また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2249768 全員に公開 雪山ハイキング 十和田湖・八甲田

八甲田山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
往路 青森0900ーJRバスー0915酸ヶ湯温泉
復路 酸ヶ湯温泉泊
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間48分
休憩
1時間25分
合計
6時間13分
S酸ヶ湯公共駐車場09:4510:29地獄湯ノ沢冬道出入口10:41南八甲田展望所10:4610:48地獄湯ノ沢10:5010:53銚子の首10:5811:13仙人岱11:1413:21鏡沼13:2913:30八甲田大岳13:4613:49鏡沼13:5413:58八甲田大岳森林限界14:1014:41銚子の首14:43地獄湯ノ沢14:56地獄湯ノ沢冬道出入口15:22日本山脈縦走起点15:2515:26酸ヶ湯公共駐車場15:2915:32大岳登山口(湯坂側)15:3615:37酸ヶ湯温泉15:5815:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログは、コースアウトした記録と直登記録です。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー 毛帽子 ザック サブザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

酸ヶ湯温泉に到着
2020年03月07日 09:33撮影 by DJI Osmo Action, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酸ヶ湯温泉に到着
1
登山口は、雪の壁を昇ったところ
2020年03月07日 09:37撮影 by DJI Osmo Action, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口は、雪の壁を昇ったところ
このとき、スキーコースに入ってしまい、山頂へのコースを見失っていました。
2020年03月07日 12:17撮影 by DJI Osmo Action, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このとき、スキーコースに入ってしまい、山頂へのコースを見失っていました。
3
大岳山頂到着、
2020年03月07日 13:38撮影 by DJI Osmo Action, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山頂到着、
3
モンスター
2020年03月07日 14:11撮影 by DJI Osmo Action, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスター
3
モンスター
2020年03月07日 14:21撮影 by DJI Osmo Action, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスター
今日の登山用具
スコップ・ビーコン・ゾンデ棒のアバランチギアを持って来ました。
2020年03月07日 14:35撮影 by DJI Osmo Action, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の登山用具
スコップ・ビーコン・ゾンデ棒のアバランチギアを持って来ました。
1

感想/記録
by tigger

冬の八甲田山登山を目指して、昨年の秋、八甲田山登山をして、今回、酸ヶ湯温泉が空きがあり予約、安心して山行に向かいました。
青森市内は、雪がなく、こちらも暖冬と思いましたが、青森駅から酸ヶ湯温泉行きのバスにのり、山あいに入ると雪が出てきました。
気象庁の酸ヶ湯観測所9時データだと303センチの積雪深とのこと
 酸ヶ湯温泉に到着、登山に必要のないものは、酸ヶ湯温泉に預けて
出発。
 酸ヶ湯温泉から公衆トイレがある駐車場前からスノシューを履いて登山開始、昨日までの積雪で歩きやすくなっており、仙人岱小屋分岐まで順調に行きました。ガスで視界が悪く、大岳の登り口を見失い、大岳外周のスキーコースに入り、折り返して、大岳へ直登のトレースがあり、スノシューで直登を開始しましたが、結構つらく、先行の方がアイゼンに途中で変えた踏み跡があり、古いスノシューでは、横ずれがカバーできず、踏み跡をたよりに登る事ができました。
 山頂は、スキーヤーのチームとすれ違いで私だけでとても静かでした。
 下山は、夏道コースを見つけて緩斜面を下山、モンスター群の脇を降りて行きます。青空になり、写真もきれいに撮れました。
 




お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:212人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ