また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2212269 全員に公開 ハイキング中国

30年ぶりの窓ヶ山西峰、晴れなのに小雨、残念

日程 2020年02月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れなのに小雨
アクセス
利用交通機関
バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間31分
休憩
33分
合計
4時間4分
Sスタート地点09:3209:53窓が山西峰ルート登山口09:5611:03おんな岩11:09窓が山西峰ルート分岐11:26窓ヶ山西峰11:5612:50窓が山西峰ルート登山口12:5113:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
稜線に出ると雪数センチ、踏み跡なく登山道間違えたため、引き返す
登山道は、倒木あり、七合目から上は、勾配急

写真

五日市南口発湯来温泉行きバスで魚切下車です。9:28着でした。土日は、この便が始発です。バス停は雪がちらついてました。私にとって今日が今シーズンの初雪です。
2020年02月09日 09:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五日市南口発湯来温泉行きバスで魚切下車です。9:28着でした。土日は、この便が始発です。バス停は雪がちらついてました。私にとって今日が今シーズンの初雪です。
1
バス停のそばに案内板がありました。
2020年02月09日 09:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停のそばに案内板がありました。
魚切バス停から五日市側に30メートルくらい戻ると登山道があります。
2020年02月09日 09:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚切バス停から五日市側に30メートルくらい戻ると登山道があります。
窓が山の上は、雪で白くなってます。
2020年02月09日 09:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窓が山の上は、雪で白くなってます。
窓が山西峰登山道入口が先にあり道路をさらに100メートル登ると東峰登山道入口があります。
2020年02月09日 09:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窓が山西峰登山道入口が先にあり道路をさらに100メートル登ると東峰登山道入口があります。
登山道入口に窓が山案内がありました。
2020年02月09日 09:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入口に窓が山案内がありました。
1
西峰登山道入口道標です。
2020年02月09日 09:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰登山道入口道標です。
最初のベンチで休憩
2020年02月09日 10:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のベンチで休憩
この辺りから雪がうっすら❄️
2020年02月09日 10:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから雪がうっすら❄️
西峰まで900メートルの道標です。
2020年02月09日 10:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰まで900メートルの道標です。
頂上まで500メートルの道標です。登山開始して、晴れているのに雨粒がパラパラ落ちてくるのです。なんでだろって考えてたら、やっとわかりました。木の葉や枝に積もっていた雪が日の光があたり溶けて雫が落ちてるのです。
2020年02月09日 10:46撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まで500メートルの道標です。登山開始して、晴れているのに雨粒がパラパラ落ちてくるのです。なんでだろって考えてたら、やっとわかりました。木の葉や枝に積もっていた雪が日の光があたり溶けて雫が落ちてるのです。
この辺りから勾配が一段と急になります。何箇所かロープが付けてあります。
2020年02月09日 10:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから勾配が一段と急になります。何箇所かロープが付けてあります。
稜線に出るといっぺんに雪が積もってます。白川と魚切下山路分岐点です。
2020年02月09日 11:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出るといっぺんに雪が積もってます。白川と魚切下山路分岐点です。
同じ道標違う方向から撮ってます。
2020年02月09日 11:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ道標違う方向から撮ってます。
窓が山西峰山頂です。
2020年02月09日 11:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窓が山西峰山頂です。
山頂からの眺望、五日市、宮島方向
2020年02月09日 11:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望、五日市、宮島方向
2
極楽寺山方向です。
2020年02月09日 11:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極楽寺山方向です。
1
山頂付近に踏み跡なく、今日私が初めての登山者のようです。
2020年02月09日 11:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近に踏み跡なく、今日私が初めての登山者のようです。
降りて振り返ると、窓が山見事に晴れています。残念
2020年02月09日 12:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りて振り返ると、窓が山見事に晴れています。残念
魚切バス停時刻表です。この時間2時間に一本しかない。後1時間45分どうする?
2020年02月09日 13:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚切バス停時刻表です。この時間2時間に一本しかない。後1時間45分どうする?
1
原田橋からの眺望です。見事に晴れています。今ならすごい眺望でしょうに!残念
2020年02月09日 13:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原田橋からの眺望です。見事に晴れています。今ならすごい眺望でしょうに!残念
1
魚切から原田橋まで道路歩きしました。バスが通るメインの道路は車がビュンビュンスピード出して危ないので、八幡川の反対側の側道歩きました。原田橋から藤の木団地からのバスがあるため便数が増えます。ここから五日市北口行きバスに乗車です。
2020年02月09日 13:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚切から原田橋まで道路歩きしました。バスが通るメインの道路は車がビュンビュンスピード出して危ないので、八幡川の反対側の側道歩きました。原田橋から藤の木団地からのバスがあるため便数が増えます。ここから五日市北口行きバスに乗車です。
1
撮影機材:

感想/記録

当初窓が山西峰から東峰、向山まで行って引き返し、藤の木団地に降りてバスで帰る予定でした。しかし西峰から東峰に向かおうとしたのですが、雪のため踏み跡がなく、わからない。間違えて北側に迷いこんでしまいました。地図と山レコでなんとかしようとしましたが、1人だし無理するのはやめてそのまま登った道を戻りました。魚切バス停で次便は、1時間45分後、待ってても寒いだけなので原田橋まで歩きました。ここまでくればバスの便は増えます。しかしリターンマッチしなくてはなりません。窓が山は30年前に一度登ったことがありました。
訪問者数:25人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

倒木 道標 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ