また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2073125 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

大平林道( 高尾山 )台風19号の爪痕

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年10月24日(木) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
自転車
自宅(23区内)からパスハンター自転車で自走、途中にデポ、そして徒歩。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

高尾山口駅 - 稲荷山 - 林道分岐 - 大平林道 - 五十丁峠 - 小仏山 - 高尾山山頂 - 薬王院 - 神変山 - 十一丁目 - 二本松 - 二軒茶屋登山口
コース状況/
危険箇所等
台風後の大平林道の状況は、総体では(おおまかには)良好。通過時点では、今回のルートには通行禁止はありませんでした。

でも多少の崩落は見られるのと、ネックともなる難所が1箇所。特に難しくはないと感じましたが、低山歩きになれているのが前提です。

奥山の未舗装林道です、行楽向けの一般ルートではありません。基本的なルートファインディングが必要です。

で、ここは台風の影響以前に、メンテナンスの都合で度々通行止になる林道です。もしも通行止の標識が出ていたら、その際には潔く撤退で。

ちなみに大平という土地名、古くは"ダイダイラ"もしくは"ダイラ"というカナ表記が古地図などに見られます。

その他、詳細は画像にて。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 パスハンター

写真

稲荷山コースに取り付きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲荷山コースに取り付きました。
途中、稲荷山コースから林道分岐に進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、稲荷山コースから林道分岐に進みました。
1
大平林道。この時期はこんなものでしょう、例年通りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平林道。この時期はこんなものでしょう、例年通りです。
大平林道より初冠雪の富士を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平林道より初冠雪の富士を望む。
1
崩落。WTの林道であり、特に問題なく通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落。WTの林道であり、特に問題なく通過。
通年、水が出てる場所。いつもはチョロチョロなのに、台風の影響か依然水量多く勢いも。ほぼ小滝状態。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通年、水が出てる場所。いつもはチョロチョロなのに、台風の影響か依然水量多く勢いも。ほぼ小滝状態。
1
森林ふれあい館分岐。正面奥に見切れるのが森林ふれあい館。沢状態。林道上で、この分岐が、最も水が出ていました。谷戸地形であり、ここに集中するのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林ふれあい館分岐。正面奥に見切れるのが森林ふれあい館。沢状態。林道上で、この分岐が、最も水が出ていました。谷戸地形であり、ここに集中するのでしょう。
1
この程度の倒木はあります。マイナーな林道とはこういうものでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この程度の倒木はあります。マイナーな林道とはこういうものでしょう。
問題の難所。崩落の様子がわかるでしょうか? 林道終点、林道から細道に切り替わる地点。道が完全に消滅、実際には、やや高巻きなスタンスあり。ここも台風以前、そもそも崖上の幅30cmほどの極端な細道だったので、その意味ではさほど変化はないかと。ただ、一般の行楽客また初心者にはあぶない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
問題の難所。崩落の様子がわかるでしょうか? 林道終点、林道から細道に切り替わる地点。道が完全に消滅、実際には、やや高巻きなスタンスあり。ここも台風以前、そもそも崖上の幅30cmほどの極端な細道だったので、その意味ではさほど変化はないかと。ただ、一般の行楽客また初心者にはあぶない。
1
難所通過後はほぼ台風以前のまま。突き当たりの、五十丁峠にかかる道まで進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難所通過後はほぼ台風以前のまま。突き当たりの、五十丁峠にかかる道まで進みました。
そして小仏城山に舵を切る。このあたりもほぼ以前のまま。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして小仏城山に舵を切る。このあたりもほぼ以前のまま。
五十丁峠で富士道に。そして小仏城山に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五十丁峠で富士道に。そして小仏城山に。
あとは小仏城山から高尾山山頂経由で飯縄大権現社に、そして二軒茶屋登山口に下山。また自転車漕いで都心部まで戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは小仏城山から高尾山山頂経由で飯縄大権現社に、そして二軒茶屋登山口に下山。また自転車漕いで都心部まで戻ります。
飯縄大権現社から二軒茶屋登山口に向かう途中、神変山で一息入れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯縄大権現社から二軒茶屋登山口に向かう途中、神変山で一息入れる。

感想/記録

台風による影響はそこかしこに目立つが、マイナーなルートとはこういうもの。

画像のような崩落箇所は、今後の天候次第ではさらに崩落が進む可能性もあるでしょう。

しかしマイナールートを歩きなれている方には、現時点では、注意深く進めばリスクは低いと思われます。

もちろん無理と感じたら潔く撤退で。くれぐれも生態系には配慮でお願いします。

参考になれば幸いです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1191人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 崩落 倒木 高巻き 撤退
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ