また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2237366 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

都留市二十一秀峰 赤鞍ヶ岳、菜畑山、今倉山、赤岩、二十六夜山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年02月27日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
「芭蕉 月待ちの湯」から、都留市駅の循環バスがあります。
富士急バス路線バスWebに「都留市内循環バス」の案内が載っています。午後からは3本しかありません。¥200とお安い。
15:54に乗れそうでしたが、温泉でゆっくりしたいので次の18:32で帰ることに。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間33分
休憩
37分
合計
9時間10分
S梁川駅06:3906:58寺下峠入口06:5907:47寺下峠07:4808:11下尾崎バス停09:01二十六夜山09:09分岐09:12三日月峠09:1309:43棚ノ入山09:49サンショ平09:5410:21朝日山10:2210:29岩殿山10:44岩戸ノ峰11:00本坂峠11:05ブドウ岩ノ頭11:0811:13アミハリ11:1411:20網場峠11:2112:04菜畑山12:1012:32水喰ノ頭12:3313:01平沢ノ頭13:17今倉山13:30御座入山13:38西ヶ原13:3913:49赤岩14:0414:17中ノ沢ノ頭14:44二十六夜山15:04仙人水15:49芭蕉 月待ちの湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
前々から、計画中のコース。以前ヤマレコを記録する前に、何度も失敗して道志の舗装道路を駅まで泣く泣く走って帰っていた、リベンジコース。バスでの取り巻きが本当に本数少なく面倒なんです。
何回富士山を見れるか?ということで、ヤマレコでも多数記録がありましたし、目的地は「芭蕉 月待ちの湯」でこのルートを設定。久しぶりの長距離トレイルでした。
移動スピードがゆっくりだったし、「山と高原地図」にあるトレイルなので、スマホでのログ記録はスムーズでした。
今日は平日でマイナールート出発で誰にもあわないかなあと思いきや、天気も良く「富士山に導かれる友の会」となりました。途中で鹿さんにも会いました。私を見つけるとびっくりして逃げて行きました!
コース状況/
危険箇所等
危険というわけではありませんが、登山道が多少荒れていたり、歩きにくい(走るには無理)ところがあります。
天気が悪く視界の良くないときはお勧めできないかと思います。
その他周辺情報「都留市温泉 【芭蕉 月待ちの湯】一般¥720 温泉は無色透明のぬるめです。サウナもあります。全体的に広めです。結構奥まったところで静かなところです。
食堂で唐揚げ定食¥700 量も味も値段も手ごろでばっちり。ほかのメニューも豊富です。食堂の方も受け付けの方もとっても親切。また来ます。
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

写真

ここから寺下峠までは何度か通っています。
登山道、多少崩落気味でした。
2020年02月27日 07:08撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから寺下峠までは何度か通っています。
登山道、多少崩落気味でした。
ここからが、初めての登山道。林の中でお天気だという日でも薄暗くて気味が悪いです。
2020年02月27日 07:57撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが、初めての登山道。林の中でお天気だという日でも薄暗くて気味が悪いです。
峠から下りてきました。いったん民家の一般道を通ります。
2020年02月27日 08:19撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠から下りてきました。いったん民家の一般道を通ります。
野獣侵入禁止のフェンスを開けます。
最近民家と山の玄関フェンスよく見かけます。
2020年02月27日 08:26撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野獣侵入禁止のフェンスを開けます。
最近民家と山の玄関フェンスよく見かけます。
ところどころに道標があるので、分かりやすい。
2020年02月27日 08:50撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころに道標があるので、分かりやすい。
これが「二十六夜塔」?
2020年02月27日 09:06撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが「二十六夜塔」?
‘鷭熟嗣觧魁幣緻邯興山地区)972M
展望なし。「山梨百名山であるが「都留市二十一秀峰」ではない。
2020年02月27日 09:09撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
‘鷭熟嗣觧魁幣緻邯興山地区)972M
展望なし。「山梨百名山であるが「都留市二十一秀峰」ではない。
2
多少雪がうっすら。昨日降った模様。すべりはしません。
2020年02月27日 10:12撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少雪がうっすら。昨日降った模様。すべりはしません。
もっと雪があるときに来たらどうだっただろう?
2020年02月27日 11:09撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっと雪があるときに来たらどうだっただろう?
菜畑山に着きました。
ここからは道志の中でも名の知れた山を縦走します。
ここまでの、アップダウンと、倒木と、いろいろ登山道崩れの道を通ってきた私はなんだったのか?
2020年02月27日 11:53撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜畑山に着きました。
ここからは道志の中でも名の知れた山を縦走します。
ここまでの、アップダウンと、倒木と、いろいろ登山道崩れの道を通ってきた私はなんだったのか?
1
やっと、富士山が出迎えてくれました。
今日の富士山は、雲が多いです。
富士山は午前中が勝負です。今日の行程では富士山に会えるまで結果的に午前中は無理でした。
2020年02月27日 11:53撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、富士山が出迎えてくれました。
今日の富士山は、雲が多いです。
富士山は午前中が勝負です。今日の行程では富士山に会えるまで結果的に午前中は無理でした。
1
曙橋バス停へ降りる道しるべ。
本当はバスで近くまで来たいのはごもっともですが、バスの本数が非常に少なく、曜日によってはバス運行していなかったりで、過去道志付近の道路を泣く泣く走って駅までの経験あり。
2020年02月27日 11:53撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曙橋バス停へ降りる道しるべ。
本当はバスで近くまで来たいのはごもっともですが、バスの本数が非常に少なく、曜日によってはバス運行していなかったりで、過去道志付近の道路を泣く泣く走って駅までの経験あり。
雲が取れない。
2020年02月27日 11:54撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が取れない。
晴天ではあるが。
今度、だれかに車で登山道下まで連れてきてもらおう。
富士山がきれい!と誘ってみよう!
2020年02月27日 11:54撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴天ではあるが。
今度、だれかに車で登山道下まで連れてきてもらおう。
富士山がきれい!と誘ってみよう!
1
やっと休憩場所がありました。
ここで、持参のパンでランチタイム。
2020年02月27日 11:54撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと休憩場所がありました。
ここで、持参のパンでランチタイム。
1
頂上は結構広いです。テント張れそう。
2020年02月27日 11:54撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は結構広いです。テント張れそう。
今日初めてのハイカーさんに出会い、写真をとってもらいました。菜畑山の下の駐車場に車を停めて上がってくると、直ぐでしたとのこと。物足りないのでこの先どこに進もうか?とのこと。もう富士山を見てしまった後は、私が今日来た道はお勧めしませんよ!とお伝えしました。その後また会うことに!
2020年02月27日 12:18撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日初めてのハイカーさんに出会い、写真をとってもらいました。菜畑山の下の駐車場に車を停めて上がってくると、直ぐでしたとのこと。物足りないのでこの先どこに進もうか?とのこと。もう富士山を見てしまった後は、私が今日来た道はお勧めしませんよ!とお伝えしました。その後また会うことに!
2
時々、木々の樹氷がきれいです。
2020年02月27日 13:23撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、木々の樹氷がきれいです。
ここから御正体山にも行けそうです。
2020年02月27日 13:26撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから御正体山にも行けそうです。
今倉山、道標のあるところは展望はありません。
道志山の「倉岳山」と「今倉山」、名前が似ていてよく間違える私。
2020年02月27日 13:26撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今倉山、道標のあるところは展望はありません。
道志山の「倉岳山」と「今倉山」、名前が似ていてよく間違える私。
2
この下にもすぐの登山道あり。
今日の私みたいに遠くからわざわざのハイカーさんはあまりいません。
2020年02月27日 13:27撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この下にもすぐの登山道あり。
今日の私みたいに遠くからわざわざのハイカーさんはあまりいません。
今日の目玉は樹氷です。
2020年02月27日 13:37撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の目玉は樹氷です。
雪山の樹氷とまた違って、面白い。
2020年02月27日 13:37撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪山の樹氷とまた違って、面白い。
昨日、ちょっとだけ雨が降ったのでしょう。
今日の外気はぽかぽかです。
2020年02月27日 13:38撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日、ちょっとだけ雨が降ったのでしょう。
今日の外気はぽかぽかです。
また分岐。ここからも下にあがってくるコースがある模様。
2020年02月27日 13:46撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また分岐。ここからも下にあがってくるコースがある模様。
赤岩。立派な道標。
ここで、先客のハイカーさんと出会う。午前中は「石割山」で雲隠れしない富士山が見れたって、写真見せてもらいました。
先ほどであったハイカーさんも私の到着後すぐ来て、3人でおしゃべり。菜畑山から今倉山まで2H10Mの表示でしたが、そんなにかからない模様。
どちらの方もハイカーさんというより、超健脚ハイレベルの富士山愛好登山者でした。
2020年02月27日 13:58撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩。立派な道標。
ここで、先客のハイカーさんと出会う。午前中は「石割山」で雲隠れしない富士山が見れたって、写真見せてもらいました。
先ほどであったハイカーさんも私の到着後すぐ来て、3人でおしゃべり。菜畑山から今倉山まで2H10Mの表示でしたが、そんなにかからない模様。
どちらの方もハイカーさんというより、超健脚ハイレベルの富士山愛好登山者でした。
1
富士山。ここでは頂上に取り巻く雲。
2020年02月27日 13:59撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。ここでは頂上に取り巻く雲。
1
今度は道志の町まで車で来て、楽して富士山に会いに来ます。
2020年02月27日 14:00撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は道志の町まで車で来て、楽して富士山に会いに来ます。
町が見えます。
2020年02月27日 14:01撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
町が見えます。
いったん舗装道路に出ます。
2020年02月27日 14:36撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん舗装道路に出ます。
ここから、直ぐまた登山道。
この先の道路は土砂崩れのまま。工事もしていない。
2020年02月27日 14:36撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、直ぐまた登山道。
この先の道路は土砂崩れのまま。工事もしていない。
ひっそりとした町が見えます。
2020年02月27日 14:49撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそりとした町が見えます。
二十六夜山(都留市)1,297M
富士山展望あり。「都留市二十一秀峰」であるが「山梨百名山」でない。
最初に通った山も同じ名前「二十六夜山」こちらは展望見えず。
なぜ、同地域に同じ名前?後で調べてみよう。
2020年02月27日 14:49撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十六夜山(都留市)1,297M
富士山展望あり。「都留市二十一秀峰」であるが「山梨百名山」でない。
最初に通った山も同じ名前「二十六夜山」こちらは展望見えず。
なぜ、同地域に同じ名前?後で調べてみよう。
2
やはり富士山、雲がかかっています。下山します。
2020年02月27日 14:51撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり富士山、雲がかかっています。下山します。
仙人水。岩穴から流れています。飲めそうな、綺麗な水です。
2020年02月27日 15:15撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人水。岩穴から流れています。飲めそうな、綺麗な水です。
撮影機材:

感想/記録

家から出るのでは絶対に早起きできません。というわけで、前日、高尾夜練習の後、八王子駅周辺の銭湯&コインランドリー洗濯&ネットカフェ睡眠にて早朝八王子駅をスタート。
早めにスタートして、正解。こんなにかかるとは思いませんでした。
7〜8時間くらいかなと。途中アップダウンがあって、最後の山「二十六夜山」まで約20キロ、その後下り。
中央線「梁川駅」からスタート。寺下峠までは何回か利用している登山道。でもここも結構昨年の台風の影響をうけていました。寺下峠から下りは今回初めての道。
最初の二十六夜山から菜畑山までのアップダウンがすごかった。尾根づたいかと思いきや、いったん下って、また登っての繰り返し。時折、谷側がすっかり崩落していたり(きっちりロープを張って登山道は目印済)、雪がうっすら積もって下りも急なので怖くて走れません。ここまでだれにも会わず。
菜畑山から二十六夜山まではよく歩かれているようで道もしっかりしています。
富士山が3か所見えたので、その休憩時間が長かったからでもあります。

帰り都留市駅に「都留市二十一秀峰」との案内がありました。
今日通ってきたところは「都留市二十一秀峰」の道だったのか?と知りました。
登っていない山はあと4つあります。そのうち全登頂します。
目指しているのは「日本百名山」「山梨100名山」です。それといろいろな山々の縦走。
追記。「二十六夜山」→江戸・明治時代の陰暦7月26日の夜に、ここで飲食などを供にしながら月の出を待つ二十六夜待ちの行事があったことからこの山名となっている。とのこと。(私も参加したい。)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:383人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

テント 崩落 倒木 テン 道標 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ