また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2045460 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

大台ヶ原(東大台コース)

日程 2019年09月30日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り一時雨
気温:16℃〜18℃
この時期にしてはちょっと異常で昼間18〜20℃くらいで暑かったです
真夏装備のTシャツ1枚で歩いてました。
通り雨があったのですが、ちょっと濡れて気持ちいいくらいでした
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大台ヶ原無料駐車場(200台)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間22分
休憩
3時間55分
合計
8時間17分
S大台ケ原駐車場04:5204:55大台ケ原ビジターセンター05:25展望台分岐05:3005:36大台ヶ原山06:1406:18展望台分岐06:2406:57「心・湯治館」08:2008:20大台ケ原駐車場08:51展望台分岐09:0109:43正木ヶ原09:5010:01尾鷲辻10:1410:19本ゴヤ嶺10:31牛石ヶ原10:34大蛇分岐10:3510:42大蛇10:5911:05大蛇分岐11:1211:48シオカラ谷吊橋12:3613:08大台ケ原駐車場13:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■ 危険箇所なし
■ 登山ポスト:駐車場に2か所
■ トイレ:駐車場のみ
■ 熊注意の看板あり
■ ヒル:谷へ降りるといそうですが、見かけなかった
■ ケータイ電波状況:弱いですが、意外に入りました(SB)
その他周辺情報温泉は国道に数か所あります(今回はスルー)
コンビニが遠いです(帰り道、最初のコンビニまで約2時間かかりました)
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

前泊した心・湯治館
なかなか良い小屋です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前泊した心・湯治館
なかなか良い小屋です
日曜15時頃の駐車場
時期外れ?なのか空いてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日曜15時頃の駐車場
時期外れ?なのか空いてます
ご来光登山、日出が岳山頂まで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光登山、日出が岳山頂まで
太平洋からの日の出
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太平洋からの日の出
あっちは大峰の山々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちは大峰の山々
改めて出発、また山頂へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改めて出発、また山頂へ
日出が岳山頂
3回目はパス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日出が岳山頂
3回目はパス
これぞ大台ヶ原(^^)/~~~
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これぞ大台ヶ原(^^)/~~~
あっちの山もいいなあ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちの山もいいなあ
大蛇
テカテカの岩が滑りそうで怖い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大蛇
テカテカの岩が滑りそうで怖い
大蛇瑤寮茲ら振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大蛇瑤寮茲ら振り返る
シオカラ谷吊橋
絶好の休憩ポイントです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シオカラ谷吊橋
絶好の休憩ポイントです
シオカラ谷
この後は雨が降り出したので写真はなし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シオカラ谷
この後は雨が降り出したので写真はなし

感想/記録

本当は泊りで御嶽へ行く予定でしたが、どうも29日が天候イマイチの予報だったので、あきらめてました。
でも、30日は何とかなりそう、なので急遽、全然方向違いの大台ヶ原に切り替えました。
ただ、愛知からだとかなり遠いというか、アプローチ時間がかかりそうなので、前日ゆっくり出発して現地入りして小屋泊、翌日に歩くという変則的な山行にしました
ちなみに、大台ヶ原唯一の宿泊施設の「心・湯治館」、古びたコンクリート建てで建物はイマイチですが、夕食は牡丹鍋(イノシシ肉)とアマゴ(川魚)の焼物という豪華なものでした。
ちなみに風呂あります・トイレは水洗です。
この日の宿泊者はたった6人でした。
夜、天気が良ければ屋根の上で星空観賞会をやってくれるとのことで期待してたけど残念、曇り空でした。
----------------------------------------------------------------------------
夜はずっと曇ってたから、ご来光は期待できないな、と思いながらも一応日出ヶ岳山頂へ(約40分)
ところが意外、雲間から朝日が昇ります。
山頂にいるのは僕ら二人だけ、太平洋からの日の出を独占しました。
一旦、小屋へ戻って朝食を取ってから東大台コースへ出発。
最初はまた日出ヶ岳へ向かいますが、実は前日にも散歩がてら来てるので、さすがに3回目はパス。
ここから正木ヶ原までの間がいかにも大台ヶ原という景色です。
そして左は太平洋、右は大峰奥駆道の山並み、来てみてよかった。

ただでさえ亀足なのに、景色見てはしゃぐ、写真撮りまくる、図鑑出して木の種類調べる、説明看板よく読む、なんてことやってると時間がかかります。
ましてや、「尾鷲辻」なんて地名は当然尾鷲へ行く道の分岐だろ、なんて地図出して調べたりしてるから遅い遅い。
(最近はいつもこんな感じです。コースタイム参考になりません)

正木ヶ原・牛石が原と回って(何も予習してないので由来とかわからん)このコース2つ目の見どころ?大蛇瑤任后
ここ、怖いです。高いとこは好きなんだけど、擦れてテカテカになった馬の背の岩場は初めて。両横の鎖がなかったらよう行かん。ましてや濡れとったら絶対パス。
しかし、紀伊山地って山が深いですね〜。
飛騨とか木曽の奥山は知ってますが、何かしら人の手が入ってます。
それに引き換え、紀伊は一つ一つの谷が深い感じで、人の気配がない感じです。
大蛇瑤らの景色を見て改めて感じました。

さて、ここからは大きく谷へ下ってシオカラ谷の吊橋(ここ、絶好の休憩ポイントです)を経て、また登りかえして出発地点の駐車場に戻ります。

そういえば、シオカラ谷近くでシカを見かけましたが、さすが奈良県?逃げません。それが果たして良いことなのかどうかは疑問ですが。

ちなみに、この東大台コースの歩く方向は、日出ヶ岳から正木ヶ原のかけての下り階段を、太平洋を眺めながら歩くのが正解のようで、コース案内どおりがいいようです。

----------------------------------------------------------------------------
以前から気になってた大台ヶ原、突然の思いつきだけど、行ってみてよかったです。
本当は大杉谷とセットで歩きたいところですが、それはまたの機会。
大峰山も行ってみたいしなあ・・・
次来るときは、「西大台コース」というのも歩きたいです。
(この西大台コースは人数制限があり、予約制で、入山料もかかり敷居が高いと思ったら、駐車場横の物産館で当日申込できるようです)




訪問者数:74人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ