあな晴天。ここから琵琶滝道で二軒茶屋に下山しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十一丁目の展望。雲は目立つも、昼前にかけてまあまあな晴天。ここから琵琶滝道で二軒茶屋に下山しました。
いわゆる二本松、分岐。すでに松はなし? ここは琵琶滝との分岐で、この道が古い琵琶滝への道。現在、琵琶滝に進む6号路は新道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いわゆる二本松、分岐。すでに松はなし? ここは琵琶滝との分岐で、この道が古い琵琶滝への道。現在、琵琶滝に進む6号路は新道です。
中里介山の妙音谷草庵跡前を通過(小説「大菩薩峠」の執筆が行われた)、二軒茶屋に到着。無事下山・・・が、すべて自走なスタイルは、無事帰宅すなわち下山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中里介山の妙音谷草庵跡前を通過(小説「大菩薩峠」の執筆が行われた)、二軒茶屋に到着。無事下山・・・が、すべて自走なスタイルは、無事帰宅すなわち下山?
今回もこの実用車でのサイクリング山行。約24kgの鉄の塊、ギヤ比2.23のシングルスピード走行。ザック約6kg(自転車用工具が重い)。ストックは、日本古来の伝統的な山旅スタイルの一本杖。そしてまた42km漕いで帰ります。ちなみにこの翌日の早朝も、50kmほど走りました。身体に合う、セットの出たサイクリング車は楽なのでしょう、インターバル不要なのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回もこの実用車でのサイクリング山行。約24kgの鉄の塊、ギヤ比2.23のシングルスピード走行。ザック約6kg(自転車用工具が重い)。ストックは、日本古来の伝統的な山旅スタイルの一本杖。そしてまた42km漕いで帰ります。ちなみにこの翌日の早朝も、50kmほど走りました。身体に合う、セットの出たサイクリング車は楽なのでしょう、インターバル不要なのです。

感想/記録

出発前に約1500カロリー摂取、高尾山口駅で約370カロリー摂取、稲荷山で約100カロリー摂取(アリナミンのゼリー)、山頂で約520カロリー摂取、下山後に約560カロリー摂取、1日トータルでは約4000カロリー摂取。

残り少ない50代、どれほどのものか知りたかったので、タイムを意識して、特に清滝-稲荷山-山頂はスタスタ進んでます。

息は荒い、呼吸は深いが、呼吸のテンポは安定。バテることもなく、一定のペースで歩けました。

取り付きまで42km走行後に、ストック1本に6kgのザック、トレランではないんで普通のトレッキングブーツ。

それで山頂まで44分は、やはり日頃の自転車効果があると思えるのですが、いかがでしょう。

ポイントは、体力的には他所様よりも劣る点。けして馬力のあるスポーツマンタイプではない。

つまり体力に自信のない四捨五入60が、自転車でエクササイズ的に走り込むと、すると44分はまあまあな平均値?

体力に自信のある方、もしくは若い方は、清滝-山頂は30分ほどで登られているのでしょうか?

あと、この日トータルで約4000カロリー摂取ですが、またもや足りてないんじゃないかと?

もっと食ったほうがいいのはわかってるんですが、歳とともに食が細くなり、これでも頑張って食ってるつもり。

自転車+山行というスタイルは無茶苦茶カロリー消費するようで、1日4000カロリー摂取でも体重が落ちることも常々。

特に連日走り込むと、ダイエットどころじゃないというか、食っても食っても痩せるような感覚? まるで痩せるために食ってる?

(本来、太りやすい体質なのですが...Hmm 大袈裟に、身の危険をも感じるんで、それなりに栄養バランスを心掛けてます。)

それでもこんなスタイルの山行をつづけるのは、やはり環境破壊を鑑み、たとえば自動車また列車に頼ることのない、自転車でのアプローチは(総体として)環境へのインパクトが低いからです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:377人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ