また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2104246 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

三津河落山と大台ヶ原周回

日程 2019年11月11日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り 晴れ間も少し
アクセス
利用交通機関
三津河落山の駐車地から大台ケ原駐車場までは車で移動
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
59分
合計
5時間30分
Sスタート地点11:1311:43大和岳11:4512:06三津河落山12:0712:13休憩地12:4512:57大和岳12:5813:16駐車地13:31大台ケ原駐車場13:58シオカラ谷吊橋14:30大蛇分岐14:3114:39大蛇14:4914:59大蛇分岐15:02牛石ヶ原15:09本ゴヤ嶺15:1015:13尾鷲辻15:24正木ヶ原15:58展望台分岐16:0016:04大台ヶ原山16:1216:15展望台分岐16:1616:43大台ケ原ビジターセンター16:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

大和岳へ続く笹原
2019年11月11日 12:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大和岳へ続く笹原
2
風下の台高山脈の北側は晴れ間が
2019年11月11日 12:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風下の台高山脈の北側は晴れ間が
三津河落山周辺の笹原
2019年11月11日 12:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三津河落山周辺の笹原
2
大蛇瑤ら竜口尾根
2019年11月11日 14:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大蛇瑤ら竜口尾根
2
日出ヶ岳頂上付近から尾鷲湾
2019年11月11日 15:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日出ヶ岳頂上付近から尾鷲湾
1
アップで
2019年11月11日 15:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで
日出ヶ岳頂上付近から加茂の助谷の頭(中央奥)
2019年11月11日 15:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日出ヶ岳頂上付近から加茂の助谷の頭(中央奥)
1
日出ヶ岳頂上付近から尾鷲湾
2019年11月11日 16:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日出ヶ岳頂上付近から尾鷲湾
日出ヶ岳頂上付近から尾鷲湾
2019年11月11日 16:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日出ヶ岳頂上付近から尾鷲湾
日出ヶ岳頂上付近から尾鷲湾
2019年11月11日 16:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日出ヶ岳頂上付近から尾鷲湾
撮影機材:

感想/記録

7年振り?くらいに友人sが山に行こうと言うので、天気を考えて、前から行きたいと友人が言っていた大台ケ原へ行く事にした。

日本海を低気圧が通過するが、南部なら影響は弱く、大峰の風下になる大台ケ原なら昼から回復して大丈夫と判断して行ったが、予想通りの天気となり、まずまずの天気だった。

大台ケ原周回だけではもったいないので、三津河落山とセットにした。三津河落山から風下の北側は晴れていて、なかなかの景色が楽しめた。いつ行っても気持ちのよい所だ。他に誰もおらず、のんびりと昼食を取り、下山して、車で大台ケ原駐車場まで移動。

久々の周回だった。大蛇瑤任魯ラブツーリズムの約20名の団体がいたが、たいした渋滞も無く、大迫力の絶景を楽しむ。その後、いつもは夕方になると鹿の群れが出てくる(最近は狩猟が行われたのか全く見ない)階段で整備された笹原を楽しみながら頂上へ。残念ながら大峰方面はうっすら、北側は雲で視界がなかったが、尾鷲湾方面はバッチリ見えていたので、こんな天気にしたら、充分すぎる眺望だった。

周回だけでは楽すぎて、登山の醍醐味である、苦労した後に喜びが待っていると言う楽しみが弱いものの、いつ行っても楽しい所だ。
訪問者数:203人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ