また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2123783 全員に公開 ハイキング 甲信越

猿毛岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年11月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間0分
休憩
0分
合計
2時間0分
S加茂川登山口12:0012:40猿毛岳山頂13:00スキー場跡13:30猿毛岳山頂14:00加茂川登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

登山口の水場
泥落としのブラシやストックが置いてある
2019年11月24日 11:57撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の水場
泥落としのブラシやストックが置いてある
1
竹林の中の道もある
2019年11月24日 12:07撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹林の中の道もある
晩秋のたたずまい
2019年11月24日 12:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩秋のたたずまい
1
ハッとするような紅葉もある
2019年11月24日 12:25撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハッとするような紅葉もある
2
残りの紅葉
2019年11月24日 12:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残りの紅葉
2
落ち葉の道
2019年11月24日 12:27撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉の道
2
木漏れ日の道
2019年11月24日 12:31撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日の道
3
小屋が見えた
2019年11月24日 12:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が見えた
1
角田山と佐渡ヶ島(奥)
佐渡ヶ島が大きい
2019年11月24日 12:41撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角田山と佐渡ヶ島(奥)
佐渡ヶ島が大きい
2
マンダロク山
2019年11月24日 12:48撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンダロク山
3
五泉市と五頭山方面(パノラマ合成)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五泉市と五頭山方面(パノラマ合成)
2
弥彦山〜角田山(パノラマ合成)
右手後方にうっすらと佐渡ヶ島
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥彦山〜角田山(パノラマ合成)
右手後方にうっすらと佐渡ヶ島
1
折返し点
2019年11月24日 13:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折返し点
1
小屋に戻ってきた
2019年11月24日 13:27撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に戻ってきた
1
越後白山の連なり
2019年11月24日 13:28撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後白山の連なり
1
秋葉丘陵の山並み
2019年11月24日 13:29撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋葉丘陵の山並み
1
帰って来ました
2019年11月24日 14:00撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰って来ました
撮影機材:

感想/記録

11月に入って直ぐに風倉山へ登ったが、第二、第三の矢を放つことは出来ず、沈殿の日々を送る。しかし、ようやく気力が充実してきて、守門岳の天狗ノ田へ行くことにした。三年前の今頃、天狗ノ田から網張に登り大岳を経て吉ヶ平へ降りた。その時、天狗ノ田から網張への登行はラッセルとなり、一部は太ももまでのラッセルとなった。採取した大量のナメコを背負っての苦行である。ちょうどスーパームーンの日だった。大きなお月さまが登山道を照らしてくれたが、吉ヶ平を手前にして懐電歩行となってしまった。

今回は、そのリベンジでもあるが、そこまでの気力は無く、ナメコ狙いで天狗ノ田までとする。ところが天気予報は、晴れから雨に変わってしまった。お山は前回と同様の雪だろう。網張には登らないが、桂のへつりの渡渉も嫌なものである。そんなこんなで、モチベーションは急低下し猿毛岳へと転進、二匹目のドジョウ狙いはあえなく頓挫する。

登山口へ向かう加茂川にかかる橋の袂には、中高年のグループが集まっていた。市バスでも待っているのだろうか。もう昼だからバス利用で七谷の交流センターで反省会でもやるのかもしれない。それも山行の一つの楽しみである。登山口には車が二台停まっている。山頂には小屋もあり手軽に楽しめるので、いつ来ても誰かしら山に登っている人気の山である。神社を過ぎると登りが始まる。竹林の中を行く道である。見通しは無い。少し登ると右手に樹間越しに粟ヶ岳方面の景色が見えて来る。

木々の紅葉は盛りを過ぎ、赤さび色が優勢になり、登山道は落ち葉に敷き詰められた。冬到来も間近だが遅れてきた紅葉が陽の光に一層映える。山頂の小屋を通り越し先へと進む。第二展望台からは、鳥海山や朝日連峰も見えるのだが、霞がかかって今日は見えなかった。スキー場跡まで進み登り返す。山頂からの下りは自然に小走りになった。まだ登ってくる人もいるが出会った人は数人。静かな山の一日である。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:296人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ