また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2181976 全員に公開 アルパインクライミング 甲斐駒・北岳

 黄蓮谷左俣

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年01月11日(土) 〜 2020年01月13日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り後雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白川渓谷駐車場

コースタイム [注]

1日目:竹宇登山口から七丈小屋まで。途中6号目の谷への下降点を偵察。テントを設営時点では我々が1番で後から4張りきた。
2日目:3:30起床するも5:40頃テント場出発。6号目下降点06:07着。この時点でも遅いがアプローチに時間かかり、坊主の滝の上の滝に07:30ともう完全に明るかった。
最後の滝を登り終えてロープをザックに仕舞い16:35だった。そこからは黒戸尾根に上がるわけだが、先行パーティが歩いた跡をトレースするだけで我々は何もルーファイもする必要もなく18:06テント場に帰ってきた。


写真であげた滝ではロープを出してビレイして登ったが、その間にも緩傾斜の短い滝がありフリーソロで登った。
コース状況/
危険箇所等
竹宇登山口と横手登山口との合流点手前でチェーンスパイク装着
その他周辺情報尾白川温泉
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 アプローチが早朝でヘッデンだが、使用中に故障した。予備のヘッデンを持参してて良かった。

写真

坊主の滝の上にある15m滝。ここから登攀開始。7:30時点我々が取付きビリケツだと思っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主の滝の上にある15m滝。ここから登攀開始。7:30時点我々が取付きビリケツだと思っていた。
1
08:35着。チムニー滝。慣れてる人はフリーソロで登っていたが我々はロープを出した。この滝で後からきた3人パーティに追い抜かれ我々が本日の最後尾になった。
2020年01月12日 08:35撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:35着。チムニー滝。慣れてる人はフリーソロで登っていたが我々はロープを出した。この滝で後からきた3人パーティに追い抜かれ我々が本日の最後尾になった。
1
11:00着。核心の大滝60m。1ピッチで登るなら60m以上のロープが必要だが我々は50mロープなので途中でアイススクリューでピッチを切り2ピッチで。
2020年01月12日 10:59撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:00着。核心の大滝60m。1ピッチで登るなら60m以上のロープが必要だが我々は50mロープなので途中でアイススクリューでピッチを切り2ピッチで。
1
15:20着。最後の滝30m。これを登れば氷瀑は終了。少し詰めたら左手の尾根〜さらに左にトラバース〜黒戸尾根8号目付近に出た。
2020年01月12日 15:20撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:20着。最後の滝30m。これを登れば氷瀑は終了。少し詰めたら左手の尾根〜さらに左にトラバース〜黒戸尾根8号目付近に出た。
2

感想/記録
by maduru

当初は右俣を計画していたが、七丈小屋小屋番さんから右俣は雪で埋まりラッセルで終了との話を聞き、左俣に目標を変更。朝出発遅れ7:30着で坊主の滝の上から登る。我々が知る限り1/12この日は7パーティが入っていた。そのお陰もあってろくに下調べもしていない我々は前を行くパーティを追って登り、詰めもトレースがあり難無く黒戸尾根に上がることができた。

反省点はテント場から谷までチェーンスパイクで行こうとしていたこと。アプローチ途中でアイゼン装着しなければならず余計な手間だった。アタックの日はアイゼンのみで良かった。また、再度この黄蓮谷左俣の機会があれば60mロープを持参したい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:458人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ