また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2138354 全員に公開 ハイキング 祖母・傾

行縢山 雌岳〜雄岳周回ルート

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年11月29日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス
【往路】延岡駅前⇒行縢山登山口
【復路】平田⇒延岡駅前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間51分
休憩
27分
合計
4時間18分
S行縢神社登山口09:3409:42林道終点09:47駐車場分岐10:01行縢の滝分岐10:52雌岳10:5611:41山頂・県民の森分岐11:4512:16行縢山12:2412:49山頂・県民の森分岐12:5513:00山ノ神峠13:12行縢の滝分岐13:18行縢の滝13:2213:23行縢の滝分岐13:2413:39駐車場分岐13:52行縢神社登山口13:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
バスで帰る予定だったがあまりに時間が余りすぎたので平田バス停まで歩いた。
おかげで行縢山の山容をたくさん眺めることができた。
今回は山と高原地図レベルの事前情報しか得ていなかったので行かなかったが、雌岳雄岳だけを歩いても物足りないので、県民の森や北岳方面へ周回すると充実するだろう。
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし 雌岳山頂へはテープがないと迷うかもしれない
その他周辺情報平田バス停前にJA直売所あり。缶ビールや軽食購入可能
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

鳥居の隣の登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の隣の登山口
滝見橋から見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見橋から見上げる
1
滝見橋から見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見橋から見上げる
1
岩だらだけどよく整備された道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩だらだけどよく整備された道
雌岳へ向かう道は落ち葉でふかふか
テープや踏み後がないとどっち行けばいいか迷っちゃうね
これは炭焼き跡かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳へ向かう道は落ち葉でふかふか
テープや踏み後がないとどっち行けばいいか迷っちゃうね
これは炭焼き跡かな
雌岳への稜線から見下ろす行縢滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳への稜線から見下ろす行縢滝
雌岳への山頂へ向かう直線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳への山頂へ向かう直線
雌岳山頂からの眺め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳山頂からの眺め
雌岳から県民の森方面へ下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳から県民の森方面へ下る
沢沿いに県民の森方面へ 沢を下っているとなんだか廃村八丁に行くような感覚がする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに県民の森方面へ 沢を下っているとなんだか廃村八丁に行くような感覚がする
苔がきれい 高温多湿な宮崎のイメージにぴったり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔がきれい 高温多湿な宮崎のイメージにぴったり
苔がきれい 高温多湿な宮崎のイメージにぴったり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔がきれい 高温多湿な宮崎のイメージにぴったり
こっちも炭焼き跡かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちも炭焼き跡かな
県民の森分岐 川を渡って南下します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県民の森分岐 川を渡って南下します
雄岳と県民の森分岐 いろんなルートがあるんだなあ
時間たっぷり余ったし、北岳行けばよかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄岳と県民の森分岐 いろんなルートがあるんだなあ
時間たっぷり余ったし、北岳行けばよかった
単調でつまらない登りを終えて雄岳からの眺め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単調でつまらない登りを終えて雄岳からの眺め
いい眺め
この山が人気ある理由がわかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい眺め
この山が人気ある理由がわかる
1
行縢の滝 幅30m、落差70m、と説明の看板に記載されていた
スケールは全く違うけど、金勝山の落ヶ滝みたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行縢の滝 幅30m、落差70m、と説明の看板に記載されていた
スケールは全く違うけど、金勝山の落ヶ滝みたい
1
たくさんの矢印
むかばき自然の家のオリエンテーリングかなんかで使うんだろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんの矢印
むかばき自然の家のオリエンテーリングかなんかで使うんだろう
行縢神社の特徴ある狛犬 狛犬・・・?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行縢神社の特徴ある狛犬 狛犬・・・?
1
一度見たら忘れられない形の行縢山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度見たら忘れられない形の行縢山
1
行縢山がある風景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行縢山がある風景
1
行縢山がある風景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行縢山がある風景
1

感想/記録

 11月の末から2月のはじめ。宮崎は高千穂では毎週末のごとく夜神楽が舞われる。今年も夜神楽を見るべく延岡へとやってきた。ついでに近くにある行縢山に登ることとした。どうも、ゆみひとです。

 武士が足に着ける毛皮を行縢(むかばき)というらしいがその姿に似ているということで行縢山というらしい。ピンときません。

 登山口から山頂(雄岳)までは小学生や幼稚園児も登るらしい。しっかり整備された道が山頂まで続いている。昭文社の山と高原地図には雌岳と行縢山山頂を周回するルートしか記載されてないが、実際は北の県民の森へと周回するルートもあってあと2時間くらいは遊べそうだった。

 雌岳ルートはあまり歩かれていないようで落ち葉ふかふか。倒木も多少あり。テープはしっかりある。稜線にあがると狭い岩尾根を適当に歩くかたちになる。兵庫の大岩山や兵庫篠山の白髪岳や六甲山の新穂高みたいだ。ここは・・・兵庫だ!とか言いながら歩いていた。山頂を辞して県民の森を目指す谷歩きはうってかわってまるで廃村八丁を目指しているよう。一気に京都北山だ。そして行縢の滝はまるで金勝山の落ヶ滝。滋賀だ。
 県民の森雄岳分岐から雄岳への道は単調でくだらない。というかこの後の行動をどうするか、高千穂で神楽まで何をしようか、を考えて歩いていたのでどんな道だったか記憶にない。
 山頂からの眺めはすばらしい。天気がいい日は足摺岬まで見えるそうだ。神社前の看板にそう書いてあった。看板を見たのが下山後だったので全く気にしていなかった。
 看板には雌岳への道は危険なので上級者のみと書かれているが普段から山に親しんでいる者には関係ないだろう。

 そんなかんじで無事に帰ってきました。ありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:801人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

倒木 高原 山と高原地図
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ