また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2129017 全員に公開 ハイキング 近畿

裏明神(神社〜河鹿コース)から明神山は展望と紅葉に大満足

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年12月01日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候天気予報が1日ずれて晴!紅葉が映えました。
アクセス
利用交通機関
電車
中国自動車道夢前スマートICから15分ほどで、神元神社と癒しのサロン(Narish)との間の車道横の広場に駐車
登山口の神元神社には大、小簡易水洗トイレあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
56分
合計
5時間39分
Sスタート地点08:1410:34西の小明神10:4211:20明神山12:0813:18大観峰13:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
西の小明神、大観峰で小休憩
明神山で昼食休憩
歩行距離:6.9km
歩行時間:5時間39分
最低高度:165m
最高高度:668m(明神山)
累計高度(+):745m
コース状況/
危険箇所等
裏明神はノーマルルートでないので標識は無し、随所で目印テープを確認、地図読み、GPSナビが必要です。
危険な場所には一応トラロープが張られています。
一般ハイカーは登っていません。
その他周辺情報今回は立ち寄っていませんが、温泉:竹取の湯600円があります。
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 一般ハイキング装備

写真

癒しのサロン(Narish)手前の空き地に駐車しました。
2019年12月01日 13:53撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
癒しのサロン(Narish)手前の空き地に駐車しました。
神元神社境内には大きな銀杏の木があり、地面は一面黄色の絨毯でした。
2019年12月01日 08:23撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神元神社境内には大きな銀杏の木があり、地面は一面黄色の絨毯でした。
1
神元神社の左側から登りました。
2019年12月01日 08:24撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神元神社の左側から登りました。
この紅葉の右横に簡易水洗トイレがあります。
2019年12月01日 08:26撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この紅葉の右横に簡易水洗トイレがあります。
1
最初のロープ箇所が現れました。
2019年12月01日 09:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のロープ箇所が現れました。
ロープありますが、この岩の隙間をよじ登りました。
2019年12月01日 09:31撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープありますが、この岩の隙間をよじ登りました。
最初の展望場所で、南の夢前方面です。
2019年12月01日 09:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の展望場所で、南の夢前方面です。
ここがジャンダルムのようです。
2019年12月01日 09:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがジャンダルムのようです。
ジャンダルムの岩場に立と展望が良く、麓は菅生ダムです。
2019年12月01日 09:35撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムの岩場に立と展望が良く、麓は菅生ダムです。
ジャンダルムの岩場
2019年12月01日 09:35撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムの岩場
第二のロープ箇所は結構長いです。
2019年12月01日 10:16撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二のロープ箇所は結構長いです。
第二のロープ箇所を登り切った後の物見岩からの展望です。
2019年12月01日 10:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二のロープ箇所を登り切った後の物見岩からの展望です。
物見岩から天気が良いと紅葉が奇麗です。
2019年12月01日 10:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見岩から天気が良いと紅葉が奇麗です。
急登を登りきった西の小明神ですが展望はありません。
2019年12月01日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登りきった西の小明神ですが展望はありません。
再び西の小明神から劇下りでトラロープが頼りでした。
2019年12月01日 10:39撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び西の小明神から劇下りでトラロープが頼りでした。
通称お座敷岩またはおっぱい岩です。
2019年12月01日 10:44撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通称お座敷岩またはおっぱい岩です。
1
何の木か知りませんが、たくさんの枝が伸びて、今回の登山で一番大きな木でした。
2019年12月01日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の木か知りませんが、たくさんの枝が伸びて、今回の登山で一番大きな木でした。
1
何だか竜の顔に見えませんか?
2019年12月01日 10:57撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だか竜の顔に見えませんか?
このような真っ赤な紅葉は少なかったです。
2019年12月01日 11:09撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような真っ赤な紅葉は少なかったです。
最後のがれ場を登りきるとAコースとの合流地点で、もう少しで山頂です。
2019年12月01日 11:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のがれ場を登りきるとAコースとの合流地点で、もう少しで山頂です。
明神山山頂の奇抜なモニュメントです。
ここの岩場で昼食休憩。
2019年12月01日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神山山頂の奇抜なモニュメントです。
ここの岩場で昼食休憩。
1
モニュメントをアップで撮影。
明神山は別名、播磨富士とも言うそうです。
2019年12月01日 11:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モニュメントをアップで撮影。
明神山は別名、播磨富士とも言うそうです。
ピンクの花がいっぱいと思って近づくとピンク色した葉っぱでした。
2019年12月01日 12:15撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクの花がいっぱいと思って近づくとピンク色した葉っぱでした。
この紅葉も素敵でした。
2019年12月01日 12:15撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この紅葉も素敵でした。
こちらはAコースの尾根かな〜?
2019年12月01日 12:23撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはAコースの尾根かな〜?
振り返って見た西の小明神です。
2019年12月01日 12:26撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って見た西の小明神です。
西の小明神が遠く離れていきます。
2019年12月01日 12:29撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の小明神が遠く離れていきます。
これは大観峰手前のナマズ岩で、この上を歩いて反対側に下りました。
2019年12月01日 12:52撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは大観峰手前のナマズ岩で、この上を歩いて反対側に下りました。
午前中に神社側から登ってきた尾根方面
2019年12月01日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中に神社側から登ってきた尾根方面
最後の登り大観峰389mに向かいます。
2019年12月01日 12:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り大観峰389mに向かいます。
この辺の尾根歩きが一番素敵でした。
2019年12月01日 12:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺の尾根歩きが一番素敵でした。
大観峰から振り返って見た明神山です。
2019年12月01日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大観峰から振り返って見た明神山です。
大観峰から振り返って見た明神山と西の小明神で、ここが一番のビューポイントです。
2019年12月01日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大観峰から振り返って見た明神山と西の小明神で、ここが一番のビューポイントです。
明神山もこれが見納めで、後はずっと林の中の下りが続きます。
2019年12月01日 13:08撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神山もこれが見納めで、後はずっと林の中の下りが続きます。
明神山登山口になっている獣除けゲートです。
これで裏明神登山は終わりました。
2019年12月01日 13:41撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神山登山口になっている獣除けゲートです。
これで裏明神登山は終わりました。

感想/記録

今年の3月31日に菅生ダム管理所から裏明神を登っていますが、今回は別のルートで裏明神を登ると言う事なので山仲間のお誘いに参加しました。
12月ですが天気が良くて、風も無く寒くなくて最高の登山日和になりました。
3月は新緑でしたが、今回は紅葉の時期だったので鮮やかな山々を楽しむことが出来ました。
神社から40分程登った個所でうっかりしているとまっすぐ進んでしまうので右折の目印テープに注意すること!
西の小明神の登りと下りは急なので注意すること(特に下り)!
Aコースに出会うがれ場登りは注意すること!
河鹿尾根入口でうっかりして間違いました。地図とGPSナビで再確認すること!
林道に出る最後の下りは滑りやすかったです。
河鹿尾根下りのコースは岩場の変化もあり、展望も良く山々の紅葉が素敵で気に入りました。特に大観峰から見る景色は一番のビューポイントでした。
最後に、狩猟中の犬の鳴き声と鉄砲の音を聞きましたので注意して下さい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:274人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ