また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2213863 全員に公開 雪山ハイキング十和田湖・八甲田

大雪の猿倉温泉テント泊

日程 2020年02月08日(土) 〜 2020年02月09日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候ず〜〜と雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間40分
休憩
1時間24分
合計
5時間4分
Sスタート地点09:5610:05谷地ゲート10:1211:19猿倉温泉登山口12:3614:16矢櫃萢15:00猿倉温泉登山口
2日目
山行
1時間36分
休憩
6分
合計
1時間42分
猿倉温泉登山口07:3709:01谷地ゲート09:0709:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8日 10:00谷地温泉−11:20猿倉温泉12:20−14:10矢櫃沢−15:00テント場
9日 07:30テント場−08:00国道入口−09:00谷地ゲート−09:15谷地温泉

写真

手を広げたぶな
国道の両側はぶなだらけ
2020年02月08日 10:29撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手を広げたぶな
国道の両側はぶなだらけ
2
振り返ると
2020年02月08日 10:29撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると
2
一列になって歩いて行きます
2020年02月08日 10:29撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一列になって歩いて行きます
3
青看板見えて来た
2020年02月08日 11:01撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青看板見えて来た
猿倉温泉入り口の橋から
2020年02月08日 11:15撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉温泉入り口の橋から
1
今日の太陽はこれくらい
2020年02月08日 11:15撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の太陽はこれくらい
登山口の駐車場に3張り
2020年02月08日 12:09撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の駐車場に3張り
2
1階は埋まり、屋根雪重そう
2020年02月08日 12:09撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階は埋まり、屋根雪重そう
1
起点の補助板
2020年02月08日 12:37撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起点の補助板
80番やっと見つかった
少し右側を歩いていた
2020年02月08日 13:10撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
80番やっと見つかった
少し右側を歩いていた
1
矢櫃萢
2020年02月08日 14:19撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢櫃萢
1
埋もれつつあるテントたち
2020年02月08日 15:02撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
埋もれつつあるテントたち
3
雪降りしきる
2020年02月09日 05:59撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪降りしきる
3
トイレ兼休憩所の屋根
2020年02月09日 07:34撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレ兼休憩所の屋根
ラッセルに苦労している模
2020年02月09日 07:38撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセルに苦労している模
1
猿しか見えない
2020年02月09日 08:05撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿しか見えない
2
帰ってきました
2020年02月09日 08:58撮影 by F-04K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰ってきました
3

感想/記録
by oosawa

今シーズン3回目の雪山テント泊。やっと雨の心配しなくていいと思ったら、大雪になりました。
土曜日、谷地温泉に駐車のお願いと登山届をフロントに。優しく見送ってもらい、温かな気持ちで出発。新雪をラッセルし、あっという間に猿倉温泉。登山口の駐車場を圧雪してテント設営。
午後のハイキングは3人。サブザックに、フリースお湯パン3個ヘッドライト救急セットとスコップを詰める。テント場から見上げることができる乗鞍コースの黄色三角補助板から、矢櫃橋を目指し、コンパス220度で進む。このコースは、猛吹雪の時にほんのちょっと。もりかずさんとテント泊の帰りに1回ということで、初めて感覚の登りにわくわく、軽いラッセルで進むが、指導標は中々見つからない、80番1枚でも見つかって良かったと話す。私が先頭の時、ダケカンバ目指してと後ろから声がかかる。確かに左前方にダケカンバある。と意識するとダケカンバだらけと言うことは!Nさんから南八甲田の夏道にはダケカンバがあるから目印になるよと言われていたが、夏場は道が見えるので、意識してないが、今日の状態ではハッキリとした目印だった。
ダケカンバの夏道に合流すると、今度は木がうるさくなり、左手にずれてしまう。矢櫃萢のそばの通称矢櫃山に登り初め、この山登るんだっけ?でもそれはそれで楽しそうなどど、地図も見ないで進むうちに、目的地から離れて行く。道を失う時はあっという間。3人でGPSを確認して夏道を目指す、ここは矢櫃萢か?と思う湿原地帯を通るが、木が多いのでいつも見ている矢櫃萢ではなく隣の湿原だった。夏道に戻ると、矢櫃沢の対岸の1250の山が(夏道がダケカンバ並びで見見える)ふわ〜と見えてくる。それまでは、遠くはガスで見えなかった。矢櫃橋近くの地図にも現れている崖も確認でき、現在地をハッキリ確認。
帰りは40度意識して歩く、が、木に邪魔されるとすぐ外れてしまう。52番60番61番と次々と見て、崖を1回滑る、シールつけてても、パウダー飛ばして気持ちいい。登りのルートと合流し、80番確認。
夜、横になると聞こえるのは飛行機の音と、降り続く雪がテントを流れる音だけ。
日曜日朝、外に出るとしまり雪のためラッセル大変。今回は屈強なラッセルマンが参加してくれてるので気が楽だ。もちろん私もラッセル。今のスキーは軽くて、先が上に向いていて、ラッセルしやすい。4人いることで、疲れ切ることなく笑顔でゴール。
雪だらけで、青空見ること出来なかったけど、大満足のテント泊でした。ありがとうございました。
訪問者数:102人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ