また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2098614 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 関東

茨城/鍋足山、妙見山〜里美富士

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年11月09日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間4分
休憩
1時間39分
合計
7時間43分
S里美支所06:5708:00鍋足山09:1210:09里美支所10:1810:24薄葉沢ハイキングコース入口10:3111:36妙見山入口12:02妙見山12:34妙見山入口13:02富士山入口13:41里美富士(奥峰)13:5013:57里美富士(中峰)13:5814:16里美富士(前峰)14:1714:40薄葉沢ハイキングコース入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

里美支所の駐車場からスタートです
2019年11月09日 06:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里美支所の駐車場からスタートです
大石への分岐
2019年11月09日 07:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石への分岐
鍋足山山頂
2019年11月09日 08:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋足山山頂
1
中央奥は奥久慈男体山
2019年11月09日 08:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央奥は奥久慈男体山
ようやく紅葉が始まった。奥には那須
2019年11月09日 08:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく紅葉が始まった。奥には那須
1
とんびかな
2019年11月09日 10:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とんびかな
大中神社。社務所もあってなかなか立派な神社です。
2019年11月09日 10:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大中神社。社務所もあってなかなか立派な神社です。
駐車場に戻ってきました。ここから車で薄葉沢へ移動しました。
2019年11月09日 10:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきました。ここから車で薄葉沢へ移動しました。
薄葉沢の入口にある滝の案内板
2019年11月09日 10:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄葉沢の入口にある滝の案内板
塩の草の滝
2019年11月09日 10:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩の草の滝
薄葉沢の滝
2019年11月09日 10:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄葉沢の滝
大河ドラマのロケ地だそうです
2019年11月09日 11:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河ドラマのロケ地だそうです
急に開けてたんぼが出現
2019年11月09日 11:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急に開けてたんぼが出現
1
笠石集落のはずれにあるおしゃべり地蔵
2019年11月09日 11:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠石集落のはずれにあるおしゃべり地蔵
1
道路わきで物音が・・・
罠にかかったイノシシが檻の中で暴れています。すごい迫力。怖くて近づけません。ズームで撮影。周囲には強烈なけもの臭。
2019年11月09日 11:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路わきで物音が・・・
罠にかかったイノシシが檻の中で暴れています。すごい迫力。怖くて近づけません。ズームで撮影。周囲には強烈なけもの臭。
1
妙見山はここから登ります。
2019年11月09日 11:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙見山はここから登ります。
1
途中から道がなくなるので笹原の中を歩きます。
2019年11月09日 12:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から道がなくなるので笹原の中を歩きます。
1
北側が伐採されていました。良い見晴らしです。
2019年11月09日 12:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側が伐採されていました。良い見晴らしです。
1
里美富士の登山口がわかりませんでしたが、行ってみたらこのように親切な看板がありました。地形図にある登山道はありません。
2019年11月09日 13:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里美富士の登山口がわかりませんでしたが、行ってみたらこのように親切な看板がありました。地形図にある登山道はありません。
1
おっと。これを渡るには勇気がいります。60kgの自分は大丈夫でした。
2019年11月09日 13:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと。これを渡るには勇気がいります。60kgの自分は大丈夫でした。
1
たくさんありました
2019年11月09日 13:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんありました
里美富士・奥峰です。展望は有りませんが、明るく気持ちの良い場所です。
2019年11月09日 13:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里美富士・奥峰です。展望は有りませんが、明るく気持ちの良い場所です。
1
中峰。奥峰に比べるとちょっとヤブな感じです。
2019年11月09日 13:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中峰。奥峰に比べるとちょっとヤブな感じです。
1
このもみじだけ極端に赤くなってました
2019年11月09日 14:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このもみじだけ極端に赤くなってました
1
前峰です。スペース広く、休憩には良いですね
2019年11月09日 14:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前峰です。スペース広く、休憩には良いですね
ここに降りてきました。ハイキングコース入口から100mくらいの場所です。案内標識は何もありません。
2019年11月09日 14:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに降りてきました。ハイキングコース入口から100mくらいの場所です。案内標識は何もありません。
1
場所の名前は「薄葉沢ハイキングコース入口」と書いてありました。
2019年11月09日 14:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
場所の名前は「薄葉沢ハイキングコース入口」と書いてありました。

感想/記録

近場で山行を計画し、部員へ参加募集をかけた。結果、2名でのスタートである。鍋足山は山行記録もたくさんあり、人気の場所である。里美支所の駐車場に停めて、トイレを探すがない。役場が開かないとトイレは使えないようだ。
「鍋足山入口」の大きな標識を入ると林道になっている。しばくすると登山道となる。山頂までずっと歩きやすい道であった。山頂は狭いが景色は最高。今日は遠くがかすんでいるが、那須や日光の山々を確認することができた。有名な一本松も健在である。盆栽のような美しい形をしている。暖かい日であったが、隣の山の紅葉が秋を感じさせてくれた。滝巡りをするつもりで北へ向かったが、一度道を間違え、正しい道に戻ると岩場の急傾斜を下るルートになり、手掛かりもなく高度もあるので引き返すことにした。結局、滝巡りはできなかったが、アスレチック要素の多い道を上り下りして楽しむことができた。帰りは来た道を引き返し、駐車場すぐの大中神社にお礼をしてから車に戻った。同行者はここで終了して別れる。
自分は349号を北上して、薄葉沢へ向かう。駐車場はないが、二車線道路のどん突きに駐車可能だ。薄葉沢ハイキングコースの看板があった。ここも林道のような道からスタートする。薄葉沢沿いを歩いていくといろいろな滝の看板が出てくる。大規模な滝はないが、いくつもの滝がずっと連なっていた。
急に視界が開け、田んぼが出現。軽トラも停まっている。とても今の道を車は通れないと不思議に思ったが、上流からアクセスできるようになっていた。笠石集落へ着き、そこから妙見山へ向かうため、車道歩きをした。道端に罠が仕掛けられて、檻に入った野生のイノシシがいたのには驚いた。中で暴れており、檻に入っているとはいえ怖くて近づけなかった。
妙見山の入口からは廃道になった林道のような道を登る。途中で道は無くなり、あとは地図を頼りに藪の中を行く。藪は薄いのでさほど苦にはならなかった。妙見山山頂には銘板もある。西斜面は藪であるが、東斜面は刈払いされていた。北側は木が伐採されているおかげで、里美牧場方面の景色が見られた。
笠石集落に戻り、里美富士の登山口を探す。きちんと看板が出ており、登山道も整備されていた。安心して歩ける。明るい林間コースを快適に歩いていくと、まずは奥峰が現れた。木々があるため展望はない。ところどころ紅葉があり、外からの光を受けて輝いている。さらに尾根伝いに行くと中峰、前峰と続く。薄葉沢へ下るルート、生田大滝へ行くルートの分岐の表示があった。自分の帰る方向には「登り口」の表示がある。どこへ出るのかわからないまま進んでいった。踏み跡は明瞭で最後まで迷うことはなかった。登り口は薄葉沢ハイキングコース入口から100mくらい入ったところにあった。標識も何もなく、来たときは登り口に気づかなかった。登り口から登った方が順番としてよさそう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:777人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 イノシシ 紅葉 山行 廃道 地蔵 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ