また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2061795 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 妙高・戸隠・雨飾

権現岳・鉾が岳・金冠(柵口登山口から溝尾登山口縦走)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年10月14日(月) [日帰り]
メンバー
天候小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
権現岳の柵口登山口に車で入り、スタート。縦走して、鉾が岳の溝尾登山口に降りて、そこから林道→県道→林道を歩いて(約2時間)、元の柵口登山口に戻りました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間10分
休憩
17分
合計
8時間27分
Sスタート地点05:3206:43胎内洞06:5507:25権現岳08:27トッケ峰08:2909:25鉾ヶ岳09:41大沢岳09:4210:00金冠山10:0213:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
金冠あたりで、ログが「ハングアウト」で途切れてしまいました。スマホが濡れたことが原因のようです。山の中から林道に出た「溝尾登山口」からログを再開できたのですが、金冠~溝尾登山口までのログが途切れています。
コース状況/
危険箇所等
権現岳への登りと、金冠からの下りは、垂直に近い岩場が連続していて、中々大変でした。すべてしっかりしたロープがついていて、緊張しながらも楽しく突破できました。連続しますが、全体の距離があまり長くなく「短期決戦」と感じました。金冠を降り始めたところからすぐに始まる、垂直に近い下り・ロープ付のコースは100mあるかも、というくらい一気に連続して続きましたが、ここを突破すれば、あとは、厳しい場面はほとんど出てこなくて、助かりました。
その他周辺情報柵口温泉の権現荘で、温泉に入りました。料金510円。
露天風呂からは、能生川が目の前に見れて、よかったです。ただし、この日は台風後の濁流で、茶色い水流でしたが。
権現荘で温泉につかった後は、海の近くの能生の街の中にいって「あさひ楼」のラーメンを食べました。こってり気味ですが、とてもおいしいです。「あさひ楼」か「浜寿司」(寿司屋だけどラーメンが食べられる)か、迷いましたが、どちらもおいしいです。
権現岳登山→柵口温泉→ラーメンは「ゴールデンルート」です。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

柵口登山口です。水場がありました。
2019年10月14日 05:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵口登山口です。水場がありました。
車は3台くらい停められるスペースがありました。ここから登山道に入っていきます。
2019年10月14日 05:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車は3台くらい停められるスペースがありました。ここから登山道に入っていきます。
すぐ先に、「登山道入口」の案内棒があり、ここから山登りスタート!(このときは、雨は降ってなかったのですが、途中から雨が降ってきて、結局、降ったり止んだりの、小雨の中の登山になりました。)
2019年10月14日 05:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ先に、「登山道入口」の案内棒があり、ここから山登りスタート!(このときは、雨は降ってなかったのですが、途中から雨が降ってきて、結局、降ったり止んだりの、小雨の中の登山になりました。)
まだ薄暗い中を、やや坂道を上がっていきます。
2019年10月14日 05:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ薄暗い中を、やや坂道を上がっていきます。
白滝の案内棒があるところからの風景。
2019年10月14日 06:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白滝の案内棒があるところからの風景。
歩きやすい道も出てきます。
2019年10月14日 06:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道も出てきます。
ついに、ロープが出てきました。
急なところのすべてに丁寧に、きちんと整備されているロープがついていました。
2019年10月14日 06:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに、ロープが出てきました。
急なところのすべてに丁寧に、きちんと整備されているロープがついていました。
わらじ脱ぎ場
2019年10月14日 06:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わらじ脱ぎ場
ロープありますが、足場はあり、安心。
2019年10月14日 06:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープありますが、足場はあり、安心。
胎内洞の入り口。
2019年10月14日 06:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内洞の入り口。
胎内洞を出て、出口を振り返ったところ。石の中を、ロープを辿って、一生懸命潜り抜けていくと、出ました!
写真はないですが、この胎内洞を出た直後の、ロープがある岩登りをするところが、足がかりが弱く、苦労しました。自分なりには、ここが、この登りコースの核心部と感じました。
2019年10月14日 06:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内洞を出て、出口を振り返ったところ。石の中を、ロープを辿って、一生懸命潜り抜けていくと、出ました!
写真はないですが、この胎内洞を出た直後の、ロープがある岩登りをするところが、足がかりが弱く、苦労しました。自分なりには、ここが、この登りコースの核心部と感じました。
ロープが続きます。
2019年10月14日 06:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープが続きます。
天狗屋敷
2019年10月14日 06:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗屋敷
はさみ岩
2019年10月14日 06:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はさみ岩
はさみ岩
2019年10月14日 06:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はさみ岩
白山権現
2019年10月14日 07:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山権現
木の根もよく出ている尾根道。
2019年10月14日 07:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根もよく出ている尾根道。
権現岳につきました!
小雨の中になってしまい残念。ヤマレコの記録で「同じところを降りたくないから、先に行った」というメモがありましたが、そうだな、、と自分も思いました。
下りの急坂が、どんなところか実際には知らない段階でしたが。
振り返ってみると、金冠から下ったロープ付きの岩場は、連続して長かったですが、一気に下れる「短期決戦」の性格が強く、こっちの方が下りやすいかなとも感じました。
断続的に、たくさん出てくる権現岳のまでの道も、苦労しながら下る、という手も、当然ですが、ありかと思いました。
2019年10月14日 07:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳につきました!
小雨の中になってしまい残念。ヤマレコの記録で「同じところを降りたくないから、先に行った」というメモがありましたが、そうだな、、と自分も思いました。
下りの急坂が、どんなところか実際には知らない段階でしたが。
振り返ってみると、金冠から下ったロープ付きの岩場は、連続して長かったですが、一気に下れる「短期決戦」の性格が強く、こっちの方が下りやすいかなとも感じました。
断続的に、たくさん出てくる権現岳のまでの道も、苦労しながら下る、という手も、当然ですが、ありかと思いました。
1
これから進む トッケ峰
2019年10月14日 07:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む トッケ峰
鉾が岳と金冠
2019年10月14日 07:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉾が岳と金冠
こんな道が続きました
2019年10月14日 08:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道が続きました
トッケ峰が近づいてきました
2019年10月14日 08:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トッケ峰が近づいてきました
トッケ峰
2019年10月14日 08:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トッケ峰
鉾が岳に向かいます。比較的歩きやすい、尾根歩きと、ダウン&アップでした。
2019年10月14日 08:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉾が岳に向かいます。比較的歩きやすい、尾根歩きと、ダウン&アップでした。
金冠が近くなってきました
2019年10月14日 09:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金冠が近くなってきました
1
雨のせいか沼地になったところもありました。
2019年10月14日 09:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨のせいか沼地になったところもありました。
沼地から登り返していくと鉾が岳まで、もう少しでした。
2019年10月14日 09:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼地から登り返していくと鉾が岳まで、もう少しでした。
1
鉾が岳山頂。
2019年10月14日 09:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉾が岳山頂。
小屋の脇から見えるのが、大沢岳に向かう道です。
2019年10月14日 09:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の脇から見えるのが、大沢岳に向かう道です。
金冠が近くに見えます。あの先っぽに登れるのか、と楽しみ。
2019年10月14日 09:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金冠が近くに見えます。あの先っぽに登れるのか、と楽しみ。
大沢岳に向かいます。
2019年10月14日 09:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢岳に向かいます。
歩きやすい道
2019年10月14日 09:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道
やってきました金冠。頂上に向かってロープが真ん中にしっかり垂れていました。
ここから、ロープとりつきまでのナイフリッジは、2~3歩で、不安なく歩けるところでした。
そのあとの登りは、手掛かり、足がかりがばっちりで、これも不安なく登れました。
2019年10月14日 09:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やってきました金冠。頂上に向かってロープが真ん中にしっかり垂れていました。
ここから、ロープとりつきまでのナイフリッジは、2~3歩で、不安なく歩けるところでした。
そのあとの登りは、手掛かり、足がかりがばっちりで、これも不安なく登れました。
金冠頂上。
2019年10月14日 09:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金冠頂上。
金冠を降り始めると、ロープを使った急降下が裏切らずに待っていてくれました。100mくらい続くのか、ロープが重複しながら、途切れずにつながっていて、これを頼りに気合入れて下りました。
足場がうまくとれないところでは、全身つかった岩との摩擦で、ずりずりと、ロープを掴みながら降りていく、というところもあしました。
写真は、だいぶ下った下の方の岩場ですが、しっかりした足がかりが遠くて苦労して、下りの核心部分と自分が感じたところです。
連続ロープの急降下がはじまるところを見て、ロープを長く握ってすべっていくシーンが多そうだと考えて、素手でロープとすれて擦過傷になったらまずいと思い、ここで手袋をつけました。正解だったと思います。
2019年10月14日 10:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金冠を降り始めると、ロープを使った急降下が裏切らずに待っていてくれました。100mくらい続くのか、ロープが重複しながら、途切れずにつながっていて、これを頼りに気合入れて下りました。
足場がうまくとれないところでは、全身つかった岩との摩擦で、ずりずりと、ロープを掴みながら降りていく、というところもあしました。
写真は、だいぶ下った下の方の岩場ですが、しっかりした足がかりが遠くて苦労して、下りの核心部分と自分が感じたところです。
連続ロープの急降下がはじまるところを見て、ロープを長く握ってすべっていくシーンが多そうだと考えて、素手でロープとすれて擦過傷になったらまずいと思い、ここで手袋をつけました。正解だったと思います。
ロープの下の方。
2019年10月14日 10:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープの下の方。
歩きやすい道が大半となってきました。うれしい。
2019年10月14日 10:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道が大半となってきました。うれしい。
接続ルートまで50分の看板。
2019年10月14日 10:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
接続ルートまで50分の看板。
歩きやすい道
2019年10月14日 10:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道
もうすぐ分岐点の標識。
2019年10月14日 10:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ分岐点の標識。
歩きやすい道。
2019年10月14日 10:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道。
沢を渡る(またぐ)ところが、いくつか出てきました。
2019年10月14日 10:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡る(またぐ)ところが、いくつか出てきました。
ロープがあるトラバース。
転んでも、強烈な怪我はしそうにない、という安心もありました。
2019年10月14日 10:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープがあるトラバース。
転んでも、強烈な怪我はしそうにない、という安心もありました。
横尾登山口と、島道登山口の分岐。
2019年10月14日 11:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾登山口と、島道登山口の分岐。
歩きやすい道
2019年10月14日 11:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道
沢の向こう側に、ロープを使ったトラバースが待っていました。だいぶ下の方で、緊張するところはもうないと思っていたので、ちょっと驚きましたが、実際に、トライしてみると、意外と苦労なし、で進めました。
2019年10月14日 11:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の向こう側に、ロープを使ったトラバースが待っていました。だいぶ下の方で、緊張するところはもうないと思っていたので、ちょっと驚きましたが、実際に、トライしてみると、意外と苦労なし、で進めました。
ロープありのトラバース。続き部分。
2019年10月14日 11:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープありのトラバース。続き部分。
沢をまたぎました
2019年10月14日 11:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢をまたぎました
杉林に入ってきて、山から人里の雰囲気に。
2019年10月14日 11:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林に入ってきて、山から人里の雰囲気に。
溝尾登山口に到着。
2019年10月14日 11:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溝尾登山口に到着。
お疲れ様でした。
雨降らないで欲しかったな・・・
2019年10月14日 11:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
雨降らないで欲しかったな・・・
鉾が岳登山の入り口でした。
2019年10月14日 11:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉾が岳登山の入り口でした。
林道の入り口の看板。
2019年10月14日 11:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の入り口の看板。
ここからは林道を降りて、県道を通って、また林道を登って、車のおいてある柵口登山口まで歩きました。2時間少しでした。
2019年10月14日 11:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは林道を降りて、県道を通って、また林道を登って、車のおいてある柵口登山口まで歩きました。2時間少しでした。
林道に登山口まで「あと3キロ」の表示。下っているので、全体で4キロのうち、残りが1キロ、15分くらいで県道に到着かなと、推測できました。
2019年10月14日 12:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に登山口まで「あと3キロ」の表示。下っているので、全体で4キロのうち、残りが1キロ、15分くらいで県道に到着かなと、推測できました。
県道に到着。
2019年10月14日 12:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道に到着。
案内板。
2019年10月14日 12:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板。
県道から見た能生川は、濁流になっていました。
2019年10月14日 13:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道から見た能生川は、濁流になっていました。
柵口登山口の看板。
2019年10月14日 13:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵口登山口の看板。
県道からの林道への分岐。
2019年10月14日 13:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道からの林道への分岐。
イラストマップ。
2019年10月14日 13:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イラストマップ。
柵口登山口に戻る途中の林道からみた権現岳。墨絵でした。
2019年10月14日 13:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵口登山口に戻る途中の林道からみた権現岳。墨絵でした。
道が川になっていました。
2019年10月14日 13:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が川になっていました。
深くなって戻れなかったどうしよう、とも思いましたが、少しだけでした。
2019年10月14日 13:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深くなって戻れなかったどうしよう、とも思いましたが、少しだけでした。
登山口への入口表示。
2019年10月14日 13:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口への入口表示。
柵口登山口の駐車場まで戻ってきました。
よいトレーニングになりました!
2019年10月14日 13:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵口登山口の駐車場まで戻ってきました。
よいトレーニングになりました!
柵口温泉に入った後の、あさひ楼のラーメン。とてもおいしい!
2019年10月14日 16:13撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵口温泉に入った後の、あさひ楼のラーメン。とてもおいしい!
1

感想/記録
by akauma

ヤマレコの記録で予習して向かったのですが、権現岳の登りのロープ付の垂直の登り、金冠からロープ付きの垂直の下りが緊張しました。
今回は、小雨の中になってしまいましたが、晴れの日に歩いて楽しみたい!と思いました。(どこでも、そうかもしれませんが・・・)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:444人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ