また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2274949 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

お祭り〜三条の湯〜雲取山(3連休を贅沢に過ごそうの回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月20日(金) ~ 2020年03月22日(日)
メンバー
天候3日間ともに晴れ、風強し。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:自宅=🚙国道⇒鴨沢小学校跡地🅿
復路:鴨沢小学校跡地〜🚙国道〜道の駅たばやま〜圏央道〜自宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間31分
休憩
7分
合計
3時間38分
S鴨沢バス停07:2307:35鴨沢西バス停07:42所畑バス停07:54お祭バス停08:33片倉橋09:16塩沢橋09:2010:27後山林道終点(青岩谷出合)10:3011:01三条の湯
2日目
山行
5時間51分
休憩
23分
合計
6時間14分
三条の湯06:0608:48三条ダルミ09:21雲取山避難小屋09:23雲取山09:3109:33雲取山避難小屋09:4810:14三条ダルミ12:20三条の湯
3日目
山行
2時間34分
休憩
7分
合計
2時間41分
三条の湯08:1308:33後山林道終点(青岩谷出合)08:3609:28塩沢橋09:3010:03片倉橋10:28お祭バス停10:37所畑バス停10:42鴨沢西バス停10:52鴨沢バス停10:5410:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険を感じる箇所はありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

1 鴨沢小学校跡地に車を置いて国道をてくてく歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1 鴨沢小学校跡地に車を置いて国道をてくてく歩く。
2 三条の湯の登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2 三条の湯の登山口
4 視線を感じてふと見れば、カモシカ君でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4 視線を感じてふと見れば、カモシカ君でした。
3
5 登山口からおよそ2Kmここから先は一般車の乗り入れできません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5 登山口からおよそ2Kmここから先は一般車の乗り入れできません。
7 林道の終点。これより三条の湯へ山道になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7 林道の終点。これより三条の湯へ山道になります。
11 予想以上にテント場が混んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11 予想以上にテント場が混んでいます。
3
12 テント場から小屋を見上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12 テント場から小屋を見上げる。
1
13 不用心な我が家
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13 不用心な我が家
6
14 メスティンでご飯を炊いてカレーライス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14 メスティンでご飯を炊いてカレーライス。
6
15 食後のまったりした時間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15 食後のまったりした時間。
6
16 到着した時に撮り忘れたので1枚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16 到着した時に撮り忘れたので1枚。
1
17 おはようございます。二日目の朝は軽いメニュー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17 おはようございます。二日目の朝は軽いメニュー。
6
18 小屋の奥から雲取山へ・・・水を忘れた!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18 小屋の奥から雲取山へ・・・水を忘れた!!
1
19 水を汲みに戻って仕切り直し。いざ雲取へ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19 水を汲みに戻って仕切り直し。いざ雲取へ!!
20 いい感じの渓谷。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20 いい感じの渓谷。
1
21 馬酔木が沢山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
21 馬酔木が沢山
1
25 小さくて分かり難いけど猿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25 小さくて分かり難いけど猿。
2
30 笹尾根を登って山梨県の山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30 笹尾根を登って山梨県の山頂
2
31 綺麗な避難小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
31 綺麗な避難小屋
1
32 以前来た時には工事中だったトイレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
32 以前来た時には工事中だったトイレ。
1
33 東京、埼玉側の山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
33 東京、埼玉側の山頂
6
35 日本百名山だぞ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
35 日本百名山だぞ。
4
37 雪はここだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
37 雪はここだけ。
1
39 振り返って笹尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
39 振り返って笹尾根
1
44 土が流れてロープを手掛かりにして通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
44 土が流れてロープを手掛かりにして通過。
1
46 小屋が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
46 小屋が見えてきました。
1
47 2日目夜は炊き込みご飯とおでん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
47 2日目夜は炊き込みご飯とおでん
7
49 三条の湯ともお別れです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
49 三条の湯ともお別れです。
1
51 林道スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
51 林道スタート
1
54 林道塩沢線起点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
54 林道塩沢線起点
1
55 ゲートまで下りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
55 ゲートまで下りてきました。
1
57 奥多摩湖の端っこに架かる橋が見えました。あと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
57 奥多摩湖の端っこに架かる橋が見えました。あと少し。
1
59 いやぁー春ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
59 いやぁー春ですね。
2
60 鴨沢小学校跡地に戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
60 鴨沢小学校跡地に戻りました。
1
61 道の駅にて「シカバーガー」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
61 道の駅にて「シカバーガー」
5
62 角が生えたタバスキー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
62 角が生えたタバスキー
1

感想/記録
by ozawa

3連休は天気が良さそうなので衣食住を背負ってどこかに出かけよう。
コロナウイルスの件があるので人が少ない静かなところが良いな。
近場でゆったり時間を使って英気を養って、
免疫力を落とさないようにしなくちゃね。
そういった観点から立てた計画が今回のゆる登山。
1日目
自分としてはかなりのんびりスタートで、しかも最短の林道歩き。
自宅出発が遅かったこともあり、林道には駐車スペースは
残っていないだろうと最初から鴨沢小学校跡地に向かいました。
鴨沢から国道を歩き三条の湯への登山口へ。
登山口とは言っても林道入口です。
ここから3時間程林道歩きスタート。
林道が飽きたら川を覗き込み気分転換しながら進みます。
林道に入ってしばらくすると、何やら視線を感じます。
ふと見ると斜面にカモシカ君がいました。
何となくこれで気持ちも上向き、
あっという間というほどではありませんが
無事に林道終点へ到着。
残すは三条の湯へと続く登山道。
足元はかなり切れており、谷はかなり深く高度感あり。
これまでが単調だった事もありとても楽しく感じる道です。
11時に三条の湯に到着し、受付して我が家を設置しますが、
驚くことに、昼前なのにテン場の良い場所はほぼ埋まっている状況。
小屋番さんもGW並みの混み方と言うほどテントが並んでいました。
我が家の設置が済んだら本日の歩行終了。
あとは温泉入って、食べたり休んだり食べたり・・・?
とにかくのんびりします。
2日目
5時起床、軽い朝食を済ませてミニマムな装備を背負って
雲取山に向けて6時スタート。
数ヶ所登山道が埋まってたり、土砂が流れて道が道ではない感じの
ところがありますが概ね危険を感じることもなく歩けます。
三条ダルミとの中間点あたりだと思いますが今朝は
サルの群れに遭遇。どうやら朝食中だったようで
いつまでもこちらを見ていました。
三条ダルミからラストの急傾斜の笹尾根は強風が吹いており
本日一の難所?だったかな。
登りきると山頂。3つの山頂表示でそれぞれ記念撮影。
避難小屋の脇で風を避けながらおやつタイム。
お腹も落ち着いたところで来た道を戻ります。
そして本日も活動は半日。
あとの時間は、食べて、温泉入って、ゴロゴロして、ボーッとして、
食べて、星見て・・・とにかくのんびり過ごします。
あたりが真っ暗になった頃、大きな落下音がテント場に鳴り響きました。
登山道から人が落ちた???
しばらくすると斜面にカモシカ君の登場。
我々のへッデンのスポットライトを浴びながら山の中へ戻って行きました。
3日目
6時まで寝袋で芋虫の様にゴロゴロ。
持ってきた食料の残りをかき集めて朝食。
テントから出ると既にほとんどのテントは撤収されていました。
お腹も満たされ、目も覚めたので我が家の撤収開始。
荷物がすべて片付いたところで珈琲を一杯。
落ち着いたところで下山開始。
長く単調な林道もご機嫌に歌なんぞ歌いながら下れば
意外と早く終わりとなり、最後は駐車場までの長い国道歩き。
今回の締めは道の駅たばやまで「シカバーガー」
頑張って歩いてシカバーガーを食しよう!!
そんなわけで国道歩きもなんのその、11時前に無事下山。
のめこい湯、シカバーガー、鹿肉ソーセージと
お楽しみで締めて3日間の緩く贅沢に時間を使った山行も終了しました。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:342人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ