また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2247602 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

四阿屋山【節分草園BS→四阿屋山→薬師の湯BS】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年03月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
■小鹿野町 町営バス&乗合タクシー
https://www.town.ogano.lg.jp/kurashi-tetsuzuki/bus-taxi/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間12分
休憩
24分
合計
2時間36分
S節分草自生地11:5612:07あずまや山つつじ新道入口12:1013:29四阿屋山13:4313:46両神神社奥社13:51展望休憩舎13:5213:56福寿草園14:0214:32薬師の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

■写真1 - 節分草園
思った以上に見頃を過ぎていました。
元気な花を探すほうが大変なほど。
2020年03月07日 11:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真1 - 節分草園
思った以上に見頃を過ぎていました。
元気な花を探すほうが大変なほど。
2
■写真2- 節分草園
群生はしているものの、ぐったりしています。
自生地はロープで仕切られて、なかなか近寄れません。
2020年03月07日 11:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真2- 節分草園
群生はしているものの、ぐったりしています。
自生地はロープで仕切られて、なかなか近寄れません。
■写真3 - 節分草園
ズームレンズに加えて、クローズアップレンズを装着。
マクロ撮影の他にも、単純に寄りたい場面で使えます。
2020年03月07日 11:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真3 - 節分草園
ズームレンズに加えて、クローズアップレンズを装着。
マクロ撮影の他にも、単純に寄りたい場面で使えます。
■写真4 - 節分草園
今日イチで元気な花たちに出会えました。
今度は見頃の時期に訪れたいものです。
2020年03月07日 11:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真4 - 節分草園
今日イチで元気な花たちに出会えました。
今度は見頃の時期に訪れたいものです。
3
■写真5 - 節分草園BS
ここから今日の行程が始まります。
取り敢えず車道を戻って、登山口に向かいましょう。
2020年03月07日 11:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真5 - 節分草園BS
ここから今日の行程が始まります。
取り敢えず車道を戻って、登山口に向かいましょう。
■写真6
大きな看板が建ち、迷うことはありませんね。
四阿屋山までのルートはVR扱いです。
2020年03月07日 12:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真6
大きな看板が建ち、迷うことはありませんね。
四阿屋山までのルートはVR扱いです。
1
■写真7
山居への分岐から、お楽しみの鎖場に突入です。
上級者の定義が不明ですが、不安なら撤退を。
2020年03月07日 12:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真7
山居への分岐から、お楽しみの鎖場に突入です。
上級者の定義が不明ですが、不安なら撤退を。
■写真8
分岐のすぐ先から、さっそく鎖場が始まります。
これくらいなら、手繰る必要は無さそうです。
2020年03月07日 12:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真8
分岐のすぐ先から、さっそく鎖場が始まります。
これくらいなら、手繰る必要は無さそうです。
■写真9
かと思いきや、曲がったその先に聳える壁。
ステップは多少ありますが、鎖を掴んで腕力勝負か。
2020年03月07日 12:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真9
かと思いきや、曲がったその先に聳える壁。
ステップは多少ありますが、鎖を掴んで腕力勝負か。
■写真10
以降は大した難易度でもない鎖場が続きます。
ただ、ザレて石を落としやすいので注意は必要です。
2020年03月07日 12:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真10
以降は大した難易度でもない鎖場が続きます。
ただ、ザレて石を落としやすいので注意は必要です。
■写真11
岩稜の要塞のような、立ちはだかる鎖場もあります。
難易度は大したことありません。
2020年03月07日 13:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真11
岩稜の要塞のような、立ちはだかる鎖場もあります。
難易度は大したことありません。
■写真12
上部の木のあたりが頭上と足元に注意です。
鎖に従わず、高巻きしたほうが安全か。
2020年03月07日 13:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真12
上部の木のあたりが頭上と足元に注意です。
鎖に従わず、高巻きしたほうが安全か。
■写真13
呆気なく山居からのルートと合流しました。
核心部が前半だったので、後半の盛り上がりに欠けます。
2020年03月07日 13:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真13
呆気なく山居からのルートと合流しました。
核心部が前半だったので、後半の盛り上がりに欠けます。
1
■写真14
山頂直下、最後の鎖場を登ります。
もちろん手繰る必要などありません。
2020年03月07日 13:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真14
山頂直下、最後の鎖場を登ります。
もちろん手繰る必要などありません。
■写真15 - 四阿屋山
意外と狭い山頂と、見下ろすかのように鎮座する両神山。
撮影の邪魔なので、ここでランチなど大休憩は止めましょう。
2020年03月07日 13:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真15 - 四阿屋山
意外と狭い山頂と、見下ろすかのように鎮座する両神山。
撮影の邪魔なので、ここでランチなど大休憩は止めましょう。
1
■写真16
休憩するほど疲れていないので、下山開始です。
序盤は滑りやすい落ち葉に足を取られぬように。
2020年03月07日 13:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真16
休憩するほど疲れていないので、下山開始です。
序盤は滑りやすい落ち葉に足を取られぬように。
■写真17
弧を描きながら下りていく、唯一いやらしい鎖場。
鎖は手繰らず、岩稜と正対して通過しました。
2020年03月07日 13:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真17
弧を描きながら下りていく、唯一いやらしい鎖場。
鎖は手繰らず、岩稜と正対して通過しました。
■写真18 - 両神神社奥院
何故こんな場所に?と思うが両神信仰の始祖と言う説あり。
両神山の山頂を奥宮とする信仰の方が後発なんだとか。
2020年03月07日 13:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真18 - 両神神社奥院
何故こんな場所に?と思うが両神信仰の始祖と言う説あり。
両神山の山頂を奥宮とする信仰の方が後発なんだとか。
1
■写真19 - 山居広場
ゆるゆると下山を続け、展望広場を通り過ぎ。
蝋梅の香りが漂ってくると、山居広場に到着です。
2020年03月07日 13:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真19 - 山居広場
ゆるゆると下山を続け、展望広場を通り過ぎ。
蝋梅の香りが漂ってくると、山居広場に到着です。
■写真20 - 山居広場
足元にはお約束の福寿草が咲いています。
もう3月なのに、花期は場所によって大きく異なるよう。
2020年03月07日 13:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真20 - 山居広場
足元にはお約束の福寿草が咲いています。
もう3月なのに、花期は場所によって大きく異なるよう。
■写真21 - 山居広場
しっかりとネットに覆われた蝋梅と福寿草。
鹿か猪の食害にでも遭うのでしょうか。
2020年03月07日 14:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真21 - 山居広場
しっかりとネットに覆われた蝋梅と福寿草。
鹿か猪の食害にでも遭うのでしょうか。
■写真22 - 山居広場
手前のトイレと、奥には民家風の休憩舎。
こんなに立派な休憩舎は初めて見ました。
2020年03月07日 14:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真22 - 山居広場
手前のトイレと、奥には民家風の休憩舎。
こんなに立派な休憩舎は初めて見ました。
■写真23 - 薬師の湯BS
バスターミナルの裏手からゴールです。
日帰り入浴で、さっぱりして帰るのもいいですね。
2020年03月07日 14:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真23 - 薬師の湯BS
バスターミナルの裏手からゴールです。
日帰り入浴で、さっぱりして帰るのもいいですね。
1
■写真24 - いのしか亭
バスを途中下車して向かったのは、贄川のジビエ料理屋。
珍しい猪と鹿のコロッケを食べ比べてみます。
2020年03月07日 15:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真24 - いのしか亭
バスを途中下車して向かったのは、贄川のジビエ料理屋。
珍しい猪と鹿のコロッケを食べ比べてみます。
2
■写真25 - いのしか亭
以前、いのしし亭だった店を改装して新規開店したようです。
気さくな店員さんから、色々と話を伺うことが出来ました。
2020年03月07日 16:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真25 - いのしか亭
以前、いのしし亭だった店を改装して新規開店したようです。
気さくな店員さんから、色々と話を伺うことが出来ました。
1
■写真26 - いのしか亭
1人前でも150g使うという鍋セットで満腹です。
駅まで送迎をしてくれる場合もあるらしいですよ。
2020年03月07日 16:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真26 - いのしか亭
1人前でも150g使うという鍋セットで満腹です。
駅まで送迎をしてくれる場合もあるらしいですよ。
2
撮影機材:

感想/記録
by SuSE

節分草が例年の見頃の時期に終わってしまうという事態に。
まだ間に合いそうなので、四阿屋山と組み合わせて歩きましょう。


■節分草園BS→つつじ新道→四阿屋山
節分草園へのバスは駅から運行していないので、薬師の湯で乗り換えます。
花期には臨時バス停が設置されるので、目の前で降りられますよ。

今年は早くも花期を過ぎていたので、入園は無料で入れました。
確かに殆どがくたびれていて、元気な姿を撮るのに苦労します。


園内を一周したら、つつじ新道の登山口がある大堤バス停まで戻ります。
車の通行が多く、歩道もないので歩くのに注意を要しました。

つつじ新道の序盤は、やや急峻な九十九折の一辺倒で特筆することもなく。
お楽しみは山居への分岐を直登する、初級者お断りの鎖場コースです。


いきなり鎖が垂れた岩稜が現れますが、ウォーミングアップ程度です。
しかし、それを超えた先に早くも最難関の鎖場が待ち構えていました。

ほぼ垂直に5mほどの高さ、乾徳山の鳳岩を一回り小さくしたような印象です。
鳳岩よりステップがあるので難易度は落ちますが、鎖を手繰るのは必須。

登り切ってしまえば、あとは何てことない鎖場が続きます。
しっかり三点確保すれば鎖を手繰る必要は無いレベルかと。

山頂直下で奥社からのルートと合流して、一登りで狭い山頂に至ります。
両神山への眺望が良いものの、狭すぎて休憩には不向きな山頂でした。


■四阿屋山→桜本コース→薬師の湯BS
休憩するほど疲れていないので、一気に下りましょう。
奥宮までの間は僅かながら鎖場もあり、足元も滑りやすいので下山時は注意です。

奥社まで下りてしまえば、あとは何てことありませんがルートが交錯します。
山と高原地図よりも遥かに複雑なので、指導標をチェックしましょう。

山居広場まで下りてくると、蝋梅や福寿草といった春の花が咲き乱れます。
低山にしては珍しくトイレも完備で、ここまで散歩で訪れる人も多いよう。

薬師コースを辿り、薬師の湯バス停の裏手から出てきてゴールです。
すぐ隣が日帰り入浴なので、汗を流して帰るのも良いでしょう。


この日は三峰口駅行きのバスを途中下車して、いのしか亭なるジビエ料理屋に。
肉は全て一人前あたり150g使うという割には安価で、お腹いっぱい楽しめました。

この冬の猪鍋の食べ歩きは、これで最後になりそうです。
色々な猪鍋に出会えましたが、やはり最高峰の座は狩宿が守りました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:146人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ