また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

ヒトリシズカ(ひとりしずか)

最終更新:2016-10-01 21:55 - gutenmrgen
基本情報
センリョウ科の多年草の一種

花穂は1本で、ブラシ状の小さな白い花をつけ、普通群生する。
近縁種のフタリシズカが花穂を2本以上出すのと対比させて、ヒトリシズカと名付けられた。

関連する写真リスト

ヒトリシズカ
ヒトリシズカ
ヒトリシズカ
ヒトリシズカ
ヒトリシズカ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ヒトリシズカ (一人静、学名: ) は、センリョウ科チャラン属に属する多年草の1種である。茎の先端付近に4枚の葉が輪生状につき、中央から白いブラシ状の花序が1本伸びる。花は花被を欠き、3本の雄しべが白く目立つ。日本を含む東アジア北部に分布する。
古くは「吉野静」とよばれ、『和漢三才図会』(1712年) に「静とは源義経の寵妾にして吉野山に於て歌舞のことあり。好事者、其美を比して以って之に名づく」とその由来が記されている。「一人静」の名は、近縁種のフタリシズカがふつう花序を2本もつことと対比させている。長らく の学名が充てられていたが、2014年に とされた。

山の植物の用語

アオノツガザクラ アキノキリンソウ アケビ アズマイチゲ アセビ イカリソウ イタヤカエデ イナトウヒレン イヌシデ イロハモミジ イワインチン イワウチワ イワカガミ イワツメグサ イワベンケイ ウサギギク ウスユキソウ ウメバチソウ ウルップソウ オカトラノオ 翁草 オサバグサ オンタデ カシワバハグマ カタクリ カッコソウ カツラ カラマツ カラマツソウ キオン キタダケソウ キツリフネ キバナシャクナゲ キンラン ギンラン ギンリョウソウ クガイソウ クモマグサ クリ クリンソウ クロベ クロヤツシロラン クロユリ クワガタソウ ケヤキ ゲンノショウコ コウヤボウキ コウリンカ コオニユリ コケモモ コバノコゴメグサ コマクサ ゴゼンタチバナ ササバギンラン ササユリ サザンカ サラサドウダン サワグルミ サワラ 座禅草 シオジ シナノキ シナノキンバイ シャクナゲ シュロソウ 白樺 シラタマノキ シラネアオイ シラビソ シロバナヘビイチゴ ジュウニヒトエ スギ ズダヤクシュ 節分草 センノキ 千振 ソバナ タカネナデシコ タニウツギ タマガワホトトギス タマゴタケ タラノキ ダケカンバ チゴユリ チチブコウ チングルマ ツガザクラ ツクモグサ ツバキ ツユクサ ツリガネニンジン ツリフネソウ ツルリンドウ トウヤクリンドウ トチノキ トモエソウ トリカブト ナデシコ ナナカマド ニガナ ニョホウチドリ ネコノメソウ ハイマツ ハクサンイチゲ ハクサンチドリ ハクサンフウロ ハシリドコロ ハナイカリ ハナネコノメ バイカオウレン バイケイソウ ヒトツバカエデ ヒトリシズカ ヒノキ ふきのとう フクジュソウ フシグロセンノウ フジアザミ フタリシズカ ブナ ホオノキ ホタルブクロ マイヅルソウ マツムシソウ マムシグサ マルバダケブキ ミズナラ ミツガシワ ミツバツツジ ミツマタ(三椏) ミネズオウ ミヤマキリシマ ミヤマキンポウゲ ミヤマシャジン ミヤマダイコンソウ ミヤマバイケイソウ ミヤマママコナ モミ モミジ ヤツタカネアザミ ヤドリギ ヤナギラン ヤマザクラ ヤマジノホトトギス ヤマトリカブト ヤマブキ ヤマブキソウ ヤマホトトギス ヤマユリ ヤマルリソウ ヨゴレネコノメソウ ヨツバシオガマ リンドウ レンゲショウマ

「ヒトリシズカ」 に関連する記録(最新3件)

中国
  24    1 
2022年05月22日(日帰り)
金剛山・岩湧山
  7    6 
2022年05月22日(日帰り)
支笏・洞爺
  38   11 
2022年05月22日(日帰り)
ページの先頭へ