また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2169538 全員に公開 ハイキング オセアニア

Tongariro Northern Circuit

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年12月31日(火) ~ 2020年01月02日(木)
メンバー
天候1日/2日目目 快晴、3日目 少し曇り
アクセス
利用交通機関
バス
TaupoからADVENTURE HQのシャトルを予約
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間52分
休憩
0分
合計
2時間52分
Sスタート地点10:4813:40マンガテポポ・ハット
2日目
山行
27時間57分
休憩
0分
合計
27時間57分
マンガテポポ・ハット02:1703:04Soda Springs03:0504:46Red Crater04:4704:57Emerald Lake Lookout04:5805:06Emerald Lakes05:0605:24Otureree Hut 分岐06:50オツレレ・ハット06:5109:32ワイホホヌ・ハット09:3306:18ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

写真

予約した朝6時のシャトルを宿のロビーで待っていても来ない。電話したら私が宿の外にいなかったから出発したとのこと!スタッフが移動する13時のバスに乗せてもらうことになりましたが、トレッキング開始が15時頃になってしまう。20時過ぎても昼間のように明るいですが、普段こんな遅い時間に出発しないので落ち着かない。待ってる間に読んだ山岳小説で、登場人物が次々死んで行くのでますます暗い気持ちになりましたが、気を取り直して出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予約した朝6時のシャトルを宿のロビーで待っていても来ない。電話したら私が宿の外にいなかったから出発したとのこと!スタッフが移動する13時のバスに乗せてもらうことになりましたが、トレッキング開始が15時頃になってしまう。20時過ぎても昼間のように明るいですが、普段こんな遅い時間に出発しないので落ち着かない。待ってる間に読んだ山岳小説で、登場人物が次々死んで行くのでますます暗い気持ちになりましたが、気を取り直して出発。
Mangatepopo Hut。ここまでのルートを飛ばす人もいるそうですが、途中から景色が単調だったので納得。小屋の水は雨水なので煮沸しました。小屋にマットレスとガスコンロがありますが、それ以外は持参です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Mangatepopo Hut。ここまでのルートを飛ばす人もいるそうですが、途中から景色が単調だったので納得。小屋の水は雨水なので煮沸しました。小屋にマットレスとガスコンロがありますが、それ以外は持参です。
2日目。アルパインクロッシングと重なるせいか、注意を促す看板がいくつか出てきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。アルパインクロッシングと重なるせいか、注意を促す看板がいくつか出てきます。
Red Crater。この手前は登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Red Crater。この手前は登ります。
快晴ということもあり、湖はパンフレット通りの美しさ。この後似たような所をひたすら歩くので飽きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴ということもあり、湖はパンフレット通りの美しさ。この後似たような所をひたすら歩くので飽きました。
Whaihohonu Hut。広くて清潔です。コースタイムの1.25倍くらいかかりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Whaihohonu Hut。広くて清潔です。コースタイムの1.25倍くらいかかりました。
3日目。帰りのシャトルの時間に間に合わないといけないので6時前に出発。また途中から景色が単調に。荷物は重いし肩は痛いし、かなり飽きてきて歌を歌ったりしましたが面白くありません。こんな反射板付きの目印がずっとあるので迷うことはないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目。帰りのシャトルの時間に間に合わないといけないので6時前に出発。また途中から景色が単調に。荷物は重いし肩は痛いし、かなり飽きてきて歌を歌ったりしましたが面白くありません。こんな反射板付きの目印がずっとあるので迷うことはないです。
予想よりだいぶ早く終わったので食事や昼寝して時間を潰しました。この地図のコースタイムよくわからないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想よりだいぶ早く終わったので食事や昼寝して時間を潰しました。この地図のコースタイムよくわからないです。

感想/記録

日程上荷物を預けられず、街歩き用の服やスニーカー全て持ったらテン泊並み(以上?)の重量になり、急登はないからと甘く見ていたらかなり疲れました。似たような景色が続き途中で飽きてしまい、個人的には1日で行けるTongariro Alpine Crossingで十分だと思いました。
食材は全て日本から持っていきました。入国時に肉は無いと申告したら、検査時におつまみセットにサラミが入っていたのに気づきましたが、没収されただけでお咎めはなしでした。登山靴とストックも問題なし。私は検査の列に早めに並ぶことができ、国内線に乗り継ぐ時間がないからと急ぐ人に先に行ってもらいました。列の後ろの人はかなり待ったのではないでしょうか。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:75人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ストック ガス 急登 テン マット
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ