また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2176779 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

六甲白石谷〜瑞宝寺西尾根(リベンジ)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ(4~12℃)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
六甲ケーブル下駐車場横の元テニスコートの駐車場が平日500円休日600円で安いです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
1時間13分
合計
6時間7分
Sロープウェイ有馬温泉駅駐車場08:5909:54炭屋道合流点10:12紅葉谷10:1510:23白石滝10:2410:51白竜滝11:1712:09六甲山12:3912:44一軒茶屋12:4513:57展望台14:0914:40瑞宝寺公園14:51銀の湯14:57池之坊駐車場15:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白石谷から六甲最高峰
白石谷に入ると右岸を行くか左岸行くかで滑りやすいところが違ってくるので、コース判断に迷うところがあります。白竜滝の上部のロープ個所は手が不自由な私には少しビビりました。ところ所、登山道が崩壊しているところがあります。6年前にはなかったロープが張ってあるところもありましたしたが、このコースは登山初心者には下山にはつかわない方がいいと思います。
瑞宝寺西尾根
入口には何も標識は見つかりませんでしたが、唯一グリーンの荷づくりテープがついてはいました。一軒茶屋と瑞宝寺谷の標識の中間あたりです。尾根沿いにいくつかの分岐がありますがGPSとテープを頼りに腰までのササの間を進みました。笹原で1か所、その後瑞宝寺展望台の上部でルートが分かりずらい所がありました。ベンチ跡、木の階段跡などがありましたが最近は歩く方が少ないようです。
入口からかなりの間、腰あたりまでの笹原を進みますが、ササが終わるとまずまず登山道ははっきりとします。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

白石谷の手前から入ります。
2020年01月11日 10:19撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石谷の手前から入ります。
ざれ場を登ります。
2020年01月11日 10:50撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ざれ場を登ります。
白竜滝の少し上で10mぐらいのロープ箇所があります。6年前は行けましたが今回はロープで確保してもらいました。
2020年01月11日 10:56撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白竜滝の少し上で10mぐらいのロープ箇所があります。6年前は行けましたが今回はロープで確保してもらいました。
1
登山道の左下が崩落しています。
2020年01月11日 11:23撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の左下が崩落しています。
第六堰堤?からここまで急登で崩落箇所もありました。ここから最高峰までも直登の急登です。
2020年01月11日 11:51撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第六堰堤?からここまで急登で崩落箇所もありました。ここから最高峰までも直登の急登です。
1
最高峰への分岐
ここまでは誰とも会いませんでした。裏六甲は、滝が凍らなければ、登山者は少ないのでしょうか?
2020年01月11日 11:51撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高峰への分岐
ここまでは誰とも会いませんでした。裏六甲は、滝が凍らなければ、登山者は少ないのでしょうか?
六甲最高峰
2020年01月11日 12:08撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲最高峰
表からの登山者で溢れています。
2020年01月11日 12:10撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表からの登山者で溢れています。
入口はここより50mぐらい手前です。
2020年01月11日 12:48撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口はここより50mぐらい手前です。
有馬源泉
2020年01月11日 14:50撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬源泉
お洒落なお店ができていました。
2020年01月11日 14:51撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お洒落なお店ができていました。
撮影機材:

感想/記録

白石谷には、2011年のケガの1週間前に行きそのあと2013年にも行き10mのロープ箇所が登りずらかったので、リベンジに訪れました。ロープ箇所はアッセンダーを改良して左手に固定して登ることができました。これで滑って滑落は防げます。5mぐらいのロープを持っていきましたが、10mは必要でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:237人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 GPS 右岸 左岸 崩落 滑落 直登 堰堤
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ