また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2213467 全員に公開 雪山ハイキング 甲斐駒・北岳

裸山 〜想定外の踏み抜き地獄(;^_^A次回リベンジ確定〜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年02月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
北尾根登山口にある路肩駐車スペースを利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
1時間9分
合計
6時間33分
Sスタート地点07:0108:04見晴らし台08:0609:19アヤメ平09:22アヤメ平避難小屋09:2609:27アヤメ平10:12裸山10:2411:13ほこら小屋11:5513:00伊奈ヶ湖駐車場13:07北伊奈ヶ湖駐車場13:1613:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スタートから見晴らし台まではルート外して途中から直登してます。
ルート外した原因は作業用マーキング(たぶんですが)を追ってしまったため。
地図と見比べて違うと気が付いていましたが、いつものごとく戻るのが面倒になり直登となりました。
コース状況/
危険箇所等
登りの北尾根は標高1300mくらいの夏季登山口(冬季は車両通行止め)くらいから凡そ20cmの積雪あり。1600mを超えると全面雪道。1800m超えあたりから場所によっては股下くらいの踏み抜きあり。
下山ルートの中尾根もほほ同じような感じで、北尾根よりも積雪量が多かった印象ですが、北尾根と比較すると結構歩かれているので踏み抜きに関してはこちらの方がマシでした。
近々で登山を計画されている方はワカンまたはスノーシューの携帯を推奨します。
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

写真

北尾根登山口からスタート。
本当はこれよりもっと上の展望台(標高1300m)から登るつもりでしたが、林道が冬季閉鎖でした。
いきなりの計画変更(;^_^A
2020年02月09日 07:03撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根登山口からスタート。
本当はこれよりもっと上の展望台(標高1300m)から登るつもりでしたが、林道が冬季閉鎖でした。
いきなりの計画変更(;^_^A
1
マーキング追っていったら手詰まり。
やっぱ違ったか・・
いつも同じこと繰り返して反省なしです。
2020年02月09日 07:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マーキング追っていったら手詰まり。
やっぱ違ったか・・
いつも同じこと繰り返して反省なしです。
1
そんでもって恒例の直登。
木と切株を頼りに急斜面を登っていきます。
2020年02月09日 07:22撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんでもって恒例の直登。
木と切株を頼りに急斜面を登っていきます。
1
ようやく正規ルートに復帰。
これで20分ほどタイムロス。
2020年02月09日 07:43撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく正規ルートに復帰。
これで20分ほどタイムロス。
2
本当はここから登るつもりでした。
下調べ不足にもほどがある。
2020年02月09日 08:05撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はここから登るつもりでした。
下調べ不足にもほどがある。
2
ここから積雪量が急激にUP
2020年02月09日 08:06撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから積雪量が急激にUP
1
アヤメを守るための柵です。
ゲートを超えてアヤメ平へ。
2020年02月09日 09:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメを守るための柵です。
ゲートを超えてアヤメ平へ。
1
すでに踏み抜き地獄は始まってました。
この積雪量。マジか・・
2020年02月09日 09:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでに踏み抜き地獄は始まってました。
この積雪量。マジか・・
2
ゲートも雪で開かない状況。
設置されているスコップでも歯が立たない。
なので、登って乗り越えました。
2020年02月09日 09:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートも雪で開かない状況。
設置されているスコップでも歯が立たない。
なので、登って乗り越えました。
1
裸山の直下。
2020年02月09日 10:14撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裸山の直下。
1
踏み抜き多数とはいえ、トレースあるだけでもマシな状況。
トレースはスノーシューっぽい感じ。
2020年02月09日 10:14撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜き多数とはいえ、トレースあるだけでもマシな状況。
トレースはスノーシューっぽい感じ。
2
裸山の山頂。
ここが一番のお気に入りです。
2020年02月09日 10:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裸山の山頂。
ここが一番のお気に入りです。
2
気が付いたら富士山の上に大量の雲が。
2020年02月09日 10:20撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気が付いたら富士山の上に大量の雲が。
2
櫛形山に来たらここは逃せません。
南アルプスの展望台です。
2020年02月09日 10:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛形山に来たらここは逃せません。
南アルプスの展望台です。
2
櫛形山の山頂を目指すかどうかの分岐。
山頂は展望ないし、寒いからパスしました。
2020年02月09日 10:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛形山の山頂を目指すかどうかの分岐。
山頂は展望ないし、寒いからパスしました。
1
スノーシュー持ってこなかったのが悔やまれます。
2020年02月09日 10:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシュー持ってこなかったのが悔やまれます。
2
ほこら小屋近くの分岐。
小屋でランチタイム。
2020年02月09日 11:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほこら小屋近くの分岐。
小屋でランチタイム。
1
下山で歩いた中尾根は北尾根より積雪量が多かった。
2020年02月09日 12:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山で歩いた中尾根は北尾根より積雪量が多かった。
1
南伊奈ヶ湖。
県民の森グリーンロッジがあります。
2020年02月09日 12:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南伊奈ヶ湖。
県民の森グリーンロッジがあります。
1
少し寄り道して北伊奈ヶ湖。
前回は工事してたので見れませんでしたが、結構綺麗なところですね。
2020年02月09日 13:09撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し寄り道して北伊奈ヶ湖。
前回は工事してたので見れませんでしたが、結構綺麗なところですね。
2
もう一枚。
2020年02月09日 13:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一枚。
3
登山口へ戻ってきました。
2020年02月09日 13:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口へ戻ってきました。
1
撮影機材:

感想/記録

今週末は山登りを休む予定でしたが、天気予報も良さげで、結局登ることになりました。今回はハイキング的な感じで自宅から一番近い櫛形山を選びました。
ところがちょっと見通しが甘かった。レコを探しても最新は1/24で2月の状況は不明。最近寒かったけど、櫛形山なら大して積雪もないだろうと考えた結果、踏み抜き地獄にはまることになってしまいました。
靴は冬靴ではなくローカット。ゲーターもなく、スパッツだけ。準備不足といえばそれまでですが、これで踏み抜きは大変でした。
最初は櫛形山の山頂まで登るつもりでしたが、途中で計画変更しなければならない状況になってしまいました。体力的、時間的には問題なかったんですが、踏み抜き地獄で靴の中が濡れてしまったことと、想定以上の寒さでピークは断念。
これだけ積もるなら、スノーシュー持参でリベンジしたいところです。
というよりスノーシューあればかなり楽しめる山行になりそう。
でも、もう来週あたりから気温が上昇してくるらしいので、残念ながら来年に持ち越しになりそうです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:153人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ