また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2143558 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

粟ヶ岳 〜中央登山道〜

日程 2019年12月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水源地の手前200mに冬季閉鎖のゲートあり、第二貯水池の登山口まで1.5kmの歩き。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三合目までほとんど積雪なし、四合目から上で積雪歩き。砥沢ヒュッテまでしっかりトレースがあり、その上に新雪が数センチ積もる。途中までツボ足でも登れるがヒュッテから上部はさらに積雪が増えワカン必要。北峰から山頂までの稜線は西風がまともに吹き付け時々雪煙を舞い上げる。
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

写真

水源池の少し手前にバリケードあり、ここからスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水源池の少し手前にバリケードあり、ここからスタート
1
ひと気のない水源地より粟ヶ岳を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと気のない水源地より粟ヶ岳を望む
2
第二貯水池の橋を渡ってようやく登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二貯水池の橋を渡ってようやく登山口
1
尾根上の分岐点、このあたりから積雪が出てくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上の分岐点、このあたりから積雪が出てくる
4合目になると一面の積雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目になると一面の積雪
粟庭の頭へ急な登りが続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟庭の頭へ急な登りが続く
1
徐々に積雪は増えてくる(5合目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に積雪は増えてくる(5合目)
新潟市街地方面を拡大
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟市街地方面を拡大
いよいよ粟庭の頭(右)への登り 左は砥沢峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ粟庭の頭(右)への登り 左は砥沢峰
1
粟庭の頭直下の崖にあるクサリ場 一部が凍結しており緊張感高まる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟庭の頭直下の崖にあるクサリ場 一部が凍結しており緊張感高まる
1
見晴らしの良い粟庭の頭に到着(6合目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い粟庭の頭に到着(6合目)
3
特徴的な山容の袴腰山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な山容の袴腰山
2
砥沢峰直下より粟庭の頭を見下ろす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥沢峰直下より粟庭の頭を見下ろす
1
砥沢のヒュッテに到着(7合目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥沢のヒュッテに到着(7合目)
2
ヒュッテの中で小休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテの中で小休憩
ヒュッテを出ると権ノ神岳(右)の脇に真っ白な飯豊連峰を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテを出ると権ノ神岳(右)の脇に真っ白な飯豊連峰を望む
1
山頂方面が近づいてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面が近づいてくる
1
砥沢のヒュッテを振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥沢のヒュッテを振り返る
1
北峰への登り すでにワカンが必要な積雪量
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰への登り すでにワカンが必要な積雪量
2
潅木の枝に霧氷が現れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
潅木の枝に霧氷が現れる
1
北峰に到着 西風が強くなってくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰に到着 西風が強くなってくる
北峰より山頂方向(右は中峰、中央奥が粟ヶ岳)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰より山頂方向(右は中峰、中央奥が粟ヶ岳)
1
北東方向パノラマ(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東方向パノラマ(元サイズあり)
2
飯豊連峰を拡大(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊連峰を拡大(元サイズあり)
4
北峰より中峰を望む、所々雪煙が舞う 今回山頂を目指したの登山者は先行の一名のみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰より中峰を望む、所々雪煙が舞う 今回山頂を目指したの登山者は先行の一名のみ
1
北峰より妙高連峰を遠望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰より妙高連峰を遠望
1
中峰より山頂を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中峰より山頂を望む
1
強風吹き付ける粟ヶ岳山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風吹き付ける粟ヶ岳山頂
2
新潟平野方向 角田、弥彦山の後方から雨雲が徐々に接近している
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟平野方向 角田、弥彦山の後方から雨雲が徐々に接近している
守門岳 この日はグレートトラバース3の田中陽希氏が守門岳に登頂していたようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守門岳 この日はグレートトラバース3の田中陽希氏が守門岳に登頂していたようだ
4
東方向パノラマ(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方向パノラマ(元サイズあり)
1
北東方向パノラマ(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東方向パノラマ(元サイズあり)
1
南東側より山頂を望む 小規模な雪庇が出来ている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東側より山頂を望む 小規模な雪庇が出来ている
1
川内山塊の山並み 手前より堂ノ窪山、灰ヶ岳、銀太郎山、鍋倉山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川内山塊の山並み 手前より堂ノ窪山、灰ヶ岳、銀太郎山、鍋倉山
2
八木ヶ鼻を見下ろす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八木ヶ鼻を見下ろす
1
北峰と新潟市街地方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰と新潟市街地方面
季節外れの秋のような青空
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
季節外れの秋のような青空
1
下山開始、砥沢峰に向けて北峰を下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始、砥沢峰に向けて北峰を下る
1
砥沢のヒュッテを通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥沢のヒュッテを通過
1
6合目より山頂を見上げる、すでに曇り空
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目より山頂を見上げる、すでに曇り空
三条あたりまで雨のラインが近づいているようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三条あたりまで雨のラインが近づいているようだ
守門岳にも雲がかかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守門岳にも雲がかかる
1
とうとう3合目の下で雨が当たり始める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうとう3合目の下で雨が当たり始める
第二貯水池が見えてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二貯水池が見えてくる
1
雨の第二貯水池を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の第二貯水池を通過
1
粟ヶ岳に別れを告げる 幸い車に戻るまで雨足は強まらなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟ヶ岳に別れを告げる 幸い車に戻るまで雨足は強まらなかった
2

感想/記録

昼頃から天気が崩れる予報のため午前中勝負で粟ヶ岳に登る。登り始めてしばらくは積雪がなかったが3合目より積雪が現れ始め、4合目を越えると徐々に積雪は増えていく。砥沢のヒュッテからはワカンがないと厳しい積雪量。それでも例年よりは小雪の雰囲気。一応山頂までトレースは付いているが、その上に新雪が数センチ積もっている。北峰から先の稜線に上がると強い西風が吹き晒し所々トレースは消え、東側に小規模な雪庇が見られた。

山頂部からの展望は青空の下、申し分なく妙高連峰、朝日や飯豊連峰までクリアに見える。そして重厚な山並みが幾重にも続く川内山塊を見おろす爽快感。至福の時を過ごす。その間も西から灰色の雨雲と雨のカーテンがじわじわと弥彦方面から近づいてくる。

下山は権ノ神岳経由で新ヶ沢から周回する予定だったが諦め、中央登山道を戻ることにした。途中から急ぎ足で下るが3合目でポツリポツリと当たり始め2合目からは完全につかまる。帰途、車に乗って20分も経たないうちに激しい雨と突風に見舞われ、早めに下山しておいて良かったと思った。
訪問者数:317人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ