また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2214604 全員に公開 山滑走磐梯・吾妻・安達太良

今年は色薄く控えめサイズだったイエローフォール

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー
 Ainge(CL)
, その他メンバー4人
天候曇り時折り陽射しあり
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
裏磐梯スキー場トップからイエローフォールに往復
ウロコ板(10thマウンテン)なのでシール装着せずに向かいましたが、往路のコース取りが悪かったせいか斜度がきつく厳しかったです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間3分
休憩
7分
合計
3時間10分
S裏磐梯ゲレンデトップ11:3011:40銅沼11:4112:58イエローフォール13:0414:31銅沼14:40裏磐梯ゲレンデトップG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪が少なく、イエローフォール途中の大岩付近の一部に露出している個所もありスキーでアクセスは注意。
その他周辺情報五色沼近くのペンションに宿泊

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ブーツ ザック ビーコン スコップ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

リフトトップからスタート、フラットソールの3人はシール装着、ウロコ板二人は装着せずにスタート
2020年02月08日 11:23撮影 by SC-03J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトトップからスタート、フラットソールの3人はシール装着、ウロコ板二人は装着せずにスタート
1888年噴火の説明
2020年02月08日 11:24撮影 by SC-03J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1888年噴火の説明
銅沼は氷が張っていて問題なく渡渉できます
2020年02月08日 11:44撮影 by SC-03J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅沼は氷が張っていて問題なく渡渉できます
1
今年のイエローフォールは薄く控え目はサイズ
2020年02月08日 13:02撮影 by SC-03J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年のイエローフォールは薄く控え目はサイズ
3
イエローフォールのアップ
2020年02月08日 13:02撮影 by SC-03J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イエローフォールのアップ
1
復路薄日が差し磐梯山が望めました
2020年02月08日 14:44撮影 by SC-03J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路薄日が差し磐梯山が望めました
このアングルの磐梯山がイイですね!
2020年02月08日 14:56撮影 by SC-03J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このアングルの磐梯山がイイですね!
おまけ1 2015/02/21 撮影のイエローフォール
2015年02月21日 13:13撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ1 2015/02/21 撮影のイエローフォール
おまけ2 2015/02/21 撮影のイエローフォールのアップ
2015年02月21日 13:04撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ2 2015/02/21 撮影のイエローフォールのアップ
1

感想/記録
by Ainge

2015年以来イエローフォールを再訪しましたが、暖冬の影響か黄色く見える箇所が小さかったですね。
今回、初めてのメンバーが二人いて、往路車中に観光協会(https://www.urabandai-inf.com/?page_id=24946)のサイトで調べていただけに、今年のサイズ感にのギャップに驚いていたようです。
しかし、年によって色々な差があることが分かって良かったです。

復路はイエローフォールから滑降し、その後、銅沼に回り込んでいるトレースがあり拝借しました。上手く岩場、ブッシュを潜り抜けて銅沼に至り助かりました。今回のGPSの高低差を見ると復路の方がなだらかに下っています。

翌日の西大嶺南西尾根TM
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2214721.html
訪問者数:181人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

GPS 渡渉 リフト
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ