また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2294052 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

今年もコア山と原市場神社へ(鍛冶屋橋BS→コア山→仁田山峠→天神峠→リュウガイ城跡→原市場神社→原市場中学校BS)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年04月09日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇

朝は快晴。お昼頃から段々と雲が多くなって来て、お昼に到着した原市場神社では日が陰る時と照る時とが半々。飯能駅に戻る頃には日差しがかなり無くなって来ました。
家に帰ってから分かったのですが、埼玉県では所によって雨になったんですね。
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
飯能着7:30の準急
飯能駅発7:45の飯03名郷行き(枝番が無いのでさわらびの湯には寄りません)
鍛冶屋橋着8:27

帰り
原市場中学校発12:55の飯01-2飯能駅行き
飯能発13:24の急行
今日は新装開店した「タイムズマート」を外からだけでも見てみようと(この後の時間の関係で)中央通りで下車して駅目指して歩きました。薄々感じてましたが、中央通りで下車して駅に行った方が早いですね。

電車もバスも全然人が乗っていません。
基本的に三密の条件をひとつも該当していません。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
56分
合計
4時間24分
S鍛冶屋橋バス停08:2809:04仁田山峠09:49天神峠10:28龍谷山10:45朝見山(峰山)11:12中ノ坂11:49原市場神社12:4512:52原市場中学校バス停12:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昨年、とても良かったコア山の桜と原市場神社の桜を今年も見ようとこのコースにしました。但し、事前調査でコア山の桜が5日前に満開だと言うのを発見して愕然。私の計算した予想では満開は4/8だったのに(これ、ちょっと計算間違っていた)。

心配しながら現地へ向かいます。沿道の桜の状態で、満開の桜を見ては一喜、葉だらけの桜を見ては一憂。

鍛冶屋橋に行く前にバスからは原市場神社の桜が見えるのですが、結構大丈夫かなと思ったものの…
コース状況/
危険箇所等
・鍛冶屋橋BS→コア山→仁田山峠
鍛冶屋橋BSで下車して名郷方向へちょっとだけ歩くと右手に林道入口があります。
まあまあの傾斜の原市場名栗林道を少し登るとそこは桜並木の中。
素晴らしい。

コア山から先は桜並木は無くなります。
ポツリポツリとヤマザクラがある程度。

・仁田山峠→天神峠
ここは嘗ての名栗往還だそうです。名栗往還でぐぐってもあまり幅広い情報が無いので、そうらしいのです。実際、原市場から名栗へ行くのに今は入間川に沿って一旦ぐっと南下してから久林付近で90度折れて北上しています。距離的にはかなり大回りです。
それに比べるとこの道は三角形の一辺だけなので短距離ではありますが、天神峠・仁田山峠の二つの峠を越える必要があります。

仁田山峠から名栗往還へ下る道は分かり難くくて、ガードレールの切れ目から下ります。但しこれが昔の名栗往還の道なのか。暫し九十九折で下るといきなり林道らしきちゃんとした道に出ます。これなら天神峠迄楽勝と思ったのもつかの間、メンテされていない道は激しい侵食によって道の状態を失っている区間が多数。下手に踏み抜かない様に慎重に歩きます。

再び林道の体を成すと、すぐに左に、北東方向へ折れる分岐道があります。そちらが天神峠への道。まっすぐの林道はやがて薮入林道になる模様です。
名栗往還と言っても、結局のところは車の為の道と言うよりは人の為の道で、ここからまた普通の登山道の体となります。東電の奥秩父線50号方向へ登って行くと天神峠に到着します。

・天神峠→リュウガイ城跡→原市場神社→原市場中学校BS
ここは2年前の6月14日にリュウガイ城跡ルートから竹寺へ抜けた時の逆方向を歩きます。
あの時にも思ったのですが、登山詳細図の青線ルートなので斜面に斜面に対して真っ直ぐに上り下りするので地図で見るよりもずっとハードです。しかもザレてるし。
迷う箇所は、この方向だと中ノ坂の切通へ下る箇所と思います。真っ直ぐ行くと切通の直上に出て、そこで無理に下ると危険です。その手前で斜め左方向に緩く下る道があるのでそこを歩いて中ノ坂切通に出ます。
そこから今回は原市場神社迄尾根歩きしたのですが、ここもアップダウンが激しい。
基本的に「原市場の森」の指す方向へ行きます。
その他周辺情報この区間、どこにもトイレはありません。
バス停にもありません。
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

写真

8:28 鍛冶屋橋BSをスタート。
ちょと先に見えている所を右折して原市場名栗林道へ行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:28 鍛冶屋橋BSをスタート。
ちょと先に見えている所を右折して原市場名栗林道へ行きます。
おお!心配したコア山の桜、未だ大丈夫だった。
大分散ったけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお!心配したコア山の桜、未だ大丈夫だった。
大分散ったけど。
今年もこの景色が見られ嬉しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年もこの景色が見られ嬉しい。
何度来ても良いですね。
もう少し桜並木の区間の距離があれば良いのですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度来ても良いですね。
もう少し桜並木の区間の距離があれば良いのですが。
コア山から鳥居観音方面を。
上の方が日が当たるせいか散り方が早いですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コア山から鳥居観音方面を。
上の方が日が当たるせいか散り方が早いですね。
仁田山峠への道、時折ヤマザクラが咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田山峠への道、時折ヤマザクラが咲いています。
9:04 仁田山峠です。
ずっと先に看板がありますが、通行止めの看板です。
らいだあの人たちが仁田山峠行けないと嘆いていますが、この先の道ってどれだけダメになってるんだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:04 仁田山峠です。
ずっと先に看板がありますが、通行止めの看板です。
らいだあの人たちが仁田山峠行けないと嘆いていますが、この先の道ってどれだけダメになってるんだろう。
ガードレールが途切れた所から下る道があります。
最初はザレてる上に急なので大丈夫かと思う様な道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガードレールが途切れた所から下る道があります。
最初はザレてる上に急なので大丈夫かと思う様な道です。
少し下りたら、これなら大丈夫と言う雰囲気の山道になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下りたら、これなら大丈夫と言う雰囲気の山道になりました。
ところがさらに行くと突如として林道に遭遇。
ログハウスもある。
ログハウスの横の道から下りて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところがさらに行くと突如として林道に遭遇。
ログハウスもある。
ログハウスの横の道から下りて来ました。
しかしこの林道はどこまで行ってるのだろう。原市場名栗林道からここに繋がりそうな場所は無かったぞと、少しさかのぼって見る事にしました。
するとすぐに行き止まり。
と言う事で、林道を下り始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしこの林道はどこまで行ってるのだろう。原市場名栗林道からここに繋がりそうな場所は無かったぞと、少しさかのぼって見る事にしました。
するとすぐに行き止まり。
と言う事で、林道を下り始めます。
下るにつれて道が侵食されて道の形が無くなって来たなと思って歩きましたが、とうとうこんな有様に。
これはあかん。
早く普通の登山道に復帰したい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下るにつれて道が侵食されて道の形が無くなって来たなと思って歩きましたが、とうとうこんな有様に。
これはあかん。
早く普通の登山道に復帰したい。
9:34 道がまたよくなったと思ったら左折出来る場所に出ました。
ここを左折します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:34 道がまたよくなったと思ったら左折出来る場所に出ました。
ここを左折します。
東電の奥秩父線50号の方向へ。
右へ行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東電の奥秩父線50号の方向へ。
右へ行きます。
9:49 天神峠の切通に到着しました。
左が2年前の6月に登るべき道だったのです。
こっちに抜けないと見えない道、ずるい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:49 天神峠の切通に到着しました。
左が2年前の6月に登るべき道だったのです。
こっちに抜けないと見えない道、ずるい。
天神峠から少し登ると奥秩父線50号鉄塔。
ここから龍谷山の尾根ルートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神峠から少し登ると奥秩父線50号鉄塔。
ここから龍谷山の尾根ルートです。
10:28 リュウガイ城跡に到着しました。
地面には沢山の桜の花びら。
立っているとはらはらと沢山降って来ます。
ここに着くまでにもところどころでヤマザクラが咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:28 リュウガイ城跡に到着しました。
地面には沢山の桜の花びら。
立っているとはらはらと沢山降って来ます。
ここに着くまでにもところどころでヤマザクラが咲いていました。
龍谷山から下りはじめて振り返ると大きなヤマザクラの木があるのが分かります。
花びらは全部あの木からのものでした。
ここってあのヤマザクラの周りの木だけちょっとだけ伐採したら綺麗なんじゃないかなと思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍谷山から下りはじめて振り返ると大きなヤマザクラの木があるのが分かります。
花びらは全部あの木からのものでした。
ここってあのヤマザクラの周りの木だけちょっとだけ伐採したら綺麗なんじゃないかなと思いました。
10:45 アンテナ。
登山詳細図で言う朝見山でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:45 アンテナ。
登山詳細図で言う朝見山でしょうか。
11:12 中ノ坂の切通。
原市場の森方向へ行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:12 中ノ坂の切通。
原市場の森方向へ行きます。
途中の伐採地。
現在進行形でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の伐採地。
現在進行形でした。
90度左折する場所。
この道標は助かりました。
これが無かったら多分真っ直ぐ行きました。
左の道がほとんど見えないので。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
90度左折する場所。
この道標は助かりました。
これが無かったら多分真っ直ぐ行きました。
左の道がほとんど見えないので。
11:49 原市場神社に到着。
桜は大分散っちゃってますね。それでも未だ楽しめる感じ。
桜の花びらも舞い落ちてくるし。
ここでお昼にしようとベンチに腰掛けて荷解きした所でバスがバス停を出て行くのが見えました。時計を見たら11:54。ああそうか11:53のバスが行ったんだ。
次は12:55、一時間待ち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:49 原市場神社に到着。
桜は大分散っちゃってますね。それでも未だ楽しめる感じ。
桜の花びらも舞い落ちてくるし。
ここでお昼にしようとベンチに腰掛けて荷解きした所でバスがバス停を出て行くのが見えました。時計を見たら11:54。ああそうか11:53のバスが行ったんだ。
次は12:55、一時間待ち。
でもここでの待ち時間なら一時間でも問題ありません。
12:45に再出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもここでの待ち時間なら一時間でも問題ありません。
12:45に再出発。
12:52 原市場中学校BSにゴールイン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:52 原市場中学校BSにゴールイン。
明治・大正の地図でも既に久林経由の道が拓かれているので、天神峠・仁田山峠の名栗往還は本当に古い道だったのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明治・大正の地図でも既に久林経由の道が拓かれているので、天神峠・仁田山峠の名栗往還は本当に古い道だったのでしょう。
おまけ。
次を急いだのは、行きの電車の中から円照寺の鬱金の桜が咲いているのが見えたので、今日を逃したら今年はもう見られないと元加治駅で途中下車したからです。
雲が多くなっていて、青空の下で日の光がある時間限界が近づいてそうでしたから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ。
次を急いだのは、行きの電車の中から円照寺の鬱金の桜が咲いているのが見えたので、今日を逃したら今年はもう見られないと元加治駅で途中下車したからです。
雲が多くなっていて、青空の下で日の光がある時間限界が近づいてそうでしたから。

感想/記録

ちょっとコア山と原市場神社の桜の満開日の計算を間違えて今年は出遅れてしまいました。どうも4月5日辺りが良かった模様。
でもその頃って、3日に八徳の一本桜見に行って、4日に都幾川桜堤と下里分校に行ったので5日もと言うのは辛かった。都幾川桜堤と下里分校をもっと早くと言うのは、晴れの日が無かったので出来なかったし。

円照寺の鬱金の桜はこれまた満開予想日と大きく違っていて、車窓から見えたから満開と分かって良かった。

あれもこれもはなかなか難しいですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:25人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 ザレ ヤマザクラ 道標 往還
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ