また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2132637 全員に公開 ハイキング奥武蔵

武甲山ナイトハイク & 秩父夜祭

日程 2019年12月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車
自宅から自転車で移動。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

西武秩父駅を午後4時半頃出発(自転車)。
登山口に午後5時半 山頂の神社に午後7時到着。
下山は花火大会終了後(午後10時頃)1時間位で降りる。

自転車走行距離約110km 総上昇量約1200m
コース状況/
危険箇所等
登山口までの車道は路肩崩落があるが通行可能。
登山口に近い所の滝周辺に崩落があるが、迂回路も多くの人の踏み跡で通行可能。
その他周辺情報下山後秩父市内に入り、夜間0時から屋台の下り団子坂・ギリ廻しを見学。

装備

個人装備 ロードバイク<br />防寒着はすべて二重<br />広帯域無線機(花火の進行確認)

写真

道の駅に午後4時頃着。クルミ蕎麦など食べる。市内の秩父神社は混雑しているので入らず。西武秩父駅で花火大会のチラシをもらう。
2019年12月03日 16:02撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅に午後4時頃着。クルミ蕎麦など食べる。市内の秩父神社は混雑しているので入らず。西武秩父駅で花火大会のチラシをもらう。
1
途中の道は土砂が残っていて押し歩き有り。
2019年12月03日 17:25撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の道は土砂が残っていて押し歩き有り。
靴を履き替えて午後5時半過ぎ出発。自転車のシューズカバーは山頂での防寒用に持っていく。
2019年12月03日 17:37撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
靴を履き替えて午後5時半過ぎ出発。自転車のシューズカバーは山頂での防寒用に持っていく。
滝周辺は崩落が有り注意深く移動。
2019年12月03日 17:42撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝周辺は崩落が有り注意深く移動。
1
水場から上は問題なし。
2019年12月03日 18:02撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場から上は問題なし。
1
神社に午後7時頃到着し防寒に着替えて山頂へ。上では撮影が始まっているのでヘッドライトは赤使用に切り替える。
2019年12月03日 19:14撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社に午後7時頃到着し防寒に着替えて山頂へ。上では撮影が始まっているのでヘッドライトは赤使用に切り替える。
3
武甲山からの秩父市内夜景。
2019年12月03日 19:24撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山からの秩父市内夜景。
2
途中花火の間が空くのでカップラーメンを作り、体温を暖める。
2019年12月03日 19:49撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中花火の間が空くのでカップラーメンを作り、体温を暖める。
6
冠菊は火花が地上落下のため消防隊が入ると連絡があった。
2019年12月03日 20:08撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠菊は火花が地上落下のため消防隊が入ると連絡があった。
9
花火大会終了後市内の御旅所に入る。
2019年12月03日 23:51撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花火大会終了後市内の御旅所に入る。
6
屋台囃子は終了。
2019年12月03日 23:59撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋台囃子は終了。
1
最も大きい下郷笠鉾。初めて夜祭に来た時、会所に戻るまでみて始発の電車で帰った。
2019年12月03日 23:57撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最も大きい下郷笠鉾。初めて夜祭に来た時、会所に戻るまでみて始発の電車で帰った。
2
下り団子坂。
2019年12月03日 23:53撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り団子坂。
曳き手が前と後は扇型に大きく広がる。登る時よりも大掛かり。
2019年12月03日 23:54撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曳き手が前と後は扇型に大きく広がる。登る時よりも大掛かり。
3
登りではそばに寄ることができない場所も目の前で鑑賞。
2019年12月03日 23:55撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りではそばに寄ることができない場所も目の前で鑑賞。
4
ギリ廻し。至近距離で作業内容を確認。
2019年12月04日 00:19撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギリ廻し。至近距離で作業内容を確認。
3
曳き手の人達と会話し山頂での花火の大きさなど聞かれる。
この後は帰路。午前3時前に帰宅。
2019年12月04日 00:20撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曳き手の人達と会話し山頂での花火の大きさなど聞かれる。
この後は帰路。午前3時前に帰宅。
2

感想/記録

今夜は極端な気温低下や風もなく登山には良い条件だった。
打ち上げ開始時点で山頂は7~8人最終的には12人位か。花火鑑賞時の寒さは今年開催が無かった長野えびす講花火大会のほうが寒く感じた。
以前は花火大会前半の尺玉は日本煙火芸術協会の二発同時打ちだったのだが変わってしまったのか。野村花火店の代表作ムーヴィングブルーを見れた時は驚愕したのだが、今回は最大でも八重芯までか。
花火大会終了後市内の御旅所に入り観客がほとんどいない下り団子坂やギリ廻しを至近距離で鑑賞する。
訪問者数:310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

水場 崩落 ナイトハイク
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ