また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2254693 全員に公開 ハイキング 近畿

発見!木津川市加茂町高田鳴谷線彫阿弥陀磨崖仏

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月12日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
01:26
距離
2.4 km
登り
96 m
下り
107 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間27分
休憩
0分
合計
1時間27分
Sスタート地点13:3915:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

ツツジがもうすぐ咲きそうです。
2020年03月12日 13:44撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジがもうすぐ咲きそうです。
2
降りてきた古い道の跡を振り返ったところ。
2020年03月12日 13:57撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきた古い道の跡を振り返ったところ。
2
谷を渡って一つ北尾根へ。道が尾根の向こうへ続いていたので、少しそちらを覗いてきましたが、すぐに笹藪に覆われていました。
2020年03月12日 13:57撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を渡って一つ北尾根へ。道が尾根の向こうへ続いていたので、少しそちらを覗いてきましたが、すぐに笹藪に覆われていました。
1
この岩が磨崖仏のある岩です。
2020年03月12日 14:03撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩が磨崖仏のある岩です。
1
日が当たっていないとわかりにくいですが、阿弥陀様が彫られています。
2020年03月12日 14:04撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が当たっていないとわかりにくいですが、阿弥陀様が彫られています。
2
柔らかめブラシで土埃や苔を払ってると、急に日が当たって像容がくっきり浮かび上がりました。
2020年03月12日 14:10撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柔らかめブラシで土埃や苔を払ってると、急に日が当たって像容がくっきり浮かび上がりました。
2
前回この岩を見たときは、日が当たっていなかったので、全くわかりませんでした。
2020年03月12日 14:11撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回この岩を見たときは、日が当たっていなかったので、全くわかりませんでした。
2
少し上流は広い谷になっていて、かつては水田だったようです。
2020年03月12日 14:30撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し上流は広い谷になっていて、かつては水田だったようです。
1
古い道の痕跡。
2020年03月12日 14:55撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い道の痕跡。
2
広い谷間で気持ちの良いルートですが、途中笹藪やぬかるみが多いので、来た道を引き返して護摩石の方へ登った方が良いです。
2020年03月12日 14:58撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い谷間で気持ちの良いルートですが、途中笹藪やぬかるみが多いので、来た道を引き返して護摩石の方へ登った方が良いです。
1

感想/記録

前回↓見つけられなかった鳴谷線彫阿弥陀磨崖仏探索の再挑戦です。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2227623.html

磨崖仏の彫られた写真を見せてもらうことができたので、実は前回その岩を見ていたことに気がつき、今回はその場所へ直行しました。

行き方は、次の通りです。

1)護摩石への道を護摩石近くまで歩きます。
2)護摩石のすぐ下の尾根(南東側)の尾根筋を下ります。
3)途中尾根筋がなだらかになるあたりで、針葉樹の中を一つ北側の谷に降りて行きます。ここには古い道の跡があります。
4)一つ北側の尾根筋を降ります。
5)谷底が近づくと斜度が急になり、岩が露出している場所も出てきます。
6)尾根筋が谷底に達した先に鳴谷線彫阿弥陀磨崖仏があります。

前回は「こんな谷底に石仏があるとは思えない」という先入観で、怪しい岩だとは思いながらも、ただの岩の割れ目だろうと、通り過ぎてしまいました。

場所がわかってみると、このすぐ上流の谷間まで、中ノ川町から続く水田があり、境界を示す石仏だったのではないかと思いました。

いつ頃作られたのか、誰が作ったのかもわかりませんが、素朴な味わいのある阿弥陀様です。

今回帰り道は、前回と同じ谷を遡りましたが、笹藪やトゲのある植物の多い場所のほか、ぬかるみがあり、あまり歩きやすいルートではなかったです。前回歩きやすいように思ったのは、それまでが藪漕ぎだったからだと思います(^^;。

護摩石から降りてきた道を引き返すのが一番歩きやすいと思います。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:659人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

藪漕ぎ ハイキング
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ