また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2096579 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

三国岳(さんごくだけ)岩屋谷〜新下山ルート

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年11月07日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
左京区久多上の町滝谷林道駐車場に駐車しました。上手く停めれば、10台位、駐車出来ます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間47分
休憩
1時間2分
合計
8時間49分
Sスタート地点08:5809:36久多上の町登山口09:5012:12久多方面下山口12:1912:34三国岳13:0113:09久多方面下山口13:1115:00P-93615:0215:52新下山口15:5516:16ストック忘れ箇所16:40新下山口(再)16:4717:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
重装備なので、登りに時間が掛かっています。三国岳から、新下山口まで、倒木処理・枝切りをしています。置き忘れたストックを取りに戻っています。
コース状況/
危険箇所等
 岩屋谷ルートの府立大学演習林小屋より、約620mの稜線ルートに上がる迄、分かり難く、滑落の危険のある難コースが続きます。上手くバランスをとる技術が必要です。
 三国岳から天狗岳方面への稜線ルートは、踏み跡は薄く、曲折気味です。倒木の迂回も多く、GPS機器で、位置・進行方向を確認しながら進んだ方が、安全です。
 P-936の西南西、直線距離で、800mの下山口からは、急斜面の下りがが多く、転倒に注意が必要です。ピンクのテープが付けてあり、「天」とマジックインクで記しています。藪は、一応、開いています。今回、重装備で、最後の3分の1は、ヘッドライトを使用して下りましたが、1時間で、滝谷林道駐車場に戻っています。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS2台 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 予備バッテリー 時計 タオル ヘルメット ザイル30m・10m カラビナ スリング 山仕事用鋸 腰鉈 厚手鎌 ゴム付き軍手 マーキングテープ(ピンク) マジックインク

写真

久多上の町の案内板があります。
2019年11月07日 07:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久多上の町の案内板があります。
1
駐車場に着いて、驚きました。焚火/キャンプファイヤーの痕がありました。直ぐ側に、杉林があり、厚い落ち葉の層があります。火の粉が飛んで、火が入ると、消火困難になります。稜線の北側には、京都大学芦生研究林があります。焼失すれば、国家的損失です。恐ろしい事です。
2019年11月07日 08:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に着いて、驚きました。焚火/キャンプファイヤーの痕がありました。直ぐ側に、杉林があり、厚い落ち葉の層があります。火の粉が飛んで、火が入ると、消火困難になります。稜線の北側には、京都大学芦生研究林があります。焼失すれば、国家的損失です。恐ろしい事です。
近くで、杉の間伐材を集めて、薪にした様です。山の事を知らない人達の、「アウトドアごっこ」だと思います。この様な事は、止めて欲しいと思います。
2019年11月07日 08:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くで、杉の間伐材を集めて、薪にした様です。山の事を知らない人達の、「アウトドアごっこ」だと思います。この様な事は、止めて欲しいと思います。
1
今回も、出発前に、スパッツ内に、防虫スプレーを吹き込みます。今回は、戻って来て、ブルーシートの上で、調べてみましたが、ヤマビルはいませんでした。
2019年11月07日 08:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も、出発前に、スパッツ内に、防虫スプレーを吹き込みます。今回は、戻って来て、ブルーシートの上で、調べてみましたが、ヤマビルはいませんでした。
岩屋谷へ入ります。
2019年11月07日 09:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩屋谷へ入ります。
トチの大木が点々とあります。が、トチの実が無い様です。
2019年11月07日 09:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トチの大木が点々とあります。が、トチの実が無い様です。
府立大学演習林の案内板です。
2019年11月07日 09:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
府立大学演習林の案内板です。
府立大学演習林の管理小屋です。
2019年11月07日 09:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
府立大学演習林の管理小屋です。
板橋です。滑り止めがしてあります。勿体無い様な、銘木です。
2019年11月07日 09:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板橋です。滑り止めがしてあります。勿体無い様な、銘木です。
1
谷の右岸をトラバースして進みます。難コースです。滑落注意です。
2019年11月07日 09:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷の右岸をトラバースして進みます。難コースです。滑落注意です。
一の岩屋です。チャートの岩塊をくり抜いてある様です。この辺りの、山岳信仰の事は、不勉強です。
2019年11月07日 09:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の岩屋です。チャートの岩塊をくり抜いてある様です。この辺りの、山岳信仰の事は、不勉強です。
難コースが続きます。
2019年11月07日 10:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難コースが続きます。
一旦、谷に下りて、登り口を探します。此処は、3本の谷が集まる所で、分かり難い場所です。少し探しました。
2019年11月07日 10:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、谷に下りて、登り口を探します。此処は、3本の谷が集まる所で、分かり難い場所です。少し探しました。
大規模な炭焼き跡がありました。台地の上で、茶碗の破片を見つけました。明治・大正期の銅板印刷の染付の様です。定住して、木炭生産をされていた様です。
2019年11月07日 10:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大規模な炭焼き跡がありました。台地の上で、茶碗の破片を見つけました。明治・大正期の銅板印刷の染付の様です。定住して、木炭生産をされていた様です。
間違って入った谷にも、トチの大木がありました。トチの実は見つかりませんでした。熊は、かなり飢えているのではないかと思います。
2019年11月07日 10:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違って入った谷にも、トチの大木がありました。トチの実は見つかりませんでした。熊は、かなり飢えているのではないかと思います。
1
尾根筋に上る九十九折の道を見つけました。分かり難いので、テープ付けをして、三国岳の「三」と記します。
2019年11月07日 10:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋に上る九十九折の道を見つけました。分かり難いので、テープ付けをして、三国岳の「三」と記します。
三の岩屋への標識がありますが、三国岳へ向かいます。
2019年11月07日 10:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の岩屋への標識がありますが、三国岳へ向かいます。
稜線ルートに上がりました。リュックをスリング・カラビナで、確保しておいて、昼食にします。
2019年11月07日 11:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線ルートに上がりました。リュックをスリング・カラビナで、確保しておいて、昼食にします。
少し古いですが、熊剥ぎが連続してあります。この尾根道は、芦生研究林に生息しているツキノワグマの通り道の様です。
2019年11月07日 11:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し古いですが、熊剥ぎが連続してあります。この尾根道は、芦生研究林に生息しているツキノワグマの通り道の様です。
経ヶ岳の山腹が、色付いています。
2019年11月07日 11:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳の山腹が、色付いています。
ツキノワグマの古いマーキングの上に、新しい爪痕があります。最近のものです。近くにいる可能性もあります。此処からは、口笛を吹きながら、進みます。
2019年11月07日 11:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツキノワグマの古いマーキングの上に、新しい爪痕があります。最近のものです。近くにいる可能性もあります。此処からは、口笛を吹きながら、進みます。
芦生杉の巨木があります。
2019年11月07日 12:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦生杉の巨木があります。
天狗岳方面に続く稜線の分岐点です。
2019年11月07日 12:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳方面に続く稜線の分岐点です。
少し良い色になっています。
2019年11月07日 12:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し良い色になっています。
同じくです。
2019年11月07日 12:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じくです。
三国岳山頂です。
2019年11月07日 12:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳山頂です。
1
山頂の様子です。
2019年11月07日 12:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の様子です。
天狗岳方面へのアップダウンに備えて、サポーターを装着します。
2019年11月07日 12:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳方面へのアップダウンに備えて、サポーターを装着します。
天狗岳方面に続く稜線の分岐点に戻って来ました。
2019年11月07日 13:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳方面に続く稜線の分岐点に戻って来ました。
この稜線は、踏み跡が薄いので、テープ付けをして、「天-三」と記します。
2019年11月07日 13:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この稜線は、踏み跡が薄いので、テープ付けをして、「天-三」と記します。
武奈ヶ岳が見えます。
2019年11月07日 13:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳が見えます。
椎茸がありました。
2019年11月07日 14:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椎茸がありました。
芦生杉とコナラ?の、良い造形です。
2019年11月07日 14:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦生杉とコナラ?の、良い造形です。
「至る中腹道」とあります。
2019年11月07日 14:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「至る中腹道」とあります。
少し藪になって来ましたので、厚手の鎌の鞘を外します。
2019年11月07日 14:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し藪になって来ましたので、厚手の鎌の鞘を外します。
芦生原生林側の紅葉です。
2019年11月07日 14:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦生原生林側の紅葉です。
1
P-936に着きました。
2019年11月07日 15:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P-936に着きました。
P-936西の開けた場所です。
2019年11月07日 15:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P-936西の開けた場所です。
yjinさんの指摘された、白い岩だと思います。これも、チャートの露頭でしょうか? 石灰分が白く見えるのでは?と思います。
2019年11月07日 15:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
yjinさんの指摘された、白い岩だと思います。これも、チャートの露頭でしょうか? 石灰分が白く見えるのでは?と思います。
1
蓬莱山が見えます。
2019年11月07日 15:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山が見えます。
新しく設定した下山口に着きました。此処で、大失敗です。P-936近くに、ストックの片方を置き忘れています。リュックをデポして、急いで戻ります。
2019年11月07日 15:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しく設定した下山口に着きました。此処で、大失敗です。P-936近くに、ストックの片方を置き忘れています。リュックをデポして、急いで戻ります。
P-936南南西 200mの「久多への下山口の標識」の所に忘れていました。日暮れが近いので、急ぎます。
2019年11月07日 16:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P-936南南西 200mの「久多への下山口の標識」の所に忘れていました。日暮れが近いので、急ぎます。
下山しました。駐車場近くのワイヤーが巻き付いている巨木です。もう、真っ暗です。今日は、すこし難しい山行きになりましたが、無事、下山出来ました。山の神々に感謝致します。
2019年11月07日 17:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しました。駐車場近くのワイヤーが巻き付いている巨木です。もう、真っ暗です。今日は、すこし難しい山行きになりましたが、無事、下山出来ました。山の神々に感謝致します。
1

感想/記録

 今回は、岩屋谷から、三国岳に登り、天狗岳方面への稜線ルートの状態を見るのが目的でした。かなり荒れた状態と云う印象です。鋸・鉈・鎌で、出来る範囲で、倒木・藪を処理しています。今回、少しですが、テープ付けをして、「天-三」と記入しています。
 三国岳から、天狗岳方面に向かわれる方は、GPS機器を携行され、自身の位置・進行方向を確認しながら、進まれた方が安全だと思います。
 P-936と天狗岳の中間点に新しく設定した下山口から、下山しています。下山口で、ヘルメットにヘッドライトを装着し、最後の1/3は、ヘッドライトの照明で、下っています。ヘッドライトで、次のテープを探して下っています。暗くても、照明があれば、下山可能だと思います。
 滝谷林道駐車場で、キャンプファイヤーらしい痕を、確認しています。京都府立大学演習林・京都大学芦生研究林が隣接している地域です。近くの杉林から、延焼すると、大災害になります。特に、京都大学芦生研究林は、本当に、国民の貴重な財産です。無謀な行為は止めて頂きたいと思います。この場を借りて、お願い致します。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:396人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ