また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2283177 全員に公開 山滑走 槍・穂高・乗鞍

御嶽摩利支天山:雨とホワイトアウトで撤退

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月31日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
濁河温泉の市営駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間48分
休憩
6分
合計
8時間54分
Sスタート地点06:4709:16上俵山09:2215:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
上俵山への取り付き尾根は藪々で藪漕ぎが長かった
尺ナンゾ谷は渡渉(水は少ない)
その他周辺情報濁河温泉の日帰り入浴は冬期は営業していないところが多い
厳立峡ひめしゃがの湯
大人700円のところJAFカード提示で100円バック
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(mhmパウダーケグ32) スキー板(ディナフィットバルトロ 158cm) ビンディング(G3タルガアッセント) クトー(G3アッセントクランポン) テレマークブーツ(スカルパT2ECO) セルフアレストピック(BDウィペット×2) ヘルメット(ベアールアトランティス) プローブ(オルトボックス320cm) スコップ(BDディプロイ) ヘッドランプ(ペツルアクティック) クランポン(BDセラッククリップ) サングラス(オークリーレーダーパス) ゴーグル(スワンズRUSH-XED) 日焼け止め リップクリーム ヘルメットビーニー(テルヌア) ヘッドバンド(マムート) テムレス インナーグローブ 予備グローブ(マウンテンハードウェア) スキーシール(BDグライドライトモヘアミックスカスタムSTS) シールワックス スキーワックス カメラ(CANON IXY32S) GPS(ガーミンeTrex20J) スマホ ドライバー(+ -) コンパス ナイフ(ビクトリノックススイスチャンプ) 飲料 行動食 非常食 防寒着(ユニクロウルトラライトダウンジャケット) ファーストエイドキット ココヘリ

写真

駐車場に停めてスタートしたがヘルメットを忘れて取りに戻り時間ロス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に停めてスタートしたがヘルメットを忘れて取りに戻り時間ロス
地図にはない林道から入っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図にはない林道から入っていきます
2
この辺りは雪がなく担いで歩く
兵衛谷の橋から先は雪豊富(スノーモービルの跡ばかり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは雪がなく担いで歩く
兵衛谷の橋から先は雪豊富(スノーモービルの跡ばかり)
取り付き点を悩むがここから行く
先行き不安
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き点を悩むがここから行く
先行き不安
2
長い激藪を超えて行くとようやくまともに歩けるようになった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い激藪を超えて行くとようやくまともに歩けるようになった
1
1,850mから上は緩い尾根で歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,850mから上は緩い尾根で歩きやすい
1
薄っすらと数日前?のトレースがあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄っすらと数日前?のトレースがあった
2
とりあえず巻かずに上俵山ピークへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず巻かずに上俵山ピークへ
1
一旦少し下って尺ナンゾ谷を覗くとかなり上に行かないと雪が繋がってない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦少し下って尺ナンゾ谷を覗くとかなり上に行かないと雪が繋がってない
1
なのでここを渡渉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なのでここを渡渉
2
上流は崖で下りれそうにない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流は崖で下りれそうにない
1
ここが下った斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが下った斜面
2
二股の左に滝が凍結している
この滝の右岸尾根へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股の左に滝が凍結している
この滝の右岸尾根へ
1
2,200mぐらいから更に歩きやすくなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,200mぐらいから更に歩きやすくなる
1
但し、小雨が降り続き上部視界も悪くなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
但し、小雨が降り続き上部視界も悪くなってきた
どんどん天候悪化
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん天候悪化
1
あれが多分シン谷源頭の滝があるところか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが多分シン谷源頭の滝があるところか
1
ホワイトアウトになってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホワイトアウトになってきた
1
この辺りで潮時とします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで潮時とします
1
全身も雨でずぶ濡れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全身も雨でずぶ濡れ
2
低体温症が怖いので急いで退散
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低体温症が怖いので急いで退散
2
シン谷右岸尾根
摩利支天につながる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シン谷右岸尾根
摩利支天につながる
でも視界がダメですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも視界がダメですね
1
滑るには意外と気温が高くザラメで楽しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑るには意外と気温が高くザラメで楽しい
2
尺ナンゾ谷の渡渉点に戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尺ナンゾ谷の渡渉点に戻ってきました
2
あの正面斜面を登り返す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの正面斜面を登り返す
2
下地が見えてるので全層雪崩でもあったのでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下地が見えてるので全層雪崩でもあったのでしょうか?
1
こんな感じの藪です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの藪です
1
下に林道が見えますが
こんなとこ絶対に滑れません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に林道が見えますが
こんなとこ絶対に滑れません
1
下りてくると青空
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてくると青空
1
朝より一段と溶けてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝より一段と溶けてます
2
いい感じの天気ではありませんか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの天気ではありませんか
今度はもう少し雪のある時に来よう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はもう少し雪のある時に来よう
1

感想/記録
by ktn92

当初、この日の天気が悪い予報から以外にも雨は降らない感じになったので、御嶽山で歩いたことのないルートを詮索。
現在の立ち入り制限はどうなのか?継母岳は入れるのか下呂市側の小坂地域振興課に電話でそれとなく尋ねてみると、やんわりといい返事はもらえませんでした。
なので、macoさんの過去記録を参考に摩利支天山に向かってみることにしました。ありがとうございました。
しかし、現地に着くと小雨が降っている。聞いてません!
それでも青空が出ることを期待してスタートするが、すぐにヘルメットを車に忘れたことに気が付き、慌てて戻るが30分ぐらいのロス。あ〜あ。
気を取り直して兵衛谷の橋を過ぎて登りやすそうな斜面を吟味。
尾根の一番先端まで行くのも遠いしな〜と思い適当なところから登ると激藪。
ここでかなりの体力を消耗した(笑)急がば回れでしょうか。
藪々を何とかこなして行くと段々と藪の間が広くなり歩きやすくなってきた。
ひとまず上俵山のピークを巻かずに山頂を目指してみる。
その手前から数日前らしきトレースが現れどこからどこへ行ったのか不思議でした。
上俵山ピークからの尾根は少しアップダウンがあり、尺ナンゾ谷を渡る必要があったので、覗きにかかるとかなり上流までいかないと雪が繋がっていませんでした。でもその辺りの斜面は崖に近く下りるにも大変そうだったので、すぐに渡渉することにしてオープンバーンの急斜面を下りていきます。
渡渉点の両岸の雪は深いのですが、水量は少なく、板を放り投げ渡渉に問題はありませんでした。
もう少し雪があればここも繋がっているのでしょうね。
そこからは歩きやすい疎林で、高度を上げていくが、雨もしとしとと降り続き、全身びっしょり。おまけに気温が高いのでガスも酷くなってホワイトアウトになってきた。
雪面はグリップ良い状態であったが、視界がなく慣れたルートでないため方向が定まらない。
時間の経過と共に低体温症の恐れもあったので、適当なところで打ち切りとした。
天気が良ければ山頂まで届いただろう。
でも滑りは意外とザラメに近い状態で、楽しむことはできた。
とりあえず登りトレースを追って滑って行くが以外と楽しかった。
そこそこ距離があり、滑りを楽しんで渡渉点まで滑り込み、余裕で渡渉。
その後は急斜面を落ちないように登り返した。
下山は上俵山ピークを巻いて行こうと工面するが、意外にも小難しい。でもシールは使わず何とか巻いて林道まで下りるが、最後のところが嫌になるほどの藪。笹薮なので、スキー板が引っ掛かってばかりで全然進まないや引っ掛かってこけたり散々でした。
最後は担いで下りましたが、これも足がハマるはまる。
今度は雪がもう少し豊富で、天気のいい日にリベンジするつもりです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:332人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/9
投稿数: 966
2020/4/1 16:05
 おぉ!
変態ですね
登録日: 2012/1/12
投稿数: 301
2020/4/1 16:12
 Re: おぉ!
仲間です・・・
登録日: 2015/9/9
投稿数: 966
2020/4/1 18:30
 Re[2]: おぉ!
間違えました…大変でしたね(笑)
登録日: 2012/1/12
投稿数: 301
2020/4/1 20:31
 Re[3]: おぉ!
今シーズン普通です(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ