また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2285305 全員に公開 ハイキング 近畿

七七頭ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年04月03日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

10:47上丹生登山口→12:21七七頭ヶ岳→12:32下山開始→13:17上丹生登山口
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

写真

上丹生登山口からスタート。車はこの左側の広いスペースに駐車した
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上丹生登山口からスタート。車はこの左側の広いスペースに駐車した
1
沢を渡って進んでいく。この時はまだこの先がどういうことになっているのかわからなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡って進んでいく。この時はまだこの先がどういうことになっているのかわからなかった
1
ここから登りがスタート。七七頭ヶ岳への道標となるプレートがあったが、この先はもうこういった道標的なものはない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登りがスタート。七七頭ヶ岳への道標となるプレートがあったが、この先はもうこういった道標的なものはない
1
写真ではわかりにくいけど、落ち葉で滑りやすい急登の登りが続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいけど、落ち葉で滑りやすい急登の登りが続く
1
ここで十一丁となっていたが、これが減っていって一丁の先が山頂ということになる。まだ山頂まで1km以上あるんだね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで十一丁となっていたが、これが減っていって一丁の先が山頂ということになる。まだ山頂まで1km以上あるんだね
1
この段階で八丁でまだ1km弱の距離があるということ。それにしてもこの登りは楽にならないのだろうか!?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この段階で八丁でまだ1km弱の距離があるということ。それにしてもこの登りは楽にならないのだろうか!?
1
ここでも少し平坦な道になったんだけど、この先で再び登りがはじまることになる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも少し平坦な道になったんだけど、この先で再び登りがはじまることになる
途中でちょっとした南西側の展望があったので撮影しておいた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でちょっとした南西側の展望があったので撮影しておいた
2
山頂に向けてへの登りがはじまったけど、急登のところがあったりして落ち葉で滑るし登りにくかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に向けてへの登りがはじまったけど、急登のところがあったりして落ち葉で滑るし登りにくかった
1
やっと一丁になったので、あと距離にして100mほどで山頂に到着するはず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと一丁になったので、あと距離にして100mほどで山頂に到着するはず
1
ピークに登ると西林寺観音堂という建物があった。山頂三角点があるはずなのだが、どこにあるか探していたが、山頂はこの左側(西)の荒れた樹林帯の奥にある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークに登ると西林寺観音堂という建物があった。山頂三角点があるはずなのだが、どこにあるか探していたが、山頂はこの左側(西)の荒れた樹林帯の奥にある
1
ほぼ無理矢理に樹林帯の中に入っていくと三角点があり、七七頭ヶ岳山頂(693.1m)に到着した
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ無理矢理に樹林帯の中に入っていくと三角点があり、七七頭ヶ岳山頂(693.1m)に到着した
2
大きなプレートに七七頭ヶ岳(693.12m)と記載されていた。小数点第二位まで標高を調べたんだろうか!?下のプレートは693.14mと記載されているけど・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなプレートに七七頭ヶ岳(693.12m)と記載されていた。小数点第二位まで標高を調べたんだろうか!?下のプレートは693.14mと記載されているけど・・・
2
少し休憩したのでさっさと下山することにした。ここを無理矢理突破するのも少し大変だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し休憩したのでさっさと下山することにした。ここを無理矢理突破するのも少し大変だった
1
西林寺観音堂からかろうじて余呉湖!?や琵琶湖っぽい展望が少しだけ見えたので撮影しておいた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西林寺観音堂からかろうじて余呉湖!?や琵琶湖っぽい展望が少しだけ見えたので撮影しておいた
1
上丹生登山口まで戻ってきた。本日も本当にお疲れ様でした。あーしんどかった!って気持ちが大きかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上丹生登山口まで戻ってきた。本日も本当にお疲れ様でした。あーしんどかった!って気持ちが大きかった
1

感想/記録

横山岳を早く下ることができたので、隣にある関西百名山の一つである七七頭ヶ岳も登ってきました。メインは横山岳で七七頭ヶ岳は標高700m弱でオマケ的な感じで登ったつもりだったんですが、ひたすら急登で落ち葉で滑りやすくてかなりしんどかったです。とはいっても関西百名山を2座登頂できたので、それは満足でした。

ルート詳細や詳しい感想はこちら:
https://yamanobori.info/yama/nanazugatake/
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:362人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 三角点 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ