また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2296451 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

三本松から筑波山を周回し、伐採地を往復

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年04月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関東ふれあいの道、路傍休憩所の大石に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間49分
休憩
31分
合計
5時間20分
S路傍休憩所の大石10:3010:36坊主山北登山口10:3710:44椎尾林道入口10:47沢を渡って入山10:57伐採地の最下部11:02沢を渡る11:03分岐、尾根にとりつく11:05尾根に出る。11:18縦走路に出る。11:23三本松三角点11:3011:52湯袋沢西尾根分岐12:01筑波高原キャンプ場12:50筑波山13:04御幸ヶ原13:15筑波男体山13:24自然研究路展望台13:37自然研究路分岐13:49坊主山13:5614:25坊主山西登山口14:35路傍休憩所の大石14:35筑波高原キャンプ場近くまで車で移動14:5115:15伐採地の最下部15:43林道に戻る15:49女の川15:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回の山行の目的
1.三本松を経由する筑波山周回ルート。
椎尾林道入口の少し下で、男の川を渡ると、ややはっきりした踏み跡がある。
この踏み跡を辿って、三本松を目指すことで、三本松を経由する筑波山の周回を目指した。

2.つくば高原キャンプ場手前に広がる伐採地の往復。
筑波高原キャンプ場に向かう林道から1.のル−トまでは伐採地を介して繋がっているように思えたので、確かめてみることにした。
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 携帯 時計 タオル カメラ

写真

1.三本松を経由する筑波山周回ルート
「この地図は、国土地理院の電子地形図を使用して作成したものである。」
2020年04月12日 14:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1.三本松を経由する筑波山周回ルート
「この地図は、国土地理院の電子地形図を使用して作成したものである。」
1
路傍休憩所の大石に駐車して出発。
2020年04月11日 10:32撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路傍休憩所の大石に駐車して出発。
鬼ヶ作林道入口の駐車場は満車状態。
2020年04月11日 10:39撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ作林道入口の駐車場は満車状態。
ニリンソウがあちこちに咲いている。
2020年04月11日 10:47撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウがあちこちに咲いている。
1
椎尾林道入口の少し下で
2020年04月11日 10:47撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椎尾林道入口の少し下で
沢を渡り、対岸の道に入る。
2020年04月11日 10:48撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡り、対岸の道に入る。
道ははっきりしている。ピンクのテ−プが道案内。
2020年04月11日 10:51撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道ははっきりしている。ピンクのテ−プが道案内。
伐採地に出る。この伐採地はキャンプ場近くの林道まで延びている。
2020年04月11日 10:56撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地に出る。この伐採地はキャンプ場近くの林道まで延びている。
ツクバキンモンソウと思われる。
2020年04月11日 10:56撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツクバキンモンソウと思われる。
1
小葉が3枚なので、ミツバツチグリと思われる。
2020年04月11日 10:57撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小葉が3枚なので、ミツバツチグリと思われる。
1
ヒトリシズカと思われる。
2020年04月11日 10:59撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカと思われる。
1
伐採地の先に、筑波山の頂上が見えた。
2020年04月11日 10:59撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地の先に、筑波山の頂上が見えた。
杉の植林帯に入る。尾根の末端部の沢を目指す。わかりにくいが、白やピンクのテ−プを探しながら慎重に進む。
2020年04月11日 11:02撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の植林帯に入る。尾根の末端部の沢を目指す。わかりにくいが、白やピンクのテ−プを探しながら慎重に進む。
尾根の末端は沢を渡った先にある。
2020年04月11日 11:05撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の末端は沢を渡った先にある。
尾根の末端にはっきりした踏み跡程度の道がある。別荘地まで延びている道だ。
沢沿いの道を1分ほど辿ると、尾根に向かって道が分岐する。バイクが、三本松からこの道を降りてきており、轍ができている。この轍を辿ることで、三本松までは迷わずに、登ることができる。
2020年04月11日 11:05撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の末端にはっきりした踏み跡程度の道がある。別荘地まで延びている道だ。
沢沿いの道を1分ほど辿ると、尾根に向かって道が分岐する。バイクが、三本松からこの道を降りてきており、轍ができている。この轍を辿ることで、三本松までは迷わずに、登ることができる。
2分ほどで、尾根の上に出る。
2020年04月11日 11:07撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2分ほどで、尾根の上に出る。
尾根上に轍の跡がある。
2020年04月11日 11:07撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上に轍の跡がある。
ヤマツツジの花。2本だけ咲いていた。
2020年04月11日 11:09撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジの花。2本だけ咲いていた。
樹間越しの筑波山。女体山から坊主山まで、頂上部が長い。
2020年04月11日 11:11撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間越しの筑波山。女体山から坊主山まで、頂上部が長い。
縦走路に出た。これは筑波山方面だが、黄色と黒の2色のテ−プが木の上下に2ヶ所巻かれているので、この道案内を見逃さないようにしたい。
筑波山方面に向かうとき、このテ−プに気付かずに、
2020年04月11日 11:20撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路に出た。これは筑波山方面だが、黄色と黒の2色のテ−プが木の上下に2ヶ所巻かれているので、この道案内を見逃さないようにしたい。
筑波山方面に向かうとき、このテ−プに気付かずに、
今辿った支尾根の方向(写真の方向)に引きずりこまれないように要注意の箇所だ。
2020年04月11日 11:36撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今辿った支尾根の方向(写真の方向)に引きずりこまれないように要注意の箇所だ。
三本松方面に向かう。
2020年04月11日 11:19撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本松方面に向かう。
三本松への分岐地点。左の踏み跡を辿ると、三本松の頂上部を巻いてしまうので、要注意。
手前の木に裏返しの道標があり、
2020年04月11日 11:23撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本松への分岐地点。左の踏み跡を辿ると、三本松の頂上部を巻いてしまうので、要注意。
手前の木に裏返しの道標があり、
反対側には、「キャンプ場↑」と書かれている。
2020年04月11日 11:23撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側には、「キャンプ場↑」と書かれている。
三本松の頂上に到着。
2020年04月11日 11:25撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本松の頂上に到着。
三等三角点三本松444mだ。
2020年04月11日 11:26撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点三本松444mだ。
1
頂上近くで見たマムシグサ。
2020年04月11日 11:31撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上近くで見たマムシグサ。
1
黄色と黒の2色のテ−プのある分岐。先ほど、縦走路に抜けた地点だ。
2020年04月11日 11:37撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色と黒の2色のテ−プのある分岐。先ほど、縦走路に抜けた地点だ。
黄色と黒の2色のテ−プは、他の木にも巻かれている。
2020年04月11日 11:37撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色と黒の2色のテ−プは、他の木にも巻かれている。
ヤマザクラの咲く向こうに、筑波山の頂上が見える。
2020年04月11日 11:43撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマザクラの咲く向こうに、筑波山の頂上が見える。
木に巻かれた黄色と黒の2色のテープは、もう1箇所の分岐にもある。あとわずか2分ほどで、関東ふれあいの道の案内板に出るところにある。
私は逆コ−で三本松方面に向かうとき、このテ−プを見逃し、枝尾根に入ってしまったことがあるので要注意だ。
2020年04月11日 11:51撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に巻かれた黄色と黒の2色のテープは、もう1箇所の分岐にもある。あとわずか2分ほどで、関東ふれあいの道の案内板に出るところにある。
私は逆コ−で三本松方面に向かうとき、このテ−プを見逃し、枝尾根に入ってしまったことがあるので要注意だ。
カタクリの花が目立つようになる。ここから頂上を経て、坊主山を下るまで、筑波山は全山カタクリの花に覆われていた。
2020年04月11日 11:53撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリの花が目立つようになる。ここから頂上を経て、坊主山を下るまで、筑波山は全山カタクリの花に覆われていた。
1
エンレイソウの花をアップで。
2020年04月11日 11:53撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エンレイソウの花をアップで。
1
関東ふれあいの道の案内板。
2020年04月11日 11:54撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関東ふれあいの道の案内板。
林道に出た。
2020年04月11日 11:56撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出た。
筑波高原キャンプ場は満車状態だ。
2020年04月11日 12:00撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波高原キャンプ場は満車状態だ。
筑波高原キャンプ場のサクラはまだ咲いていた。
2020年04月11日 12:03撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波高原キャンプ場のサクラはまだ咲いていた。
葉と花の色からナガバノスミレサイシンではないだろうか。
2020年04月11日 12:06撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉と花の色からナガバノスミレサイシンではないだろうか。
これもナガバノスミレサイシンと思われる。花はやや紫色がかっている。
2020年04月11日 12:42撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもナガバノスミレサイシンと思われる。花はやや紫色がかっている。
ハルトラノオと思われる。
2020年04月11日 12:24撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハルトラノオと思われる。
筑波山の頂上直下に着いた。
2020年04月11日 12:47撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山の頂上直下に着いた。
1
女体山に到着。筑波山(女体山)877m。
2020年04月11日 12:49撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女体山に到着。筑波山(女体山)877m。
1
一等三角点筑波山876m。
2020年04月11日 12:49撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点筑波山876m。
1
頂上からの展望。つつじヶ丘方面。
2020年04月11日 12:50撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの展望。つつじヶ丘方面。
1
頂上からの展望。加波山から三本松方面。
2020年04月11日 12:50撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの展望。加波山から三本松方面。
1
御幸ヶ原から男体山方面を望む。人出が少なくガラガラ状態。
2020年04月11日 13:04撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御幸ヶ原から男体山方面を望む。人出が少なくガラガラ状態。
1
エイザンスミレが咲いていた。
2020年04月11日 13:11撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイザンスミレが咲いていた。
男体山頂上871m。
2020年04月11日 13:17撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山頂上871m。
1
男体山を下り、展望台から。いつものファナックの工場。
2020年04月11日 13:26撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山を下り、展望台から。いつものファナックの工場。
大石重ねの分岐から坊主山に向かう。
2020年04月11日 13:38撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石重ねの分岐から坊主山に向かう。
坊主山の頂上に到着。
2020年04月11日 13:50撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主山の頂上に到着。
四等三角点羽鳥710m。
2020年04月11日 13:51撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四等三角点羽鳥710m。
坊主山にはミヤマシキミが群生している。雌雄異株で、こちらは雄花のようだ。
2020年04月11日 13:59撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主山にはミヤマシキミが群生している。雌雄異株で、こちらは雄花のようだ。
1
こちらは雌花のように思われるが、花のアップが下手で、自信がない。
2020年04月11日 14:04撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは雌花のように思われるが、花のアップが下手で、自信がない。
エイザンスミレが咲いていた。
2020年04月11日 14:14撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイザンスミレが咲いていた。
坊主山の西登山口方面に下る。
2020年04月11日 14:16撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主山の西登山口方面に下る。
青木の花にも挑戦。こちらは、実が残っているので、雌花に間違いないが、
2020年04月11日 14:20撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青木の花にも挑戦。こちらは、実が残っているので、雌花に間違いないが、
こちらは雄花と思われるが、自信がない。
2020年04月11日 14:24撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは雄花と思われるが、自信がない。
鬼ヶ作林道に到着。
2020年04月11日 14:27撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ作林道に到着。
林道から見た西登山口。わかりにくいが、はっきりした踏み跡がある。
2020年04月11日 14:28撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から見た西登山口。わかりにくいが、はっきりした踏み跡がある。
鬼ヶ作林道はヤマザクラが多い。ふもとから見ると、その多さが際立つ。
路傍休憩所の大石付近もヤマザクラが咲いていた。
2020年04月11日 14:36撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ作林道はヤマザクラが多い。ふもとから見ると、その多さが際立つ。
路傍休憩所の大石付近もヤマザクラが咲いていた。
駐車した付近に咲いていたモミジイチゴ。
この後、筑波高原キャンプ場の手前に車で移動。
2020年04月11日 14:37撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車した付近に咲いていたモミジイチゴ。
この後、筑波高原キャンプ場の手前に車で移動。
2.つくば高原キャンプ場手前に広がる伐採地の往復
「この地図は、国土地理院の電子地形図を使用して作成したものである。」
2020年04月23日 18:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2.つくば高原キャンプ場手前に広がる伐採地の往復
「この地図は、国土地理院の電子地形図を使用して作成したものである。」
裏筑波伐採地の概念図
伐採地は3ヶ所ある。今回は左岸側伐採地(女の川左岸尾根コ−ス)を下降し、右岸側伐採地(女の川右岸尾根コ−ス)を登った。
「この地図は、国土地理院の電子地形図を使用して作成したものである。」
2020年06月24日 19:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏筑波伐採地の概念図
伐採地は3ヶ所ある。今回は左岸側伐採地(女の川左岸尾根コ−ス)を下降し、右岸側伐採地(女の川右岸尾根コ−ス)を登った。
「この地図は、国土地理院の電子地形図を使用して作成したものである。」
筑波高原キャンプ場に向かうとき、左に伐採地が広がり、展望が開ける。ここから、伐採地の最下部まで往復した。
車は、女の川の少し手前、林道の最高所の地点に停めた。車1台が停められるスぺ−スがある。
2020年04月11日 14:53撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波高原キャンプ場に向かうとき、左に伐採地が広がり、展望が開ける。ここから、伐採地の最下部まで往復した。
車は、女の川の少し手前、林道の最高所の地点に停めた。車1台が停められるスぺ−スがある。
駐車地点からの展望。
奥の左から燕山、加波山、そして丸山。
手前奥は権現山
手前の尾根は、先ほど辿った三本松の頂上と手前の450m峰と思われる。
2020年04月11日 14:52撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地点からの展望。
奥の左から燕山、加波山、そして丸山。
手前奥は権現山
手前の尾根は、先ほど辿った三本松の頂上と手前の450m峰と思われる。
伐採地を下る。
正面は竜が井城跡と、桃山学園方面。
2020年04月11日 14:53撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地を下る。
正面は竜が井城跡と、桃山学園方面。
伐採地の道は細く、一面にとげのある茨の木が生えている。気を使いながらの下りで、快適とは言えない下りだ。
2020年04月11日 14:54撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地の道は細く、一面にとげのある茨の木が生えている。気を使いながらの下りで、快適とは言えない下りだ。
花は濃い紅紫色で、弁の基部近くが白いので花全体では中心部が白く抜けたように見えるので、ニオイタチツボスミレと思われる。
2020年04月11日 14:56撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花は濃い紅紫色で、弁の基部近くが白いので花全体では中心部が白く抜けたように見えるので、ニオイタチツボスミレと思われる。
2
歩きにくい茨の道が続く。
2020年04月11日 14:58撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きにくい茨の道が続く。
遮るもののない展望が続く。
2020年04月11日 15:03撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遮るもののない展望が続く。
伐採地の最下端部近くから見た筑波山の頂上部。
2020年04月11日 15:08撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地の最下端部近くから見た筑波山の頂上部。
つい4時間ほど前に通った時に見かけた白いテ−プ。杉の植林帯への入口に下がっている。
2020年04月11日 15:14撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つい4時間ほど前に通った時に見かけた白いテ−プ。杉の植林帯への入口に下がっている。
杉の植林帯を登る。杉の葉や枝で厚く覆われていてわかりにくいが、道の部分がややへこんでいるのが頼りだ。
2020年04月11日 15:24撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の植林帯を登る。杉の葉や枝で厚く覆われていてわかりにくいが、道の部分がややへこんでいるのが頼りだ。
正面の植林帯を抜けて、女の川の右岸の伐採地に出た。
2020年04月11日 15:29撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の植林帯を抜けて、女の川の右岸の伐採地に出た。
4月4日に下った伐採地だ。
2020年04月11日 15:32撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4月4日に下った伐採地だ。
こちらは道の幅が広く、快適な登り。行く手に筑波山の頂上が見える。
2020年04月11日 15:32撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは道の幅が広く、快適な登り。行く手に筑波山の頂上が見える。
刈り残された植林帯を回り込む。
2020年04月11日 15:36撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈り残された植林帯を回り込む。
筑波山から男体山にかけての頂上部が見える。
2020年04月11日 15:37撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山から男体山にかけての頂上部が見える。
振り返るとこんな感じ。
2020年04月11日 15:39撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ。
もうすぐ林道。先ほど駐車した車が見えてきた。
2020年04月11日 15:41撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ林道。先ほど駐車した車が見えてきた。
振り返ると、真壁の街並みが広がる。
2020年04月11日 15:43撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、真壁の街並みが広がる。
その右側の眺望。
2020年04月11日 15:43撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その右側の眺望。
さらにその右。
加波山の手前のピ−クは三本松手前の450m峰と思われる。
2020年04月11日 15:43撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにその右。
加波山の手前のピ−クは三本松手前の450m峰と思われる。
林道の手前。伐採地の上部からの展望を楽しむにはここもお勧め。林道まであと1分ほどの地点だ。
2020年04月11日 15:44撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の手前。伐採地の上部からの展望を楽しむにはここもお勧め。林道まであと1分ほどの地点だ。
林を抜けて林道に出る。
2020年04月11日 15:45撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林を抜けて林道に出る。
林道を辿る。女の川を通過。
2020年04月11日 15:51撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を辿る。女の川を通過。
駐車地に帰着。改めて三本松方面をズ−ム。丸山の風車の手前のピ−クが三本松で間違いなさそうだ。
2020年04月11日 15:55撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地に帰着。改めて三本松方面をズ−ム。丸山の風車の手前のピ−クが三本松で間違いなさそうだ。
撮影機材:

感想/記録

1.三本松を経由する筑波山周回のルート。
椎尾林道入口から三本松までが、一本の道でつながっていることが分かった。三本松に達するル−トは今までは
[汽井城跡からの長いル−ト。
関東ふれあいの道の裏筑波登山口から、尾根経由で。
C淒塙盡競ャンプ場から。
の3コ−スだったので、4番目のコ−スとして
つ波林道入口付近から。
を加えてもよいと思われる。
なお、い離魁櫂垢亙盟饕呂らも登ってこられる。(4月4日の記録参照)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2287001.html

2.筑波高原キャンプ場手前に広がる伐採地の往復。
伐採地は女の川を隔てて左岸側と右岸側の2つにわけることができる。

今回は新たに左岸側を下ったが、最下部も予想通り、1.のい離魁櫂垢鳩劼っていた。ただし、左岸側は、道に広がる茨の木に邪魔されてあまりお勧めできないルートである。
一方、右岸側は前出の4月4日に下っているが、道が広く展望も含めて素晴らしいル−トであることを今回も再認識した。

伐採地はいずれは植林される運命にあるのだろう。期間限定で展望付きのハイキングをあなたも体験されてはいかがだろうか。

(注)花の名前はネット仕込みなので、間違いにお気付きの方はご教示いただけたら幸いです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:445人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ