また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2214518 全員に公開 山滑走妙高・戸隠・雨飾

赤倉山(杉ノ原スキー場〜池之平スキー場)

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間24分
休憩
27分
合計
4時間51分
Sスタート地点09:0909:30林道入り口09:4509:56尾根取り付き11:33赤倉山肩11:4512:15林道横断13:15沢渡渉地点14:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
池之平スキー場へ乗り上げる最後の沢は完全に埋まっておらず、頼りないスノーブリッジで。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

ゴンドラ降り場から少し下った場所にある林道入り口。ここから入る。
2020年02月08日 09:36撮影 by HTC U11 Life, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ降り場から少し下った場所にある林道入り口。ここから入る。
シールを付けて出発。
2020年02月08日 09:36撮影 by HTC U11 Life, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シールを付けて出発。
ブナ林がきれいな場所だ。
2020年02月08日 10:21撮影 by HTC U11 Life, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林がきれいな場所だ。
いい感じのブナ林が続く。
2020年02月08日 10:21撮影 by HTC U11 Life, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じのブナ林が続く。
Mさんのラッセル。
2020年02月08日 10:45撮影 by HTC U11 Life, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Mさんのラッセル。
赤倉山へはいったん下ってから登る。雪で霞んで見える。
2020年02月08日 11:35撮影 by HTC U11 Life, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤倉山へはいったん下ってから登る。雪で霞んで見える。
赤倉山肩のピークにて
2020年02月08日 11:35撮影 by HTC U11 Life, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤倉山肩のピークにて
赤倉山肩ピーク、今日は誰もいない。
2020年02月08日 11:35撮影 by HTC U11 Life, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤倉山肩ピーク、今日は誰もいない。

感想/記録
by tyk321

妙高杉ノ原スキー場に到着後、車1台を池之平スキー場へデポ。杉ノ原は今年からゴンドラ代が1500円に値上げされており、シニア料金も500円から1000円と倍になっておりショックを受ける。
ゲレンデトップ、ゴンドラ降り場からやや下った林道入り口からシールを付けて歩き出す。直に尾根の取り付き部に到着して、ここから尾根伝いに。途中ブッシュがまだ多いが、登りにそれほど影響はない。ブナ林がきれいな場所だ。
歩き出してから2時間ほどで赤倉山の肩に到着した。終始雪模様で山頂は霞んで見えるが、山頂へは一旦下ってから登るためスキーではここまで。Kさん、Sさんは一段下で待つというので準備をしてすぐに滑り出す。雪は軽くて最高、低温でもあり今シーズン一番のパウダースノーだ。
ブッシュの煩いところやそれほどでもないところもあり、休み休みだが大きな休憩もせず下る。途中、ブッシュを避けるため回り込んだのが原因か、スキー場へ戻る沢の横断地点を外して別の尾根を降りてしまったが、登り返して何とか横断地点へ。沢は完全には埋まりきっておらず、きわどいスノーブリッジを渡ってスキー場へ飛び出した。
足が疲労のため既に限界で、痙攣を起こしながらスキー場コースを滑って無事ゲレンデ下へ到着。少しの登りで下りがたくさん楽しめるコースだった。雪が一段と降りしきる中、杉ノ原スキー場へ戻ってツアーを終了した。
訪問者数:119人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 スノーブリッジ ブナ デポ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ