また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2106780 全員に公開 ハイキング 近畿

裏明神 T字尾根&河鹿コース

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年11月13日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
馬谷集落外れの駐車場に1台デポ 他の一台で菅生ダムの明神湖畔の道路脇に駐車する。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間23分
休憩
1時間28分
合計
4時間51分
Sスタート地点08:3109:27T字尾根09:3409:41オブジェ分岐09:4309:45大蛇09:5409:59西の小明神10:0910:44明神山11:3112:36大観峰12:4913:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一般登山道では有りません。踏み跡は有るが道標類は一切無し。
危険な岩場やロープ場があり、道迷いの危険性も有ります。
経験者の同行が同行し、かつ自己責任で入山すること。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

T字尾根&河鹿コース概念図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T字尾根&河鹿コース概念図
T字尾根&河鹿コースの歩行データ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T字尾根&河鹿コースの歩行データ
菅生ダムの明神湖畔の路肩に駐車
目の前は小さな公園になっており、東屋脇の紅葉・黄葉が綺麗 
2019年11月13日 13:37撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅生ダムの明神湖畔の路肩に駐車
目の前は小さな公園になっており、東屋脇の紅葉・黄葉が綺麗 
1
公園の紅葉
2019年11月13日 13:38撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園の紅葉
1
T字尾根コース取り付き
駐車ポイントから10分程度湖畔道路を歩いてT字尾根コースに取り付く 。 最初からメツト装着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T字尾根コース取り付き
駐車ポイントから10分程度湖畔道路を歩いてT字尾根コースに取り付く 。 最初からメツト装着です。
1
手を前に出せば登山道に手が届く程の激坂を15分ほど登ってくると谷の対岸に先週訪れた尾切れ&Vキレットが見える。今日は行きません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手を前に出せば登山道に手が届く程の激坂を15分ほど登ってくると谷の対岸に先週訪れた尾切れ&Vキレットが見える。今日は行きません。
まずは挨拶代わりの第一ロープ場
2019年11月13日 09:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは挨拶代わりの第一ロープ場
続いて第二ロープ場
2019年11月13日 09:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて第二ロープ場
黄色い色のついたトラロープは数年前に私が設置したものです。
2019年11月13日 09:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色い色のついたトラロープは数年前に私が設置したものです。
2つのロープ場を難なく上れたら、T字尾根核心部のナイフリッジを通過する通行書を入手した様なものです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つのロープ場を難なく上れたら、T字尾根核心部のナイフリッジを通過する通行書を入手した様なものです。
ナイフリッジの凹 部へ
以前は補助用のロープが設置されていなかったので、本当に怖かったのですが、つり革の様にロープが設置されたのでずいぶん楽になりました。
2019年11月13日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジの凹 部へ
以前は補助用のロープが設置されていなかったので、本当に怖かったのですが、つり革の様にロープが設置されたのでずいぶん楽になりました。
ナイフリッジ部を無事に通過・・・う〜ん
実は巻きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ部を無事に通過・・・う〜ん
実は巻きました。
3
狐のオブジェ分岐
2019年11月13日 09:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狐のオブジェ分岐
狐のオブジェ分岐はT字尾根コースと尾切れコースの分岐になっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狐のオブジェ分岐はT字尾根コースと尾切れコースの分岐になっています。
2
狐のオブジェからすく近くの大蛇
大台ヶ原の大蛇瑤離僖リです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狐のオブジェからすく近くの大蛇
大台ヶ原の大蛇瑤離僖リです。
1
西の小明神への激登り
ロープ3本が連続して設置されており、ロープと木立を利用して何とか上ります。
2019年11月13日 09:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の小明神への激登り
ロープ3本が連続して設置されており、ロープと木立を利用して何とか上ります。
西の小明神から明神山への吊り尾根を辿るが、小明神からの下りの方がスリップしそうで怖い。ロープと木立に捕まりながら慎重に下ります。
2019年11月13日 10:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の小明神から明神山への吊り尾根を辿るが、小明神からの下りの方がスリップしそうで怖い。ロープと木立に捕まりながら慎重に下ります。
吊り尾根途中の展望ポイントから望む小明神と神社コースの尾根 紅葉が進んでおり、綺麗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り尾根途中の展望ポイントから望む小明神と神社コースの尾根 紅葉が進んでおり、綺麗
1
黄葉・紅葉仕始めた広葉樹
2019年11月13日 10:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉・紅葉仕始めた広葉樹
1
明神山直下の浮き石地獄
2019年11月13日 10:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神山直下の浮き石地獄
何とか、明神山のAコースと合流
2019年11月13日 10:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか、明神山のAコースと合流
1
明神山頂上手前の紅葉 本当に綺麗
2019年11月13日 10:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神山頂上手前の紅葉 本当に綺麗
1
今年63回目の明神山頂上
数人の常連さんにしかお会い出来なかった
2019年11月13日 10:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年63回目の明神山頂上
数人の常連さんにしかお会い出来なかった
またたま浮き石地獄を今度は河鹿コースの尾根を目指す。
2019年11月13日 11:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またたま浮き石地獄を今度は河鹿コースの尾根を目指す。
1
河鹿コースの岩尾根を下ります。
2019年11月13日 11:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河鹿コースの岩尾根を下ります。
1
私も写真に撮してもらった
2019年11月13日 11:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私も写真に撮してもらった
1
黄葉と岩尾根を楽しむ同行者
2019年11月13日 12:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉と岩尾根を楽しむ同行者
1
河鹿コースの岩尾根で
背後には午前中通ってきた西の小明神の端正な姿が
2019年11月13日 12:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河鹿コースの岩尾根で
背後には午前中通ってきた西の小明神の端正な姿が
1
ちょっとだけ寄り道して岩の突端で写真撮りと展望を堪能。
この後、ハプニングが この岩場を降りようとすると足をかけた岩の段差部がガラガラと3つほどの塊が崩れ落ちた。 幸い、お尻をつけながら前向きに降りていたので崩落に巻き込まれず大事に至りませんでした。危険はどこにでも隠れていました。  
2019年11月13日 12:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ寄り道して岩の突端で写真撮りと展望を堪能。
この後、ハプニングが この岩場を降りようとすると足をかけた岩の段差部がガラガラと3つほどの塊が崩れ落ちた。 幸い、お尻をつけながら前向きに降りていたので崩落に巻き込まれず大事に至りませんでした。危険はどこにでも隠れていました。  
2
河鹿コースも時折ロープの助けがいるのです。
2019年11月13日 12:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河鹿コースも時折ロープの助けがいるのです。
河鹿コースの岩場歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河鹿コースの岩場歩き
河鹿コースの名所「くじら岩」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河鹿コースの名所「くじら岩」
カメラポイントです
2019年11月13日 12:24撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラポイントです
「くじら岩」 を歩く私
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「くじら岩」 を歩く私
2
西の小明神と神社コースの尾根
2019年11月13日 12:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の小明神と神社コースの尾根
2
顔を覗かせた明神山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔を覗かせた明神山
さらに岩尾根をロープでクライムダウン ちょと大げさ
2019年11月13日 12:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに岩尾根をロープでクライムダウン ちょと大げさ
河鹿コースの名所「大観峰」
此処からの展望は明神山塊でも一番と思う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河鹿コースの名所「大観峰」
此処からの展望は明神山塊でも一番と思う
1
大観峰からの吊り尾根
大観峰には10分以上滞在 それでも見飽きない景観でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大観峰からの吊り尾根
大観峰には10分以上滞在 それでも見飽きない景観でした。

感想/記録

私が所属する山の会のメンバー達と先週末にも裏明神の核心部であるT字尾根&尾切れコースを歩いたが、今日も同じ山の会のメンバーの一人をお誘いしてT字尾根&河鹿コースを歩いてきた。
先週よりも幾分紅葉が進み青空に紅葉・黄葉が映えて綺麗だった。
今日歩いたコースには道標類は一切なく踏み跡程度のルートで、かつ岩場が多いので経験者の同行が必要なコースです。安易に立ち入らないでください。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:278人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ